ゆいおさんの映画レビュー・感想・評価

ゆいお

ゆいお

映画(184)
ドラマ(0)

聖の青春(2016年製作の映画)

5.0

本当に強い人はライバルを失うと悲しむ 牽制も虚勢もいらない世界

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

-

愛情が絡む話はどんなストーリーであれどんな背景であれ泣いてしまうな 同情などではなく
英題と邦題が揃っている

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

プラダを着た悪魔が好きな人はこちらに集まってくださーいってやってこれを観せる商法したらうまくいく いくらでも払います

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

-

記録しわすれ ズーイーデシャネルかわいいねかわいいねの映画
残酷で当たり前なのが若いということ、子供の時アリを喜んで潰してたでしょう、そういうこと

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

この映画が全国ロードショーだったので私は日本のどこででも暮らしていけることが決まった 良かった

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

-

理想の世界かもしれないけれど描かれている題材はいちいち私の嫌いなものばかりで結構嫌になってしまった

セトウツミ(2016年製作の映画)

-

この会話に混ざりたいな 彼らのファンにはたまらないだろうな

リリーのすべて(2015年製作の映画)

-

リリーのすべて「は…」と文章を繋げていくような映画 リリーのすべては一体何なのか 硬いぎこちないキス 結局は自分のための人生

バーレスク(2010年製作の映画)

-

私もアギレラ様みたいに眉毛の下のへっこみにたっぷりアイシャドウを塗りたい 講義中に観るバーレスクは最高

女の一生(2016年製作の映画)

5.0

原作が大好きなので 初の岩波ホール
"世の中って、ねえ、人がおもうほどいいものでも悪いものでもありませんね"
何事も受け身はダメ

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

5.0

最初から最後まで素晴らしい
パリ行ったことないのに、あー懐かしいってなる不思議

息もできない(2008年製作の映画)

-

どうしようもない、どうしたらいいんだ
確かに人におすすめはできないけど暴力描写が平気な人には見て欲しい

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

5.0

わかってるのに泣けるしわかってるのにやっぱ年取りたくないよ〜

ココ・シャネル(2008年製作の映画)

5.0

いいわあ。強い シャネルの口紅体質に合わないけど

バルフィ!人生に唄えば(2012年製作の映画)

-

きみに読む物語風味のボリウッド、というわけのわからない良さ

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

5.0

危うい 虞姫についての作品によって、虞美人草はポピーではないような気がしたり、やっぱりポピーだと思ったり

>|