かなさんの映画レビュー・感想・評価

かな

かな

  • List view
  • Grid view

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.2

今回も本物は完全に見抜けなかった〜。
集中してみていたんだけど、まさかこんなオチとは。
純粋な透き通った心が奇跡を起こすということは、今までのコンフィデンスマンjp と違う展開なところかな?

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

心に深く悲しい想いが押し寄せてくる映画。
本当の自分になること。
今だって容易ではないけど、映画の時代はもっと辛いことだったのだと思う。

大統領の料理人(2012年製作の映画)

2.0

美味しい料理を提供すること。
それは、ステキだなと思ったけど、全体的に映画は面白くなかったかなぁ。

高台家の人々(2016年製作の映画)

4.0

妄想癖に共感できる。
相手に気持ちを伝えるって大切。そして、全部見せてもいいんだと思える信頼関係も大切。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

4.5

食って本当に大切。
私は子供にこの大切なことを教えてあげられているだろうか?
家族の食事の時間をもっと大切にしよう。
親の子供に対する愛情が、子供を強く前進させる。
うまくいかない時もたくさんあるけど
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

4.0

偶然ってすごい。
でも、人生ってそういうもの。
日々を大切に生きていこう。

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

4.0

親子の確執。
でも、かけがえのない親子の絆。家族の絆。
きっと素直に生きることができたら、楽なんだろうな。

はなちゃんのみそ汁(2015年製作の映画)

3.7

自分の人生何を残すことができるだろうか?
子供達に何を残すことができるだろうか?
そんなことを考える映画でした。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

その日その日を普通に幸せで暮らす。
未来はきっとなんとかなる。
本当の幸せはなんなのか、今をちゃんと生きようって思う映画でした。

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

4.0

何か不安になった時、心の支えが何かあれば、きっと大丈夫。

家族とか友達とか周りの人との絆、過去のいろんな出来事が今の自分を作っていること、大切な人を信じること、守ること。
ホロリと涙が出る映画でした
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

4.0

人生で大切なものは何か?
物で溢れる人生から解放されたいと思った。
シンプルが1番幸せなのかも。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.5

いろんな事があるけれど、幸せは必ずやってくると信じる事ができる映画でした。

怒り(2016年製作の映画)

4.3

様々な怒り、境遇。
自分の力では変えられない、何か大きい渦に巻き込まれてしまって、上手く生きることができない事がある。
人を信じることの難しさも感じる映画だった。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.5

皆、誰かに支えられて生きている。
人生は、他者。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.0

謎解きは爽快。
キャストも豪華。
でも、何かが物足りない?

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.0

人間はできることよりできないことの方が多い。
たくさんの人に助けてもらいながら、夢に向かって精一杯生きよう。

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.5

切ない気持ちは伝わってきたし、音楽も素敵でしたが、本の方が好きかな。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.4

本当に人間失格😅
でも、自分に正直に生きた人なのかなぁ。
キレイな映像に惹きつけられる。

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

4.6

人との関わりの中で、生き方が変わっていく。 誰かに憧れる。
やっぱりステキな話。

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.8

親の子供への想いを、子供は知らない。
でも、どんな親も子供へは特別な想いがある。
生きる希望になる。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.5

勢いのある映画で、スッキリ見ることができました。

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

4.1

単純に楽しかった♪
色々ハプニングがあるけど、それは結局良い結果をもたらし、最後はハッピーな人生に向かうところが、前向きになれました。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

4.2

本を読んで、最後すっごくビックリして、これをどうやって映像化するんだろうって楽しみに観て、あーそうきたかーとまたビックリ。
単純に楽しめました。
女はこわい。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.6

ピアノのキレイな音色が印象的。
まっすぐに真剣に打ち込めることで、人に喜んでもらえたら幸せですね。

>|