ジョーさんの映画レビュー・感想・評価

ジョー

ジョー

犬部!(2021年製作の映画)

3.7

「全ての命を助ける」という大きな願い


もしかしたら叶えることは不可能なくらい大きな夢も、
一歩ずつそこに向かっていけばいつかたどり着けるかもしれない
そう思わせてくれる優しいお話。
理想だけでは現
>>続きを読む

唐人街探偵 東京 MISSION(2020年製作の映画)

3.8

エンタメの原点


見ているだけで楽しい、そんな映画が少なくなってきてしまった気がする。
ダイナミックなカメラワーク、起承転結の分かりやすいストーリー、個性的で魅力あふれるキャラクター、子供が真似した
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.5

人を突き動かすのは負の感情?


インターネット上の声の中でも批判的なコメントをあまりにも多く取り上げているシーンが何回か出てきたのが気になってしまった。その直後に少数の肯定的な発言を入れ込んで
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

4.3

ほぼ非の打ち所がないエンタメ


冒頭のカーアクションシーンで一気に心を掴まれ、間にドラマを楽しみ、終盤にド派手な見せ場。ダレることのない130分。ずっと楽しかった。

そんなほぼ完璧な中でも若干弱い
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

4.1

何もなくても楽しかったあの夏へ

試写会にて。
子供の頃は友達が一人いれば、何か物が無くても一日中遊んでいられた。
同じ話をして、同じ遊びをして、同じ友達とずっといても飽きなかった。
何でも新鮮に感
>>続きを読む

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

3.6

その時一番必要だったもの


1969年の音楽史はウッドストックだけじゃない。50年以上も人々の心の中だけにあったハーレム・カルチュラル・フェスティバル。偉大な黒人アーティストが集まり、誇り高く歌い上
>>続きを読む

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

3.7

良作を良作のままに・・・

STUDIO4℃は個人的にufotableと並ぶ、作画で魅せる良アニメーションスタジオだと思う。
見る人を惹きつける“間”を上手く使い、飽きさせないどころか次の展開をどう表
>>続きを読む

リスタート(2020年製作の映画)

1.5

食い物にされた下川町の大自然

品川ヒロシは本当に東京が好きなんだなと思う。
それは北海道の田舎町へのとんでもないリスペクトの低さからビシビシ感じる。
ここはなんにもない田舎だけどさ、星がきれい、自然
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.3

衣服は自信に 自身を高みへ


試写会にて。
大事な事がある時、一番近くにあった服に手を伸ばすだろうか。身に纏うものは自分そのものになり、やり遂げる力をくれる。クルエラという悪女を演じるときに、衣装は
>>続きを読む

プロジェクトV(2020年製作の映画)

3.3

まだまだ魅せるぞ!還暦スター

何十年も前のキレッキレの動きを連発するわけでは無いが、67歳とは思えない身のこなしは流石。
水上でのシーンはキャスト・撮影制作陣も含め全員が相当な熱量で挑んだ事が伺える
>>続きを読む

リカ ~自称28歳の純愛モンスター~(2021年製作の映画)

1.5

よく最後までつくった。えらい。

関わっている人の1000割が駄作になる事を分かった上でよく完成まで漕ぎつけた。頑張ったぞ、みんな。おつかれ。

キャラクター(2021年製作の映画)

3.8

憧れと拘り


生み出した作品がファンによって曲解され、犯罪に使われた場合、作品に罪はあるだろうか?本来無いはずだが、作者に罪の意識は植え付けられるだろう。
芸術を汚されたと被害を訴えることは出来るが
>>続きを読む

Arc アーク(2021年製作の映画)

4.3

性の次は死か


あえてディストピア調ではなく描いたと言う本作のカラーは異様だった。
死は訪れる必要のないものとなり、生き続けたい歳を選んで生を止めることができる。それが浸透していく過程を飛ばし、受け
>>続きを読む

ハチとパルマの物語(2020年製作の映画)

3.6

忠犬の本当の飼い主は


日本では誰もが知る「忠犬ハチ公」。教授とハチは1年ほどしか一緒に居なかったが、その短い間に一生分の愛情を注ぎ、それに一生をかけてこたえた感動の物語だ。同じような出来事がロシア
>>続きを読む

モータルコンバット(2021年製作の映画)

3.8

VFX・アクション映画はここまで来た!


ストーリーはそこまで深読みするような展開はないものの、110分アクションだけで観れる。

グロはカジュアルに表現されてるのでフェイタリティに過度な期待は禁物
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.2

ヤクザはエンタメになった


昭和が終わり、合法的なビジネスに転換していく平成初期のヤクザを描く。
仁義は無くなり、都合の悪い者から順に消されていく。

前作では警察とヤクザの力関係や内部
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.1

狂気とは堀貴秀のためにある!


そもそもストップモーションは取り憑かれていないと出来ない手法だ。それを一人で100分制作するのは狂気としか言いようがない。
シーン一つ一つがため息が出るほど繊細で美し
>>続きを読む

いのちの停車場(2021年製作の映画)

4.0

東映がみせる命の美しさ


忙しない救急医療の現場で長年働いてきた医師がある事をきっかけに在宅医療の場へ。その拠点となる小さな診療所はまるで家族が集まるようなあたたかい場所だった。

まるで、なんて言
>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.4

言葉と絵の持つ力


葛飾北斎が北斎になるまでを4部構成でゆっくりと描いた作品。
誰かの一言で急に人生が変わったり、どんなに苦境に立たされても変わらない信念があったり、それが人生だよなと。生き様で、絵
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.0

可もなく不可もなし

バカリズムっぽくて、王道ヤンキー漫画っぽい映画。
そこそこクスッと笑えるし、まあまあ役者豪華だし、意外と見れるアクションとVFX。あとなんかあるかな・・・えっと・・・松本孝弘の曲
>>続きを読む

大綱引の恋(2020年製作の映画)

2.7

良く言えば綺麗。悪く言えばベタをやりすぎ


典型的な町おこし映画に思えてしまった。
広く知られてものは知られざる一面や裏方を見せ、
あまり知られていないものは知識がなくても魅力的な映像や物語で惹きけ
>>続きを読む

生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事(2021年製作の映画)

3.6

沖縄県民のために生きた ひとりの兵庫県民の話


「地位や財産の有無ではなく、後から拝まれる人。すなわち死後、慕われる人である」とは西郷隆盛の言葉だ。島田叡は彼を人生の師と仰ぎ尊敬していたという。その
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.7

さようなら、全てのエヴァンゲリオン


見てよかった。スッキリした。
小さい頃から見てきたシリーズの完結を劇場で見れた事が良かった。
惰性で見にきたけど満足。今までエヴァを追っかけてきた人は是非惰性で
>>続きを読む

僕が跳びはねる理由(2020年製作の映画)

3.7

メカニズムと感覚

自閉症でない私達が美しいと感じる映像の連続で描かれるドキュメンタリー映画。こんな事を言ったら当事者の人たちには喜ばれないかもしれないが、映像美だけでも見る価値があるくらい映像にこだ
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

3.5

取り憑かれた男たち

熱量と才能は比例しない。努力に結果も伴うとは限らない。
勝敗ははっきりしているが、そのどちらに属するかはやってみるまで曖昧だ。
この世界に魅入られてしまった人の周りの人間が大変だ
>>続きを読む

REDLINE(2010年製作の映画)

4.6

捨てカット無し オールシーンクライマックス


文字で長々と感想を語るのは野暮。pc画面でなら別に見なくても結構。日本一の料理人が魂込めて作った料理をテイクアウトしちゃあもったいない。
1コマ1コマ所
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.5

拝啓、覚えてないあなたへ。覚えていますか?

ボケかけている老人とその娘や家族のお話。
何回も同じことを説明しても毎回別の箇所の記憶が抜けて意味不明なストーリーが頭の中に出来上がるのが恐怖で仕方なかっ
>>続きを読む

クラッシュ 4K無修正版(1996年製作の映画)

3.2

君は何フェチ?僕らは交通事故フェチ!



エロとグロが同時に表現されることが多いことからも、スリルの興奮と性的興奮が一緒だと解釈する人が居てもおかしくはないなと妙に納得。
共感はできないが、大いに理
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.2

じぶんのみはじぶんでまもりましょう


PG12の教育ビデオ。
マイケルダグラスの追撃者の車版かなと思って見たら、あそこまでの緊迫感は無かった。いつ仕込んだのよとか何でそこにあるのよといったツッコミ所
>>続きを読む

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班(2021年製作の映画)

1.5

妥協に妥協を重ねたか、何処かで連携が取れてなかったんだろうなと思ってしまうレベルの作品


最初に気づいたのは金属がぶつかる音が映像とズレていた所。あれ、今なんかタイミング遅かったな、まあいいか。
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

2.9

当事者になれるかどうか


開始直後からゴリゴリの内輪ネタでの長回し、正直きつかった。早くカットがかかれと願いながら演じ続けている役者の心の声が聞こえてきそうで辛い。

まだこのメンツに馴染めてないう
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

3.9

長い走馬灯


自分が正気を保てなくなったら、どんな幻覚を見るようになるだろう。何に怯えて生きてきただろうか、そんな事を考えてしまう。

アル・カポネは"家族"すら信用せず、大切な事はいつも自分の頭の
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.0

サイバーパンクとはブレードランナーのこと


IMAXで再鑑賞。
どれだけ映像に拘って作られたかがしっかりと伝わってきた。DVDで見て知っているというのと劇場で体感したのには自分の中では大きな差がある
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.0

目にも止まらぬアクションの連続!追うのが面倒!

1秒間に4回ほど目まぐるしく割られるカットの応酬について行くのをやめた。激しすぎる。たまに目を閉じて休んでしまった。

モンスターハンターというIPを
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.7

思い出補正無しでも最高


まさかのハロプロ1mmも知らない奴が鑑賞。理由は監督、今泉力哉。

哀愁と笑いのバランスが抜群。実話に基づくストーリーでどこまで遊べるかを実験していたように思う。
ただ男同
>>続きを読む

ヒッチャー ニューマスター版(1986年製作の映画)

4.3

エンタメは爆発だ!!


今見ても色褪せない大迫力の映像。背徳感と爽快感で溢れてる。大スクリーンで上映される映画ならではの作品。これぞ非日常。

計画的な殺人犯は事が済んだ後、至って冷静な場合が多いと
>>続きを読む

>|