池P子さんの映画レビュー・感想・評価

池P子

池P子

  • 485Marks
  • 209Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

茲山魚譜 チャサンオボ(2019年製作の映画)

3.9

ピョン・ヨハン良い役者だなぁ〜!
ソル・ギョングとダブル主演で、なぜ数いる30代の俳優からピョン・ヨハンが選ばれたんだろう?と思っていたんだけど、これははまり役。
ピョン・ヨハンの上を目指してやるとい
>>続きを読む

ブレイド(1998年製作の映画)

3.8

めっちゃ面白い!!!いちいちアクションが格好いい。
後ろ手で血清キャッチしたり、決めポーズとかアクションの間合いが良い。
若干厨二病精神をくすぐられるのもまた良き。
ウェズリー・スナイプスがかなりアク
>>続きを読む

新・少林寺伝説(1994年製作の映画)

3.9

カンフー版子連れ狼且つギャグ映画だった。ツッコミどころ満載なんだけど、アクションシーンがてんこ盛りでかなり見応えあったので満足。
息子の目つきが鋭すぎて笑った。
乳飲み子の状態でいきなり剣か木馬か選べ
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.3

キャストは豪華、監督もリュ・スンワンだし、設定も面白いのになんか乗り切れなかったな〜。
2回見て2回とも後半寝ちゃった。
90分くらいだったら良かったな。

僕の中のあいつ(2018年製作の映画)

3.5

軽いノリでサクッと見れて面白かった。
入れ替わりものって入れ替わった二人のやりとりを映すものが多いけど、これは体が高校生の方メインに話が進むのが斬新だった。
変に二人を交錯させるよりもスッキリしてて良
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

壮大なSF映画が好みじゃないんだと実感。
面白くなかった訳じゃないけど、続編ありきの終わり方なのでこれで終わりか〜って感じで消化不良。
これはこれで完結して欲しかった。色々全く片付いていないし、ジョシ
>>続きを読む

ワンドゥギ(2011年製作の映画)

3.8

人は出会う人間によって人生変わる。
一生分の運使ってでもこんな先生に出会いたいね。
キム・ユンソクのぶっきらぼうを装ってめちゃくちゃユ・アインを気にかけてる演技が良い〜。
本当に久々に真人間役のキム・
>>続きを読む

赤ひげ(1965年製作の映画)

4.5

色んな患者のエピソードを通して加山雄三が成長する話。
めっちゃ面白いわ〜。
3時間という長尺ながら最後まであっという間だった。
加山雄三のボンボン・高学歴・プライドが高いっていう設定がぴったりでナイス
>>続きを読む

ガール・コップス(2019年製作の映画)

3.4

ラ・ミラン良いわ〜。オム・ジョンファとはまた違う姉御感。
レスリングやってたっていう設定も妙な説得力あった。
後半に行くにつれ内容はかなりご都合主義的展開になるけど、軽く見るには良い作品かな。
登場人
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.3

面白い!腕が立つ人はだいたい、高い報酬を貰ってそれに見合う仕事をするものだけど、椿三十郎は違う。
この時点でもう格好いい。
有無を言わさぬカリスマ性とオーラと腕っぷしの強さ、たまらんわ〜。
小林桂樹の
>>続きを読む

ソウォン 願い(2013年製作の映画)

3.9

実話かつ去年出所したと知ってダブルで胸くそ悪い。
キム・サンホが工場長って絶対ホワイト企業だよな〜。
ラ・ミランとキム・サンホ夫婦が素晴らし過ぎ。

生きものの記録(1955年製作の映画)

4.1

3.11を経験した人なら誰でも三船敏郎の気持ちが分かるはず。
原子力発電だって99%安全で残り1%の危険は起きない、又はいつか起きるとしても自分の生きてる内には起きないと考えてたけど、現にそのいつかは
>>続きを読む

君の誕生日(2018年製作の映画)

3.6

本当に切ない。
毎日働いて育児して、時間はどんどん過ぎていくけれど時は止まったままというか。
被害者のコミュニティに入ったらスホの死を認める事になるもんな〜。
集まって色んな人からのスホの思い出を聴い
>>続きを読む

隠し砦の三悪人(1958年製作の映画)

4.0

やっぱり面白い。
千秋実と藤原釜足の小心者ぶりが良い。
困った時は一緒に死のうと言って、金目の物が眼前に現れたら取り合って、やっぱり怖い人達が現れたら狼狽えて兄貴ぃ〜って六郎太を頼る。見事なコンビ。
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白い!!期待の10倍面白くて安心した。たちの悪い親子喧嘩。
・シャン・チーって別に特別な能力もないのに強い。(殺し屋教育受けただけ)
・シム・リウ良い!よくある顔をしていて親近感。彼の目の演技が良い
>>続きを読む

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

3.2

ザ・ロックの韓国バージョン的な作品。
潜入のプロがイ・ビョンホンで頼りない民間人のリーダーがハ・ジョンウ。
ハ・ジョンウはやはり巻き込まれ型主人公にぴったり。でもここまで情けない役は今まで無かったかも
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.0

口コミで高評価だったので若干ハードル上がった状態で観たけど余裕で超えてきた。
日常の中に殺しが溶けていて、異常な筈なんだけどそれを感じさせない。
二人が殺人する時に無感情だからか、サクッと殺して後をひ
>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

3.3

ほとんどの展開をナレーションで説明している割には長い。
結局チンピラの成り上がりストーリーで、チョン・ウソンに復讐は成功したけど主人公だって元はチンピラなんだから根っこはチョン・ウソンとさして変わらん
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

う〜ん。面白かったんだけどなんかスッキリしないモヤモヤした気分。
スーサイド・スクワッドシリーズは未見だったので、私がキャラ設定や細かい所の理解不足があるからなのかも。
水玉の母親に対する異常なまでの
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

サングラスかけたら色んなものが見えるっていうの、話は全然違うけどゼイリブを思い出した。
周りは気付かない中自分だけが本当の事に気付くってかなり孤独だと思うんだけど、ライアン・レイノルズがポジティブオー
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

3.7

一生懸命な人を笑うなってこと。
小学校にあがったら離れ離れになるので、トオルちゃんなりの想いがあったのは良かった。
今回は野原ファミリーではなくかすかべ防衛隊がメイン。それでもかなり燃えた。
番長は菅
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

映画は面白い。史実なので内容も受け入れざるを得ない。
がめっちゃ嫌な奴だな〜。
既に成功している事業にいきなり首突っ込んで、兄弟は望んでないのに規模を大きくしていつの間にか自分の手柄と勘違いして踏ん反
>>続きを読む

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

3.7

あまりに世界が違い過ぎてリアル感を感じれなかった。それは日本がいかに平和かってことなんだけど。
姉はなんで何もしないんだろう?主人公が髪まで切って買物して、商売もしてるのに水の1つくらい汲みにいけよと
>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

4.3

これは北野武監督作品の中でもかなり好きな方。
また一緒にお母さん探そうって言って別れるのが粋。
たけし作品の中ではセリフ数が多く、暴力描写もほぼなく、かなりコメディ寄りで見やすい。
全裸の井手らっきょ
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とりあえずチョウ・ドンユィが最後の最後で自白して良かった。これが無かったらマイナス100点。
割と正当な理由で殺人したんだから(殺人に正当もクソもないのは分かってるけど)、正直に言えば罪軽くなるんだか
>>続きを読む

パパロッティ(2012年製作の映画)

3.3

無難に面白い。キャストが豪華。
イ・ジェフンの歌は本物なのか差し替えなのか気になる。

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.5

最高。お互い失敗してもまだ20歳前後だろうし、本当にまだ始まっちゃいね〜よ状態。
モロ師岡が演技上手過ぎて腹立った〜。

あの夏、いちばん静かな海。(1991年製作の映画)

4.0

やっぱり映画はシンプルな方がいい。
台詞がなくても有名な俳優が多数出てなくても面白いものは面白い。
サーフショップの店長さんいいわ〜。

3-4x10月(1990年製作の映画)

3.7

決して喧嘩は強くなさそうなのに、何考えてるか分からない感じが柳憂怜にハマってた。
小沢仁志はぱっと見からしてヤクザだしヤバい奴っていうのが身なりで分かるけど、柳憂怜みたいなタイプは見た目で分からないか
>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.8

弾を避けないでお互いに打ち合うシーンが好き。
基地外同士、警察と殺し屋と立場は違くても意外と似た者同士なんじゃないかと思う。

コミック雑誌なんかいらない!(1986年製作の映画)

3.9

面白い!
芸能リポーターとは?ジャーナリズムとは?
自分が取材される側になってやっと身につまされる。
前半はそんなでもなかったけど、後半の殿山泰司パートから面白くなった。
昔の日本って色んな意味でパワ
>>続きを読む

>|