breakersさんの映画レビュー・感想・評価

breakers

breakers

  • List view
  • Grid view

ワイト島1970/輝かしきロックの残像(1995年製作の映画)

4.0

ジミ・ヘン関連のライブはこのワイト島やウッドストックのライブをロック初心者の頃聴きまくった記憶があります。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.0

渡辺謙っていつの間にか大河ドラマの独眼竜政宗役からハリウッド映画での日本人役に上手く方向転換したね。
一時は白血病で生死をさまよってたのが嘘のような働き。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.2

何か前作よりスケールダウンした内容。
ただ、キャットウーマンのアン・ハサウェイはミッシェル・ファイファー超えた!
眼福でした^^;

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.4

アメリカの9.11後の『バットマン』はやはりこうなるか!って内容で考えさせられました。

ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間(1970年製作の映画)

4.0

ロック初心者の私は好きなミュージシャン以外は早送りで観た記憶が。
ちょっと全編観るには忍耐がいりました^^;

免許がない!(1994年製作の映画)

2.8

昔の教習所通った経験者あるなら、この映画観て苦い経験思い出すのでは?
今だったらパワハラで訴えられるような態度の教官ばっかだった(笑)
今はマニュアルよりオートマで取る人多く教官も優しく教えるみたいだ
>>続きを読む

田園に死す(1974年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前年にホドロフスキーが監督した『ホーリー・マウンテン』のラストシーンでカメラがズームアウトして周りで撮影しているスタッフ達が映し出され、それまでの設定やストーリーを放棄して、「これは映画だ!」って第四>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

私の好きなエマ・ストーンとウィレム・デフォーが出ているので鑑賞。
『ラ・ラ・ランド』からだいぶ経つがエマ・ストーンの演技が初めから凄くて圧倒された。
内容に関しては多くの人に語り尽くされているので省く
>>続きを読む

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)

3.5

ミシェル・ファイファーのキャットウーマンが良かった記憶しかないです^^;

バットマン(1989年製作の映画)

3.5

映画の内容はあまり覚えて無いが、ジョーカー役のジャック・ニコルソンの演技が笑えました。
当時プリンスの『バットダンス』がヒットしてよく聴いてたのを思い出します。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何か地球の危機感の描写があまり伝わって来ず、また宇宙を舞台にした話なんだけど結局は家族の話になって、感動はするんだけどその分話のスケール感が矮小化してしまったような気がする。
何かハリウッドで予算かけ
>>続きを読む

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

4.5

フランキー堺の居残り佐平次面白くて良かった。
幻のラストシーンが実現して欲しかったです。

火口のふたり(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

キネ旬ベストテン1位なので気になって観てみましたが、世代では無く観た事無いが『日活ロマンポルノ』を観せられてるみたいだった。
当時のキネ旬の評論家達のレビューを読んでみたい。
この映画の何処が評価され
>>続きを読む

死国(1999年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

夏川結衣が綺麗だったのと、最後、栗山千明が筒井道隆の骨バキバキして殺して笑えた事しか覚えていない。お遍路で逆打ちって本当にあるらしいが、この映画みたいな現象は起きないみたいです(笑)

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.0

クリスマスになると思い出すお伽噺。ウィノナ・ライダーが金髪で可愛かった思い出が。
後に彼女が精神疾患で悩んでいるのを知るのだった。

いまを生きる(1989年製作の映画)

4.2

観た当時はまさか先生役のロビン・ウィリアムズが自殺するとは想像だにしなかったです。
映画の内容が内容だけに悲しかったの思い出します。

コマンドー(1985年製作の映画)

3.9

シュワちゃんとの最初の出逢い(笑)
確か「ターミネーター」より前に観た記憶があり、スタローンの「ランボー」と並び人気がありました。
ただ何も考えずにシュワちゃんの筋肉美や銃器やナイフを使った戦闘が観た
>>続きを読む

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

3.7

やはりノリユキ・パット・モリタの滅茶苦茶な空手指導が笑える。
また主人公の彼女役のエリザベス・シューが可愛い。
彼女は80年代のヒット作のヒロイン役によく出ていました。

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

3.5

やはり昔の「ベスト・キッド」の方が空手だし燃えるな。
ジャッキー・チェンよりノリユキ・パット・モリタの演技の方が好き。
ラルフ・マッチオの方が頼り無さげで良かった。
後に「コブラ会」が作られたりして昔
>>続きを読む

ザ・フライ2/二世誕生(1988年製作の映画)

2.6

「BTTF」に本来主演する筈だったエリック・ストルツ主演によるホラー映画の続編。
完全に蛇足で1作目の足元にも及ばない駄作。

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.0

先に大林宣彦の実写映画を観ていましたが楽しめました。

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オオカミ男が突然死因不明でストーリーから強制退場。
母親と子供のストーリーにしたいのはわかるが私にはちょっとご都合主義のストーリーに見えて誰にも感情移入出来ずあまり楽しめなかったです。

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

名作。
ただ、何故主人公はジャックでは無くて強制的に結婚させられた男のプレゼントの宝石のペンダントを歳寄りになる迄持ち続けたのかが引っ掛かりました。

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

昔観て内容あまり覚えていませんが、侵略してくる宇宙人の巨大UFOにハッキングしたり?大統領が自ら戦闘機乗って活躍したりと、いかにも9.11前の強いアメリカ万歳映画のテンプレだったなと時代を感じさせる映>>続きを読む

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

3.7

眠るとフレディがやって来て殺されるって絶対逃げられない設定が上手いと思いました。
後に「エルム街」って実在する街だと知ってびっくり!

ヘル・レイザー(1987年製作の映画)

4.2

ピンヘッドのデザインが秀逸。
パズルボックスを組み立てて魔道士が出てくる所も面白い。
エログロ耐性無い人には観るの向いて無いかもしれません。
この頃のホラー&スプラッター映画の中では好きな映画でした。

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

3.3

自由の女神をスライムで動かすって滅茶苦茶過ぎます。

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.5

主題歌とマシュマロマンの可愛さしか印象に残っていないです。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

すずさん=のん、それ程のんの声が合っていた。
声優が決まった時点でこの映画の成功は約束された様なものだった。

ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版(1989年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映画監督として成功したトトと同級生と知らぬ間に結婚したエレナが再会するシーンは何かオジサンの悲哀もあり日本の昼ドラ観ているみたいで何とも言えない感情に襲われました。
それ以外では、カットされたシーン(
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

トトの幼少期のサルヴァトーレ・カシオが可愛い
アルフレードとトトの交流がある時は父子であり親友であり師匠と弟子であり微笑ましかったり感動させられたりした。
年老いた母親が「毎回電話に出る女性は貴方の事
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1998年製作の映画)

4.3

ジュゼッペ・トルナトーレによる切ない御伽噺。
エンリオ・モリコーネの音楽がたまらない。
多分彼の音楽じゃなかったら此処まで好きにならなかっただろう。
ニューシネマパラダイスより好き嫌い別れそうな内容だ
>>続きを読む

巨神兵東京に現わる(2012年製作の映画)

2.5

ナレーションの林原めぐみの語りが怖かった。
後、キャンキャン吠えてるミニチュアのワンコが可愛かった。
見せ場はやはり巨神兵のプロトンビーム!
以上そこだけ良かったです。

CUTIE HONEY キューティーハニー(2003年製作の映画)

2.8

庵野監督の実写映画は「ラブ&ポップ」「式日」が撮られ「エヴァ」「彼氏彼女の事情」で描かれた10代の少年少女の心の問題をテーマに描きそれが大なり小なり成功していて好きだったが、今作は漫画の実写化作品。>>続きを読む