記録用さんの映画レビュー・感想・評価

記録用

記録用

映画(32)
ドラマ(0)

キャロル(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

美……

''I miss you... I miss you...''を「会いたいの たまらなく」にする訳秀逸

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

電気椅子のシーンは、ハーブスが映されていたら直視できなかったと思う。でもその恐ろしさが十分に伝わる描写。

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

-

こんなにロシア絵画が注目される映画ないのでまずそれが嬉しい。芸術の価値は誰が決めるんだろう。ならず者たちのギャラリーを読まなくては。
主題も映像も静かなのにすごくハラハラする。
ちなみに、電話口で最後
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

-

なんて重い映画なんだ。途中までヒトラーに心動かされそうになったことを反省した。こんな時期だし指導者を選ぶ自分たちの責任を考えた

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

-

大どんでん返し! というのではなく、最後まで微妙に全貌が隠され続け、予想が裏切られ続ける感じ。なるほどこれが「誤訳」。登場人物が一人一人魅力的でよかった。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

「金はアイロンだ ひねくれたシワをのばす」っていうせりふがドスンときた。「人間が怖い」という話をきいていたけど、誰も悪意ないのがより理不尽だなぁってかんじ。ダヘめっちゃかわいい