ひらのみやこさんの映画レビュー・感想・評価

ひらのみやこ

ひらのみやこ

映画(776)
ドラマ(0)

マタンゴ(1963年製作の映画)

-

マタンゴという怪物が襲ってくる怪物映画だと思って見てたら、想像以上にサバイバル映画だった
見る前に怪物を期待しすぎてしまったので物足りなさがあるけど、これはこれで人間模様の上手く描かれた良い映画だなー
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

-

見たことないと思ってたけど見たことあった。
でもかなり忘れてたので改めて見た
年末年始の奇跡みたいなのはよく映画の題材で見かけるけど、これもすごく良かったな
風が吹くとことか感動しちゃった

帰って来たヨッパライ(1968年製作の映画)

-

楽しいGS映画のつもりで軽い気持ちで見たらむちゃくちゃ社会派で面食らった。
かつてフォーククルセダーズを見たくて映画館に来たヤングたちも、同じような気持ちになったのだろうか?
大島渚監督作はじめて見た
>>続きを読む

夢みるように眠りたい(1986年製作の映画)

5.0

久しぶりにミュージカル以外の映画でうおーーってなったな!意味なく泣きそうになった
佐野史郎がこんなにもいい俳優だったなんて初めて知った。

音は鳴ってるのに喋り声だけ文字で出す感じとか、ざらつきとか、
>>続きを読む

青空娘(1957年製作の映画)

-

増村保造監督の映画ってジャケが良すぎるよな〜
いい先生だ…

ロジャー・ラビット(1988年製作の映画)

4.0

アニメと実写が融合してるそれだけでむちゃくちゃ好き
カースタントのところがやばい
ディズニーランド行きたくなる
会社を超えたアニメオールスターズ

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

-

想像通り、すごい面白かった
すごい面白かったのだが、私はハラハラするのが異様に苦手なのでハラハラするシーンが多くてそこがすごい苦手だった
あまりにも出来すぎていて勉強になるなぁと思って見ていた
戻ると
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

-

オチが読めたのは、今まで見た何かがこの映画の影響をうけて作られてるからなのかな。
博物館のシーンが好き

610さんからの薦めで見た

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

-

最近簡単なアニメーション作るようになったんだけどレベルが(ジャンルも)違いすぎて何にも参考にならないな〜
アニメだけどカメラを使い分けてすごい動いてる感じがしたわ

踊るアメリカ艦隊(1936年製作の映画)

-

主演女優のエノリアパウエル、くるくる表情を変えながらもむちゃくちゃに楽しそうにタップダンスを踊るのが最高だなぁ
easy to love 好き
最後の舞台のシーンの人の多さよ、流石ミュージカル全盛期っ
>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

4.5

すごい
‪あんまり期待せずに見たらとてつもなく綺麗に変態のことを映した映画だったなぁ。‬
変態の話をこんなにもカラッと嫌味なく?撮ってる映画なかなか見ない。
異国情緒漂ってて、ありえないけど、ありえる
>>続きを読む

東京←→パリ 青春の条件(1970年製作の映画)

-

オープニングで
ノートルダム寺院 凱旋門 橋幸夫 エッフェル塔
って字幕が出てきたのがウケた。

全体的にシェルブールの雨傘みたいな雰囲気の曲がずっと流れてる。
半分フランスロケだし意識してそう。
>>続きを読む

若い人(1962年製作の映画)

-

吉永小百合、かわいいのにスゴいめんどくさいうわーーーーーってなる子を演じるのが本当に上手だった。
しかしただ面倒くさいのではなくってちゃんと理由があってめんどくさくて見ててしんどいですね…いい脚本とい
>>続きを読む

花は贈らないで!(1964年製作の映画)

-

いいコメディだなぁすごく笑った、机撫でるのとか最高
オープニングがザ・1964年!って感じでカラフルポップで天才だった 
服も可愛いね
すてきな夫婦愛だ

でんきくらげ(1970年製作の映画)

-

かっこいい〜ってずっと言ってた
渥美マリ最高だな

日本一の断絶男(1969年製作の映画)

5.0

1969年の映画!万博1年前!!って感じが最高
緑魔子の衣装が時代真っ只中って感じでかわいいし、何より宮川泰の音楽が洒落てて良い〜
大阪万博、建設途中の風景も見られる

時代の空気を楽しむ映画

日本一の裏切り男(1968年製作の映画)

-

ハナ肇と植木等、浜美枝、3人が戦争の終わりがけから安保闘争までの時代を駆け抜ける映画

時代の映画だったなぁ
歌謡コメディ映画!って感じのほかのクレイジー映画と全然違った。
ちょっとコメディと歌の入っ
>>続きを読む

星屑の町(2020年製作の映画)

-

のんちゃんが歌う『恋の季節』
がめちゃくちゃよかった。
衣装も超かわいい

ハローナイツの渋いメンバーたちの中で、かわいい女の子がひとり歌ってるのが絵的に最高
戸田恵子さんもめちゃくちゃ歌上手いしなぁ
>>続きを読む

なまいきシャルロット(1985年製作の映画)

-

成長期の女の子シャルロットがただ物憂げな顔でそこにいるだけで最高…シャルロット役の女の子すごくいい子役…
ものすごく自然にシャルロットがそこにいる感じがした
そのうえに、地球儀のシーンむちゃくちゃかっ
>>続きを読む

ブラック・ムーン(1975年製作の映画)

4.0

私の好きな、悪夢を見せつけられるタイプの映画。
突拍子がなくて意味わからんけどそれでいいやつ

シュバンクマイエルのアリスを見てこういうのくらい自分だって作れるぞ!と言ってルイマルが作った のではない
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

4.5

レイヤーが沢山あるような画面の作りになっていた。
人物の配置が手前、真ん中、奥、と分けられている場面が多くて、メリハリがすごい。
あんなにも人が沢山出てくるのに、出てくるからこそ、人物の配置が綺麗で惚
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

いい話だわぁ泣いちゃったなぁ
脚本〜主人公の子の歌声も最高だし色もすごくいい

サボテンの花(1969年製作の映画)

4.5

ゴールディーホーンがアカデミー賞の助演女優賞をとった作品とのことで
可愛い上にめちゃくちゃ良い子の役をやっていて最高だったな、ゴーゴー喫茶的なところで踊ってるところがみれるのもいい。
話もアホらしいけ
>>続きを読む

水着の女王(1949年製作の映画)

-

野宮真貴さんが歌っていたIts cold outsideはこの映画の曲だったのか!!!!
名シーン&名曲

たるいなぁと思うシーンも多いもののいいシーンも多い
シンクロのシーンはたまらんね

黒薔薇昇天(1975年製作の映画)

-

岸田森目当てで見たんだけどこんな変なポルノ映画にも出てたんだ、、、
ローラースケートのシーン馬鹿すぎだろ
この監督、印象的なシーン撮るの上手いなぁ

恋人たちは濡れた(1973年製作の映画)

-

最後の15分くらい、印象に残るシーンだらけでやばい
ギター、歌、みかん、馬跳び、2人乗り、海
光がすごく綺麗
自転車映画

黒いモザイク、殺しの烙印ぶりに見た

華麗なる追跡(1975年製作の映画)

-

映画館で見たくないなぁ、テレビつけながらぼんやり他ごとやりながら見てるくらいでちょうどいい雑さ
真面目なふりしてボケてる、濡れ場はクマ担当

八木正夫が音楽ということで、音楽カッコが良かった
アクショ
>>続きを読む

椿姫(1921年製作の映画)

-

片岡一郎さんの活弁つきで見て泣いた

YouTubeとかで見る無声映画、あまりにも遠く距離のある世界で入り込めない
けど、生の声をききながらだととても近いなぁと思った。

建物、映像の雰囲気がかっこい
>>続きを読む

非行少女ヨーコ(1966年製作の映画)

5.0

緑魔子のけだるい表情が画面いっぱいに映ってるっていうそれだけでグッとくる
らりってふわっふわなってる映像も最高
いかしたジャズが常にながれてて、いま私が一番見たかった映像だった
こんな題材ながら暗くな
>>続きを読む

「北帰行」より 渡り鳥北へ帰る(1962年製作の映画)

-

小林旭が画面に写ってるだけで画面がむちゃくちゃ映えるのでうわーこの人スタアだ、と思った

死霊の盆踊り(1965年製作の映画)

-

この邦題タイトル、映画の中身の間抜けな雰囲気が存分に伝わり素晴らしい!!

踊ってるだけときいていたので覚悟して行ったけれど、私も途中数分目をつぶりました。
音楽はむちゃくちゃ良いし、さまざまな裸のお
>>続きを読む

プラン9・フロム・アウター・スペース(1959年製作の映画)

-

予算的な問題なのか墓のシーンは背景が真っ黒な場面が多くて、画面がビシッとしまっていてカッコよかったな〜。
あと宇宙人の洋服もいい感じでテンション上がった。
見ていて楽しいシーンを繋いである映画だったの
>>続きを読む

喜劇 初詣列車(1968年製作の映画)

-

何も考えず健やかに笑える喜劇でよい

ゴーゴー喫茶とフーテンとかヒッピーとか出てきてラブ。前衛芸術家も、前衛音楽家も出てきてテンション上がる
王子様系GSの格好してた渥美清うける

ちょい役だけど城野
>>続きを読む

>|