ちきんさんの映画レビュー・感想・評価

ちきん

ちきん

映画(33)
ドラマ(6)
  • 33Marks
  • 7Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

鬼談百景(2015年製作の映画)

3.6

短編集だから、色んなタイプの怖い話のごった煮感が楽しい。実話怪談集みたいな感じ良い。墓場追いかけっこの話が普通に怖かった。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.3

見やすい。好き。淡々と恐怖の対象について調べていく過程とか楽しい。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.6

くっそくだらないけどかっこいい。いい意味で何も考えずにみれる映画。じゅんこの曲好き。

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.5

映像というか色合いが綺麗なホラー映画。主人公の女の子の役者さんが可愛い。別段難しい内容でもないのでなんとなく映像綺麗だなとか思いつつ観れる映画。

サプライズ(2011年製作の映画)

3.3

声あげて笑った。パワーバランスの設定ミスしてる絶対。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.2

淡々とした解体シーンの中に謎解きあり、ホラーありな見やすいホラー映画。理不尽ではあるけど見終わった後、なんか久しぶりにちゃんとしたホラー映画を観れた気がするって思えて素敵。解体シーンがちょっとグロいけ>>続きを読む

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

1.0

神木くんは黒髪のが好きだなって思いました。個人的にこの映画の見所は福士蒼汰が全身タイツで走るところですかね。役者さんって大変だなって思いました。

脳漿炸裂ガール(2015年製作の映画)

2.8

言うて、思ったより観れる出来だと思う百合映画。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

歩いてのろのろ追いかけてきて噛みつくっていう、昔のゾンビのイメージとは違う、新しい感じの動きのゾンビがいっぱい出てきて楽しい。ストーリーも主人公覚醒系な感じでワクワクする。

輪廻(2005年製作の映画)

3.4

昔の事件の殺人鬼の正体というか何というかは割と序盤で察したが、最後まで楽しめた。理不尽といえば理不尽なんだけど仕方ないよね。あとテーマ曲好き。

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.4

シュールでカオスなホラー映画。ホラーってかギャグ????クンフーちゃんがイチ推し。

シカゴ(2002年製作の映画)

5.0

大好き!曲が全部いい!話も分かりやすく楽しい、ワクワクする。衣装や役者、時代背景も何もかも好みで観てて楽しい。そして何より曲がいい!

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.4

國村隼がいい感じ。出来のいい映画。
だがしかし、私自身がキリスト教に詳しく無いから理解するのが難しかった。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.0

ドラマファンです。正直騙された!感も面白さの一つだろうけど、個人的には、この時このキャラはこんな行動してたんだとかの後からの伏線回収見るの楽しくてすきです。

グロテスク(2008年製作の映画)

3.5

普通にリョナ映画でうわっ…ってなりながら観てたけど、最後の勢いに負けてしまった。最後めっちゃ好き。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

2.8

正直設定無茶苦茶だなって思う点が何個もあるけど、中井貴一が幼女み強くて良いですよね。

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

2.8

何も知らずに観に行ったらミュージカルでお草が生えました。ギャグには相性があるので一概には言えないですが、私は最後まで見れました。それよりも思ったよりラブコメのラブ成分が強かったのでそっちのが大丈夫なら>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

世界観の設定2作目まで普通に現代日本だったのにどうしたとか、ラスボスのイケメンがラスボスなのに強敵感ないのが龍が如くみたいでちょっと面白いこととか、なんか2位じゃダメか聞いてきそうな人が出てるとか、な>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

質の良いゾンビ映画。
おっさん格好良いし、主人公の成長も良い。

シャークネード(2013年製作の映画)

3.2

ガバガバでカオスでなんか実家のような安心感がある。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最初のゾンビ映画で笑って、続きのゾンビ映画制作コメディで更に笑える

青鬼 ver.2.0(2015年製作の映画)

3.2

男同士の友情ものとして成立してるし、前作見ると神映画な気がしてきて友人に布教したら、はぁ?って言われて悲しかった。

青鬼(2014年製作の映画)

1.0

バンジージャンプする時みたいなカメラワークで爆笑した。

予言(2004年製作の映画)

4.0

運命に争う主人公。純粋に楽しめる映画。今のところ見た中ではJホラーシアターで一番好き。あとおばさん霊能力者すき。

来る(2018年製作の映画)

3.8

柴田理恵の霊能力者おばさんめっちゃ好き!

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんか見ていくうちに、パパがヒーローみたいでカッコ良く見えてくる。あと、カエルのマスクがいい感じで気持ち悪さが出てる。本編の俳優目当てとかでグロとか胸糞嫌いなら勧めはしない。

ミュージアム(2016年製作の映画)

1.0

突っ込んではいけないのは百も承知なんだけど、全体的に間抜けすぎないですか?

キャビン(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

好き!!!!!!!圧倒的ホラーお祭り映画。ポテチとコーラと一緒に観ると無限に楽しい。個人的にSCPとかクトゥルフ神話とか大好きなんで楽しくて仕方ない。

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

4.0

音楽いいし、なんか見ててワクワクする。本編での悪役も明確化されてて話も分かりやすいし、面白い。