サマーシーズン到来さんの映画レビュー・感想・評価

サマーシーズン到来

サマーシーズン到来

映画(170)
ドラマ(2)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ面白かったです。

シスの企てによって、アナキンとオビワンを中心とした関係性の全てが上手に噛み合わず、ずれていく様は辛く苦しいですが、そういう面白さがありました。

アナキンがシスへ忠誠を
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.6

面白かったです。

1に比べてストーリーがシンプルで、順を追って理解できました。とはいえ、あらすじで事の始まりを説明するのはやめてほしい(笑)

戦闘シーンが迫力あって良かったです。
シンプルに楽しか
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ面白かったです。

27年後のルーザーズクラブメンバーがそれぞれ登場するシーンはワクワクしましたし、中華料理屋で思い出話に花を咲かせるシーンは見ていて心がとても温かくなりました。

誰しも
>>続きを読む

ももへの手紙(2012年製作の映画)

3.5

良かったです。

妖怪トリオと出会ってから、どんどん表情豊かに、そして大胆になっていくももが可愛らしかった。
最後はホロリとしました。

また、作画が凄くて笑ってしまう場面が何度かあった。それくらい上
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

面白かったです。

些細なきっかけでいつでもジョーカーになりそうな、緊張感のあるストーリーが良い。今にも爆発しそうな爆弾を観ているようでした。「いつ爆発するんだろう?」そんな事をずっと考えながら観てい
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.3

きちんと鑑賞するのは初。スターウォーズ初心者の自分にとっては、一本の映画としては普通な作品でした。
とはいえ、全く違和感のない世界観を創り上げるのは凄いこと。
レースシーンやダースモールとの決闘は中々
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

とても好きな作品でした。

大きな起承転結はないものの、開始から一貫して静かな「何か」が流れていた様な気がします。雰囲気が良かった。

音楽の知識は全くないので、ピアノの上手い下手は分かりませんでした
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

面白かったです。長めの作品ですが、そこまで疲れませんでした。

何よりも映像表現が圧巻なのと、後半のハラハラする展開も良かった。

刻一刻と変化する状況に臨機応変に対応していく展開に引き込まれました。
>>続きを読む

Doodlebug(1997年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

3分てワロタ。
そして普通に面白い。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.0

トリノジー全てゲキアツで楽しめました。

ダークナイトに比べて敵キャラの魅力は劣るものの、事件の規模感は最大級で面白かったです。
毎回絶望的な状況に追い込まれるのが、ドキドキします。「あぁ、終わった」
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ面白い。

2時間30分の長編だったけれど、全然退屈しませんでした。

前作にも増してアクションシーンが豪快になってて、もはや笑ってしまいます。これ製作費いくらなんだろう?(笑)

胃がキ
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

静と動、メリハリのある戦闘シーンが良かったです。特に暗闇からいつ現れるか分からないバットマンにはドキドキしました。

ストーリーもきっちりと起承転結があり、今後を予感させる安定のものでした。

セリフ
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とても面白かったです!
予告編の時点でCGに違和感しかなかったですが、ストーリーも相まって全然問題なかったです。
ストーリーも映像もダサカッコイイのが良いですね。(もちろんカッコイイデザインもありまし
>>続きを読む

MEMORIES(1995年製作の映画)

3.0

3つの短編の内1つが今敏脚本だったので鑑賞。

あまりのめり込めなかった。多分大友克洋作品があまり刺さらない体なのだろう(とか言いつつ、AKIRAしか観たことないのだが…)。

悪くないし、作画は全編
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

腹抱えて大爆笑しました。
ほんとうにここまで振りきってくれて良かったw

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

超有名作品をやっとこさ観賞。

世界観がカッコイイ。やっぱバイクは痺れた。作画も丁寧で見ごたえありました。BGMも不気味な感じで良かったです。喋っているように聞こえるので少し面白くもありました(笑)
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.5

開始1分でもう今敏節炸裂。もう面白い。
めちゃめちゃ楽しめました。

監督が得意とする技法そのものをテーマにしたような、完璧にマッチした作品でした。

映像で現実か虚構か訳が分からなくなるのが今敏監督
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

所々第九の使い方狂ってて好き。
おじいちゃんの顔芸狂おしいほど好き。

ストーリーについては、伝えたいことは多分浅くないだろうから、そう考えると、何を伝えたかったのか理解は及びませんでした。
たまに狂
>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

4.0

この作品は150分なはずなんですよ。朝9時に観賞を始めて、観終わったの16時て!
観賞→「あ、眠たい」(昼寝)→観賞→「あ、眠たい」の繰り返しでした。ホントに眠気を誘われます。

癖強すぎてビビりまし
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

面白かったです!これ以前の2作とはストーリーも演出も大きく異なっていましたが、キャラクターが立っていて可愛かったです。

表情が細かかったり豊かであまり何も考えずに観れます。

今敏監督の作品はこれで
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

5.0

今敏作品を発表順に観賞中です。

本作を千年女優よりも後に観賞して良かったと思いました。こちらの方が尖ってますね。心臓バクバクでした(笑)

虚構とリフレインは今敏監督の得意技法なんでしょうね。千年女
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

5.0

偶然、動画サイトで本作の映像を見て、懐かしさを感じる映像に惹かれて観賞しました。

なんというか、、凄かったです。
構成が独特で、表現しずらいですが、とにかくこの構成が、主人公の想いの強さを強く表現し
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

4.5

目まぐるしすぎた!
アクション豊富、アクションしかなくてずっと面白かったです!
また、色鮮やかで幾何学が散りばめられたアニメーションは、単に眺めているだけで楽しめます!
スパイダーバース同様、ふとした
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.3

テーマが好きでした。作中でも述べられていますが、晴れるだけで気分まで晴れやかになる。
また、天気の描写が良いです。どんどん晴れ間が広がっていくシーンは何度も鳥肌立ちました。新海誠監督の良さ(背景の上手
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

めちゃ面白かったです。
とにかく動く動く。ジェットコースターに乗ってるような爽快感と、気持ちよさがありました!
ストーリーも美味しいもの詰め合わせ!みたいなバブリーな感じが良かったです。アメリカンジョ
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

-

行間を汲み取る部分が多かったですが、この時代を生きていないためか、この文化を知らないためか、あまり分からなかったです。
ただ、やはり技術が発展しすぎていない1900年代は、温かみや人情に溢れていて良い
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

-

言葉では言い表せない感情に。
それこそ劇中で述べられているように。
凄かった。。。

キングダム(2019年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白かった!!
日本の映画でこの規模感と豪華さ、出来るんですね。

キャラクターがとても良かった!特に楊端和が楊端和過ぎた。美しすぎる。罵ってもらいたい、、。

王騎はCV付いてるのか?っ
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.0

1939年に公開された映画とのこと。随所から懐かしさを感じられる本作。

ファンタジーの原典の様な作品。実際にこの作品が原典であるかは分からないが、今日まで創られてきた様々な作品の基となるようなキャラ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

焼肉食べたい。

終始追いかけっこをし続けてそのままエンディングを迎えた作品。
そんな事があろうか?(笑)

しんちゃんの映画は感動物のイメージがあったが、本作品は頭を空っぽにしてゲラゲラ笑う作品でし
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.8

体の奥底が熱く、そしてゾクゾクする映画でした。

オチや展開の想像なんて全く意味をなさなかった。

台詞は数少なく、ほとんど演奏で進む本作。しかし退屈することなく、そのセッションに引き込まれ、そのリズ
>>続きを読む