hitomiさんの映画レビュー・感想・評価

hitomi

hitomi

  • List view
  • Grid view

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.4

先に新感染を観ていたので、どうしても比べてしまった。
動きの早いゾンビはやっぱり面白いし、ハラハラするが、ストーリーとしてはなんてことなかった。
2017年204本目

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.3

適当に流し見するぐらいでちょうどよかった。
吹替で観たが、「オカマ先生!!」ってワードが頭にずっと残ってる笑
2017年203本目

J・エドガー(2011年製作の映画)

2.9

登場する人物や出来事への知識がないからか、全くハマらなかった。
2017年202本目

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.8

ただただ辛い。ユダヤ人への迫害がエスカレートしていき、道端には死体が転がり、自分だっていつ殺されるか分からない日常。
あるシーンで仲間から言われる「逃げるのは簡単だが生き延びるのが難しい」とは本当にそ
>>続きを読む

ロゼッタ(1999年製作の映画)

3.5

車の行き交う道路を走って渡り、林の中で長靴に履き替え、人の目を気にしながら自分の暮らすキャンプ場へ帰る。そんなシーンが何度も繰り返され、最後にはきっとこんな生活から脱却することができるのだろう、変われ>>続きを読む

パパは、出張中!(1985年製作の映画)

3.8

マリクが純粋で可愛かった。
女遊びがやめられないどうしようもないパパだが、マリクが少年団の代表になった時、宣誓の練習をみてあげたり、本番後も寄り添ってくれた姿に父親らしさを感じてなんか安心した。
何気
>>続きを読む

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

3.6

日本とはまた違った教育の現場での問題が興味深かった。
まず言葉が上手く使えないところから始まるのは大変だなと。
主人公はフランス語教師として奮闘していたが、教師だって当然生徒にイラつくこともあるし、大
>>続きを読む

4ヶ月、3週と2日(2007年製作の映画)

3.8

画が生々しく、人々のやりとりがリアル。
ガビツァの言動にはイライラしかしなかったが、そんな彼女のためにあそこまで出来てしまうオティリアは何なんだろう。
恋人のお母さんの誕生日パーティーでのオティリアの
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

4.2

ラストは「早く!早く!早く飛行機に乗って!イランから出て!!」と画面に向かって独り言を言いながら見入ってしまった。
イランシーンの緊張感がハリウッドシーンによって和らぐのが良かった。
実際にあった出来
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

夫はひとつも絵を描いていない事実が発覚するシーンで夫のクズさに呆れた。そこから思い返せば、初めから調子よく嘘ばっかりついていたことに気付く。
マーガレットは男運がないというか、男を見る目がないというか
>>続きを読む

ライフ・アクアティック(2005年製作の映画)

3.5

美術の可愛さはウェスワールド全開で好きだったが、内容は思っていたのとなんか違った。
お金の問題、女の問題、親子の問題、そういう現実的な問題が観ていてひっかかった。
2017年194本目

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

期待を裏切らない面白さ!シェアハウスウィズバンパイアからワイティティ監督のファンであり、アベンジャーズでソーが一番好きな私からすれば最高以外のなにものでもない。
ソーシリーズはギャグに走ってこそ良さが
>>続きを読む

ファンシイダンス(1989年製作の映画)

3.4

バブリー。
彦摩呂に全然気付かなくて、クレジットで驚いた。
鈴木保奈美可愛いけどあの役はうーんという感じ。。時代なのかな。
2017年192本目

ウルトラミラクルラブストーリー(2009年製作の映画)

3.5

松ケンの津軽弁がずっと耳に残ってる。
ちょいちょい何言ってるか分からなかった笑
陽人のまっすぐすぎる恋心が招いた結果はとても残酷だが、なぜだかそこまで悲しみは感じなかった。
ラストは衝撃的すぎるが、そ
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.0

今さらちゃんと全部観た。
宮崎駿ワールドですね〜。
ルパンに惚れる
2017年190本目

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

観る前は3時間近くある上映時間にビビったが、蓋を開けてみればあっという間で、え、終わり?続きが観たい…!!とさえ思った。
前作からの繋がり方が素晴らしい。
ライアン・ゴズリングの無表情も素晴らしい。
>>続きを読む

あ・うん(1989年製作の映画)

3.7

初めは板東英二の演技に不安しかなかったが、だんだん、その不器用さが水田の人物像と重なり最終的にはかなりのハマリ役だと思った。
三角関係の3人が修善寺の旅館に泊まるシーンが良かった。笑っちゃうけど、とて
>>続きを読む

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

3.9

ザ・フレンチコメディー。何も考えず楽しめた。
主人公はかなり曲者だが、最後には愛おしく感じた。
2017年187本目

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

シャーリーズ・セロンがかっこいいし、美しい。
ジェームズ・マカヴォイもかなりいい。
ものすごく既視感のある女の子はザマミーでした。美人。
もう一人既視感のあるイケメンはシンプルシモンの彼だと鑑賞後判明
>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

2.7

大統領専属の料理人として認められてた女性がいたのかーというただそれだけの感想。
主人公とその助手の若者の関係性は良かった。
2017年185本目

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

実際にあった未解決事件がベースになってるとは知らずに鑑賞。
もちろん最後に犯人が分かるのだろうと思っていたら、まさかの分からないまま。
DNA鑑定のくだりはなんとも歯痒い。韓国に設備がないことも、まだ
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

昨日まで仲良く楽しく遊んでたのに、なぜか突然ぎこちなくなる。自分が何かしたかな?何か言ったかな?とか考えても分からなくてモヤモヤ。。
あんなに楽しかった日々は幻だったのかな?と思うけど、爪にはたしかに
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.2

大した感想が書けないのだが、偶然が重なり過ぎだろっていうのと、佐津川さんのこと前田敦子だと思ってましたってことだけ記録。
2017年182本目

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

黒人だから、女性だから、そういう差別が普通だった時代に、あんなにもたくましく生きていた人たちがいたなんて。その活躍ぶりにすごく勇気をもらった。
2017年181本目

月と雷(2017年製作の映画)

3.5

ちょっと長いな…と思いながら観てたら急に終わった笑 あの終わり方はどう解釈すれば良いのか、考えさせられる。
草刈民代さん演じる直子はしょうもない人だが、泰子が本当に求めていたのは実の母親ではなく直子で
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

4.3

人間が作り出したものなのに、自分たちの都合で殺していく、その身勝手さ。
レプリカント仲間たちが死んだ時のロイのなんともいえない表情でとても切ない気持ちになった。
2017年179本目

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

アダム・ドライバーが可愛くて、もう好きになってしまう。
物静かな性格だが、詩として綴られる妻への想いはとても情熱的で聞いてるだけで恥ずかしい。が、そこがまたいい。
あんな夫婦いいなーと思うし、あんなブ
>>続きを読む

>|