otoさんの映画レビュー・感想・評価

oto

oto

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

-

コンクール独特の雰囲気が味わえる
これ実際に弾いてるんだすごい…

ミザリー(1990年製作の映画)

-

評判通りの拗らせオタクだった
恐ろしいタイミングで月光流れる

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

-

sawシリーズ見てきたはずなのに色々忘れてる^^; からまた見返す

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

-

自然光が綺麗で生々しすぎない。でもアラベスク聴くと胸騒ぎしそう

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

-

でんでんさん、死役所であんなに娘思いなお父さんだったのに…

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

-

中学生設定だからかちょっと突飛な演技がむしろ良い~テロップ出るの新鮮

On Your Mark(1995年製作の映画)

-

2人の車が道を逸れるのが切ない
気になる塩サバ(合成)

残酷で異常(2014年製作の映画)

-

タイトル通り残酷だけど、主人公にとってはこれが正解なんだろうな

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

-

メイヘム来日と聞いて。映像は痛々しいけどロリーカルキンが終始美しかった

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

-

'ゴーディ家に帰る' 気になって調べた
公開時期ちょうど留学で、この不穏さは映画館で味わいたかったな~
out yonderの文字が洒落てる

RUN/ラン(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いくら毒親でも病院で管抜いちゃうのは笑った

リプリー(1999年製作の映画)

-

人間の欲と執着心をこれでもかと見せつけられる。にしてもジュードロウの色気よ…

ほの蒼き瞳(2022年製作の映画)

-

上映館少ないと思ってたらネトフリオリジナルだった。寒色だらけの映像に映える赤

ドリアン・グレイ/美しき肖像(1970年製作の映画)

-

僕は不変だ、というパワーワード
原作小説も読んでみたくなった

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

-

2人が結構いい条件で暮らしてるのがおもろい
続編は映画館で観ます

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

霊が真っ先に住んでた家に帰るのわかる
あの木に囲まれた平屋いいな~

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

-

新米警官なのに渋かっこいい
悪デンゼルワシントンが新鮮

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

もっと早く観るべきだった
カモンカモンの伯父役も、闇深中年役もどちらも素敵なホアキンフェニックス

カモン カモン(2021年製作の映画)

-

2023年1本目、子どもの率直な質問に戸惑うことって割とある
後ろで静かに月の光が流れてて素敵~ってなった

ノマドランド(2020年製作の映画)

-

今年の映画納め
ノマドたちのように生きる知恵を身につけたい