ひでみさんの映画レビュー・感想・評価

ひでみ

ひでみ

映画(852)
ドラマ(1)
アニメ(0)

オットーという男(2022年製作の映画)

4.0

トム・ハンクス主演。ちょっと頑固だけど大きいハートのおじさん。近くに越してきた家族が良い感じで関わってくる話。面白かったです。

スモールワールド(2021年製作の映画)

3.9

小児誘拐された少女を14年に渡り追うポーランドの刑事。人身売買でロシアから最後はタイに。目を背けたくなるシーン多かったけどまあまあ面白かったです。

夜、鳥たちが啼く(2022年製作の映画)

3.9

若い小説家とシングルマザーが絡む話。全体的に暗いイメージだが後半若干希望があったのが良かったかな。

窓辺にて(2022年製作の映画)

4.0

稲垣吾郎主演。そのまんま稲垣吾郎でした。小説家が題材になっているのがちょっと面白かった。

フェイブルマンズ(2022年製作の映画)

3.9

スピルバーグ監督の自伝的な映画。最後にデビット・リンチ。見どころ結構あって面白かったです。

犬王(2021年製作の映画)

4.0

日本の長編アニメーション。犬王役の女王蜂アヴちゃんの歌が良かった。ROCKしてました。

パラレル・マザーズ(2021年製作の映画)

3.9

病院での赤ちゃん取り違えを軸にスペインの歴史や家族について描かれていた。まあまあ面白かった。

ブラックアダム(2022年製作の映画)

3.9

善でも悪でもないヒーローもの。まあまあでした。

あのこと(2021年製作の映画)

4.0

中絶が違法となる1960年代のフランスでの女子大生の話。女子寮での友人とのシーンやシャワーシーン印象に残った。

木村家の人びと(1988年製作の映画)

3.9

守銭奴小銭はじめが主演のコメディ。面白かった。鹿賀丈史と桃井かおりの夜のシーンも良かった。

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.9

設定が現実離れし過ぎていてのれなかったが、北欧の雰囲気は良かった。

SHE SAID/シー・セッド その名を暴け(2022年製作の映画)

3.9

ニューヨーク・タイムズの女性記者二人によるハラスメント告発のための取材を描いた実話ベースの映画。面白かったです。

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)

3.9

小野田少尉に関する実話。帰国時のことは記憶にあるが、現地で一人になるまでの経緯や帰国に至る経緯など詳しくは知らなかったので興味深かった。

野球部に花束を(2022年製作の映画)

3.9

高校の普通の野球部活動を題材にした青春映画。高校部活ならではの学年による序列とかが描かれていて、かろうじて県予選で2回戦までいける感じの普通の野球部の話。電気グルーヴの主題曲が良かった。

ガンズ・アンド・キラーズ(2023年製作の映画)

4.0

メインキャストのライアンキエラアームストロング(12)が良かった。ニコラス・ケイジ主演の西部劇。

グッドバイ、バッドマガジンズ(2022年製作の映画)

3.8

コンビニからエロ本がなくなったあたりの時期の話。成人男性向け雑誌の出版編集部が舞台。仕事絡みのシーン多めで興味深かった。

ミセス・ハリス、パリへ行く(2022年製作の映画)

4.0

1950年のロンドンとパリ。ロンドンの家政婦がクリスチャンデイオールのオートクチュールを買いに行くという設定でなかなか面白かった。

別れる決心(2022年製作の映画)

3.9

韓国の刑事と中国出身の容疑者との恋愛。ミステリー要素もあり話が分かりにくい部分があったが面白かった。

チアーズ!(2000年製作の映画)

4.0

キルスティン・ダンスト主演の高校チアリーディング部を描いた青春映画。ダンスシーン盛りだくさんで、ノリもよく面白かった。

天間荘の三姉妹(2022年製作の映画)

3.8

好きな役者が多めに出ていたので良かった。ちょっと長かったけど。

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

ジョニーデップとレオナルドディカプリオが兄弟役。家族の物語。ディカプリオの演技良かった。

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

4.0

ミステリ部分はいまひとつ。容疑者となった女性の生い立ちと恋、湿地での生活がメインに描かれていた。ベストセラーとなった小説が原作。

あちらにいる鬼(2022年製作の映画)

3.9

瀬戸内寂聴が出家することになった不倫の話。寺島しのぶと豊川悦司が主演。まあまあでした。

土を喰らう十二ヵ月(2022年製作の映画)

4.0

沢田研二主演。信州での自給自足生活。手作りの精進料理がやたら美味しそうだった。良い映画でした。

グッバイ・クルエル・ワールド(2022年製作の映画)

3.8

日本のノワール映画。役者は揃っている感じ。ちょっと尺長い。最後のショットどこだったんだろう。まあまあでした。

がんばっていきまっしょい(1998年製作の映画)

4.0

1970年代の高校生の部活(女子ボート部)を描いた青春映画。松山が舞台。良かった。松山行きたいなー。

インフル病みのペトロフ家(2021年製作の映画)

4.0

ロシア映画。高熱により朦朧として現実と妄想が混乱する状態が映像化された感じ。一貫したストーリーはなく意味が分からないシーンもあったが面白かった。

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

4.0

エイリアンのパロディ?ある意味SF。で、かなり変態的。挑発ダンス良かったです。

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

4.0

煙草、酒、ドクターマーチン、ピーズ。内容は重め。まあまあでした。

トゥモロー・モーニング(2022年製作の映画)

3.9

ロンドンで結婚10年の夫婦が離婚する前夜と結婚前夜のシーンが行き来するミュージカル。まあまあでした。

MEN 同じ顔の男たち(2022年製作の映画)

3.9

イギリスのホラー。同じ顔ってそういう意味か。ラストの呆れた感じが良かった。

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

3.9

長屋的な富山のアパートでの生活。ちょっと訳ありな人々のファンタジー。松山ケンイチ、ムロツヨシ、満島ひかり。薬師丸ひろ子も。面白かった。

>|