ゆいおさんの映画レビュー・感想・評価

ゆいお

ゆいお

バーレスク(2010年製作の映画)

-

私もアギレラ様みたいに眉毛の下のへっこみにたっぷりアイシャドウを塗りたい 講義中に観るバーレスクは最高

女の一生(2016年製作の映画)

5.0

原作が大好きなので 初の岩波ホール
"世の中って、ねえ、人がおもうほどいいものでも悪いものでもありませんね"
何事も受け身はダメ

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

5.0

最初から最後まで素晴らしい
パリ行ったことないのに、あー懐かしいってなる不思議

息もできない(2008年製作の映画)

-

どうしようもない、どうしたらいいんだ
確かに人におすすめはできないけど暴力描写が平気な人には見て欲しい

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

5.0

わかってるのに泣けるしわかってるのにやっぱ年取りたくないよ〜

ココ・シャネル(2008年製作の映画)

5.0

いいわあ。強い シャネルの口紅体質に合わないけど

バルフィ!人生に唄えば(2012年製作の映画)

-

きみに読む物語風味のボリウッド、というわけのわからない良さ

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

5.0

危うい 虞姫についての作品によって、虞美人草はポピーではないような気がしたり、やっぱりポピーだと思ったり

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

-

自身に投影することもなく 愛しい人が云々もなく 人の大恋愛の顛末を聞いて良かったね〜って感じで終わった なぜ 映像が可愛いから良し

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

-

ミニオンズ見に来たんだから、彼らをもっと出してほしかった

深夜食堂(2015年製作の映画)

-

照明の色合いが日本映画って感じして好き 何か食べさせてほしい

ベイブ(1995年製作の映画)

-

昔見た時の記憶が改竄されていて、ベイブが食べられちゃうストーリーだと思ってた 違うことが分かっただけで良かった

幸せになるための27のドレス(2008年製作の映画)

-

あれが妹という生き物か
結果オーライだけど ストーリーはわかりやすい可愛らしさ