ぴょすさんの映画レビュー・感想・評価

ぴょす

ぴょす

映画(21)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

4.1

登場人物に各々の欲があって、それに忠実であることで生きたい道が拓けていく。本能というか自分の正義に正直に生きることのなんと尊く魅力的なことか。

火口のふたり(2019年製作の映画)

4.2

良きは脚本。原作は原作で素晴らしく、こちらはこちらとして素晴らしい。

累 かさね(2018年製作の映画)

2.9

すごくよかったんだけど、累はもっと不細工だったり太ってたりして欲しかったと思ってしまった。綺麗だから原作の良さより眼福って感じである。

ギャラクシー街道(2015年製作の映画)

2.4

ハイレベルすぎてセンスについていけないが、
遠藤憲一さんはまじですごい。

悪人(2010年製作の映画)

4.1

悪は明白なはずなのに、誰が悪人かわからなくなる時がある

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

2.7

設定が面白い。伊藤健太郎さんがいい味出してる。若いのにすごい

恋の渦(2013年製作の映画)

4.3

内容とかうわぁ....ってなるんだけどすごく面白くてほんとにやばい名作。

この国の空(2015年製作の映画)

4.3

茨木のりこの詩が刺さる。とにかく脚本が素晴らしい

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.4

乾くるみさん原作の名作をどう映像化するか楽しみでした。こう来たか、納得

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

怖かった〜.....けど、ああ、映画を観ている!って感じがすごくした。

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

3.7

短編集は見やすい。ジェンダーやセクシュアリティが揺らぐ瞬間と言うのは、人によって切り取り方が多様なんだなー