へのカッパさんの映画レビュー・感想・評価

へのカッパ

へのカッパ

映画(505)
ドラマ(0)
アニメ(0)

キリング・オブ・ケネス・チェンバレン(2020年製作の映画)

4.0

100パー問題あるのは警官の方だけど精神疾患って難しいね
現実の事件らしいし元中学校教師のキャラは脚色じゃないことを祈りたい でないと本当に救いようない

怪物(2023年製作の映画)

5.0

序盤で胸糞ものかと思いきや進むにつれて可愛くて切なくて悲しくて感情が追いつかん
是枝監督 子役の撮り方本当に上手いね ありがとうございました

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

5.0

若い登場人物に次の時代を託そうとしたり、生きろと説くシーンにベタながら泣いた
ゴジラが圧倒的に怖い!これほんとに日本産?w

ヴィジット(2015年製作の映画)

1.0

せめて超常現象か何かの類いであって欲しかった
本当に男の子のラップで締めるのもなあ~~~~ホラーの雰囲気ぶち壊してる気がする笑

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

こんな可愛い映画ある?????
テオの性格や言動が素敵すぎて子ども時代にこんな友達いたらかなり貴重だよ、、主演の子の中性的な顔面と素から滲みでてそうな女子っぽい挙動も可愛かった
可愛いが溢れてる

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.0

すんごい綺麗に纏まっててビックリした
2~5作目をストーリーに比重を置いた内容にしてれば名作シリーズになれたポテンシャルは充分にあったんじゃないかな、めちゃくちゃ勿体ない
アクションもシリーズの中で1
>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

2.0

原因不明だったり同じような場面が続くばかりで中だるみが激しい点でなんか同じような題材の映画前に見たな、、ってなったけどこれほぼ「鳥」だね
これとあれの評価に差があるのが腑に落ちないんだけど、どっちも同
>>続きを読む

エンドロールのつづき(2021年製作の映画)

3.0

進むにつれて展開に無理やり感を否めなくなってオチは想像通りだった
あのくらいの子どもが映画というか光っていう映画の投影手段に魅力を感じるってなかなか大人顔負けの理系脳で恐れ入った

ジュリアン(2017年製作の映画)

3.0

ホラー映画並みの緊張感でラストはドキドキしっ放しだった
幽霊よりDV夫の方が普通に怖い
子役と奥さんの泣きながら助けを待つしかない演技も上手くて可哀想でしかなかったし

とっくんでカンペキ(2012年製作の映画)

3.0

可愛い
この年頃の子ってディープキスにオエッて反応しそうなものだけどw

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.0

前半のミステリー部分までは面白かった
鈴の音が近づいてくる演出、かなり性格悪いw

アルプスの若大将(1966年製作の映画)

3.0

「風呂敷使ってるの日本人くらい」で「風呂敷!!??www いや時代~~~~👆🏻wwwwww」ってなった
田中邦衛、出るシーン全てにオチつけてんじゃないかってくらいギャグ要員

アミューズメント・パーク(1973年製作の映画)

2.0

見せ方も古くて大袈裟な感じが否めない
自分が6歳の時にディズニーランドに行って、身長制限で殆どの乗り物に乗れず本当に「外には何も無い」状態になったのを思い出した

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

5.0

友情に泣ける
エリックがデクスターより見た目大人びてるけどやることなすことまだ子どもっぽくて、そんな2人の関係が可愛いし素敵だし靴のオチは憎い、、!

アフター・ヤン(2021年製作の映画)

2.0

スローテンポでストーリーに起伏もなく退屈
OPのダンスは可愛くて印象に残った

サイレント・ナイト(2021年製作の映画)

3.0

沈みゆくタイタニックの中を観てるようなそんな映画
切なくてどこか幻想的で終盤は好きだったけど目を見開くカットはどうにも安っぽくて要らんかった

ノック 終末の訪問者(2023年製作の映画)

3.0

ロンもハリーも髭生やして汚れ役というかアウトローな役柄やりがち

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

3.0

四速走行し出したあたりであちゃ~ってなっちゃったけど前半は本当に面白かった

スマイル(2022年製作の映画)

2.0

笑顔で自〇するって絵面の強烈さだけに、一回目はインパクトあったけど何度も見せられるうちに慣れる

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.0

こんな性感染症は嫌だ的な
嫌じゃない性感染症なんてないけれど

愛、アムール(2012年製作の映画)

2.0

愛がどうのっていうより介護疲れでやっちゃったようにしか見えなかったし、そうじゃなくても後味悪いしテンポ悪いしBGMないしカメラ遠いしちゃんとフランス映画だった

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.0

ガーディが協力的だったのが救いだった
テーマの割に終わり方がかなりあっさりしてる

レオン(1994年製作の映画)

4.0

エドワード・ファーロング(美少女)版ターミネーター2

雨月物語(1953年製作の映画)

3.0

戦が人を変えたって言うより主人公が元からドクズ
撮影手法が凄いって前評判で気になって観たけどあくまでこの時代にしてはって範疇で今見てどう思うかは、、ね、、笑

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

2.0

前フリが全く頭に入ってこないしとにかく長いからラストの繋がった!って感慨がミリもない

落下の王国(2006年製作の映画)

3.0

とにかく映像美が凄い 4Kの大画面で観たいかも。4Kのソフトが発売されてるか知らんけど
映像5、ストーリー2。

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.0

お堅くて理屈っぽい会話のやりとりに既視感あると思ったらキャストもまんま斎藤工と山本耕史を連呼するCMのやつじゃんって気づいた
ただそれだけ

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.0

ファンタジー色つよつよで好みじゃなかった
社交性カンスト男の葬式の規模がデカすぎて自分の葬式じゃこうはならんなって勝手に落ち込んだ

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.0

ヒゲ脱毛が控えてるからタトゥー除去シーンが印象に残った

スーパー!(2010年製作の映画)

3.0

ノリはめちゃ軽いのに主人公側の暴力描写がエグくて風邪引きそうになった

サウルの息子(2015年製作の映画)

2.0

背景とか端折りすぎててよく分からなかった
子供が〇されるシーンをただ傍観してるだけだったから最初あれが息子だって思えなかったし最後の子どものくだりは何?

ラスト、コーション(2007年製作の映画)

2.0

こういう題材なら山場作りまくりだろうに嘘みたいに何も起きなくて全く刺さらなかった
正直ベッドシーンが水を差してる

>|