hirokenjiさんの映画レビュー・感想・評価

hirokenji

hirokenji

映画(59)
ドラマ(0)

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.1

資本主義から離れて生活する家族が、ある死をきっかけに、文明社会と交わりながら壁にぶつかり学び変化する男と家族の物語。

父親が子供達にする山奥での教育は、生きる上での全てを完璧ではないかと思わせる教育
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

プライムビデオで評価が高く、何となく見てみた作品。
パッケージの雰囲気から、年の差の恋愛のギスギスで大人しい作品かと思いきや、蓋を開けてみると、女子高生の青春群像劇を、とても爽やかにポップに仕上がって
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.1

渋い日本映画のドラマの素晴らしい所をぎゅっと凝縮させたような映画。
冒頭でのたくさん謎の伏線を、複雑な人間関係と過去と現在を絡めて、最後に主人公に集めて回収するストーリーが見事。

ドラマも見ていたし
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.4

世界大戦の映画を観たいと鑑賞。
伝説的な映画だったが、観たことがなかった作品。

ジャワ島の捕虜収容所での、日本軍と外国人との友情や交流をテーマにしていて、終わった後は、内容はなんだか理解出来なかった
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.1

公開当時に劇場で見た時に、銃弾が飛び交い戦車の地響きを感じ、本当に戦場に居るような興奮を得たのを覚えている。(パンフレットも買った)
その後、DVD普及の火付け役となった初代プレイステーションを買い、
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

3.9

90年代の映画みたいブームで鑑賞。
10代の頃に見た記憶があったが、なんだか難しくてわからなかった。
再見してみると、素晴らしい映画ではないか。

アルパチーノの名刑事振りと、デニーロの聡明な悪役振り
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.8

1990年代の渋い映画みたいなぁ、ああ見たいなぁー!と探していて見つけたマフィア映画。

主人公が少年期の頃から、マフィアに憧れて活躍してそして・・という、組織への忠誠や駆け引き裏切り失望や別れが、こ
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.6

最近、スーパー銭湯の休憩所にあるコミックの山の中から選び読破したので、この流れで映画も見てしまおうと鑑賞。

主人公、大泉洋のビジュアル的には似ててよかったけど、もっとオタク感とか陰キャ感のある俳優が
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

台風19号の時、千葉県の友人の家に居て、これから強風で確実に停電するので、参考になるかしらと思い、台風の中で鑑賞。

電気が無くても生きていけるサバイバル情報をもっと期待していたが、そんなになかった。
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

ここ数年で一番良い映画だ!と感激できた作品。

出だしからテンポが良く、ずっとそのまま最後まで見れてしまった。
大企業で働く忙しそうな登場人物達が、みんな元気でハッピーで優しい。
その陽気なオーラに自
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.6

クリストファーノーランが好きで、かつ友人のオススメで鑑賞。
短時間しか記憶が無い男の物語で、細切れに少しずつ過去が明らかになっていくストーリー。

冒頭の情報が少ない状態で始まるので、え?なんなだろう
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.0

天才的な数学者の生涯を描いた作品。
学生の頃から人付き合いの苦手な主人公ナッシュが、数学にのめり込むほどに幻覚に悩まされ、奥さんの力もあり少しずつ乗り越えていく。

途中まで、主人公が統合失調症の症状
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.9

友人の誘いで鑑賞。
インドの大スペクタクル映画。
見終わった後に、胸が熱くなる興奮をおぼえてしまった。

戦争の群衆シーンでは、ロードオブザリングや無双シリーズを彷彿とさせ
雪山でソリをくだるシーンで
>>続きを読む

ハイエナ・ロード(2015年製作の映画)

3.5

戦争物を見ようとDVDも持っている「プライベートライアン」をみようかと思ったが、せっかくなら見たことのない戦争映画を見よう、と鑑賞。

アクションシーンが半分以上を占めつつ、戦士同士の友情と愛を描いて
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.9

名作として知っていつつも、ずっと見れずにいたが、ようやくの鑑賞。

一つ一つのシーンにたっぷりと間があり、セリフも少なく静かな映画。
後半でリズムが変わり、映像も抽象的になり、どんどんと没入していく。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.6

友人たちが「泣ける映画を」という事で見つけた作品。

顔に障害のある少年オギーが、学校を舞台に受けるいじめや友情を育むストーリー。
見ためにハンデはあっても、心を清らかに素直に真っ直ぐ生きる少年に、背
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

友人のオススメ映画で鑑賞。

老人が死へと向かう深刻なシーンが何度かあり、目を覆いたくなるが、コミカルな演出のおかげで救われる。

浮き沈みのある人生の中で、身内の不幸な出来事が起こりついには妻にも先
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.4

10年前くらいに見て、途中で寝たりしながら最後まで見て。
最後のオチもよくわからず。

そして最近また見たが、同じように意味がわからなかった。

映像のテンポが良くカメラワークがカッコイイのと、ブラピ
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

キアヌリーブスが俳優としても生き様も好きで、以前から気になっていて鑑賞。

神の名が多く出るゲームのようなファンタジー的要素や、後半ちょっとゾンビ映画っぽいシーンも交えつつ、宗教に基づいたリアリティの
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.8

友人が昔オススメしてくれた気がして鑑賞。
主に大学の部室で繰り広げられるコメディ。タイムリープ系。
テレビの2時間ドラマっぽい雰囲気(良い意味で)で気軽に観れる。
シーンの移り変わりやセリフなどのテン
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.9

友人が勧めていたのと、評判も良かったので鑑賞。

前半は集中出来ずに何度か眠ってしまったが、後半の真実が明かされるあたりで面白さが増した。

競争社会の問題や、パワハラやら、夢を追う事や、恋愛やら、色
>>続きを読む

網走番外地(1965年製作の映画)

3.0

ただいま北海道を放浪中で、明日「網走監獄」へ観光で行くので、予習がてら鑑賞。

この映画ではじめて若き日の高倉健さんを見た。
僕が知っているここ20年くらいの健さんの演技は、伏し目がちで感情を抑えたも
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

岩井監督の作品は好きなのに見逃していて、huluで発見して鑑賞。

夏祭りとかプールとかゲームとか。子ども目線の夏休みの日常が描かれていて、もうノスタルジーが凝縮され過ぎて胸が苦しい。

小学校の時
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.5

前シリーズ、ロードオブザリングは映画で見てDVDも持ってたけど、ホビットはスルーしたけど、Amazonプライムで発見し鑑賞。

このシリーズで毎回ため息が出てしまうのが、大自然の美しさではなからろうか
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.7

自分が小学生から中学生にかけてテレビ放映して観て、かつビデオ録画して何度も見返した作品。Amazon Primeにあったので懐かしさのあまり鑑賞。

人がこれでもかと言うほどに死に、とても暴力的な映画
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

3.7

昔ツタヤでレンタルして5年ぶりくらい2度目の鑑賞。

粗暴な印象のある未知のエイリアンを人間は武力で第9地区へ閉じ込めてしまい、移民への差別や人権問題を考えさせる作品。
怖いものは避けて蓋をしたいと思
>>続きを読む

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

3.2

アマゾンのレビューが高かったので鑑賞。

リビア内戦の時に起こった実際の話。
内容のそのほとんどが戦闘アクションで、激しいシーンにも関わらず単調で眠くなってしまった。いや2度寝た。

後半の戦闘が終わ
>>続きを読む

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

4.2

10年前くらいにTSUTAYAで借りて、二度目の鑑賞。名作はまた見たくなる。

みんな苦悩を抱えながら、そろぞれが勇気を持って行動し、世界(人間)を変えて行く。彼らの行動を見ると自分も突き動かされてく
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

4.6

10年前くらいにツタヤで借りて、なんか好きでDVDで買って何度見ても好きで、3年振り7回目くらいの鑑賞でもやっぱ好き。

怪しい音楽、演出、世界観、出演者、伏線ありまくりのストーリーとか、1度観ただけ
>>続きを読む

ロボコップ2(1990年製作の映画)

3.6

確かロボコップ2も実家の家にあった。内容は記憶から無くなっていたが、少年と麻薬が出てきて思い出した。これも15年ぶり6度目くらいの鑑賞か。

前作から続けて観たので、ロボコップと女性警察官が出てきた時
>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

3.8

小学校の頃、家に何故か定価で数万円もするVHS(ビデオテープ)のロボコップが唯一置いてあって、かれこれ8回目、15年振りくらいに懐かしさがあふれて鑑賞。

久しぶりに見ると残虐なシーンが目について不快
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.9

もうすぐアマゾンプライムから見れなくなるよコーナーに入っていて、前から気になっていたので鑑賞。

シックスセンス的な。オーメンのダミアン的な映画かと思って、見ていたら「なんか違うぞ」と思えてくる。
>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

4.0

友達がベランダで髪を切ってて、僕に写真をお願いした時、『この映画のジャケットみたいに撮ってー』と見せられたのが、しあわせのパン。ふとあの日を思い出して鑑賞してみた。

北海道の草原と湖のロケーション。
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.9

日曜の朝に良い映画は無いかと選んでみたら、バッチリだった。

ストーリーにそれ程起伏は無く姉妹達の日々の生活が大半で、にも関わらず出演者の存在感というか演技力でいつまでもみていられた。
樹木希林と大竹
>>続きを読む

>|