じょんさんの映画レビュー・感想・評価

じょん

じょん

映画(89)
ドラマ(1)
アニメ(0)

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.8

今まで見た事がなかったのでようやく。in飛行機の中
閉鎖されたチョコレート工場に抽選で当たった子供が見学に行き次々とトラブルに見舞われる話。主人公以外気に食わないようにつくられている。というのも、傲慢
>>続きを読む

名探偵コナン vs. 怪盗キッド(2024年製作の映画)

2.7

コナンを知らない人からしたらいいのかな〜って感じだけどオタク向けじゃない。復習のために有名ストーリーをなぞる展開。
もっとコナンとキッドの絡みはあるしカットしながら話繋げられなかったのかなって感じだけ
>>続きを読む

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

4.4

初見勢が見てもおもろい、オススメ。
ギャグと感動が詰まってることで人気のスパイファミリーやけど作画も神、内容も良し、話がわかりやすい。
アニメほぼ未視聴で挑んだけど全然いけた、冬にオススメ
戦闘シーン
>>続きを読む

セデック・バレ 第二部 虹の橋(2011年製作の映画)

3.4

霧社事件をもっとしっかり学んでからもう一度みたい。かなり細かい部分まで作られているしそりゃお金を借りるわけだ。でもヒットしたからすごいよね。
集団自殺や戦闘や最後の〆までもしっかり情報を視覚で伝えてく
>>続きを読む

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター(2022年製作の映画)

3.8

台湾でIMAX4Dで鑑賞。前作をガチで忘れて鑑賞だったのでストーリーが掴めずにいたがアバターくらいのストーリーなら複雑では無いので途中繋ぎ合わせながら何となく理解。映像、、、ガチで綺麗すぎてやばかった>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.4

これが1993年。マジか。恐竜映画と言えば誰しもが名前をあげるであろう本作。その第1作目。
シリーズを一気見しようとおもい見始めた。曲の高揚感に煽られながらカートに乗りツアーに参加。そこで予想外のトラ
>>続きを読む

七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編(2022年製作の映画)

3.2

そんなに言うほど3D嫌いじゃなかったけどなあ…七つの大罪久しく見てないからかな…?違和感なく視聴
目次録全然読んでないけど分からなくても楽しめるしバトルも多いしよく動くしいいと思う
個人的にかつてのキ
>>続きを読む

七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 後編(2023年製作の映画)

3.4

ジェリコがめっちゃ美人になってた。ディアンヌがミニマムタブレット無くなった色々な理由…😅
大罪強すぎてトリスタン達霞んじゃうけどまあ子供やししゃーない

七つの大罪 光に呪われし者たち(2021年製作の映画)

3.2

七つの大罪、こんなギャグ多かったっけ…少ないイメージは無いけど…
メリオダスとゼルドリスの熱~い兄弟ストーリー。いいね
今回は大罪チームの活躍少なめだけど皆それぞれの日常がある事もわかるし聖戦終わった
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.9

高校生の頃に見た。当時は映画館で寝てしまったけれどいつかの金曜ロードショーで再度鑑賞。
個人的印象シーンはヘリが破壊されるところと在来線爆弾?だったかな、あの爆弾のワクワク感は好き
当時ゴジラのぬいぐ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

インターネットの世界へ。実際はこんな感じなんだろなと思いつつディズニー風に仕上げていてなんか素敵な感じ
プリンセス集合シーンは稀に見る奇跡ショットなのでは…?新生プリンセス誕生でしょ、プリンセスと呼べ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.7

コメントしてなかったので。
ゲームシリーズに迷い込む本作は少々物知りな人には楽しめる作品である。いつもやられ役のラルフとゲームのバグ的な扱いだったヴァネロペか意気投合しゲームの内部の常識を壊していく話
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊vsPLA特殊部隊(2015年製作の映画)

2.4

まあ…中国が頑張って作ろうとしたMARVEL作品って感じ…?
アクションはほかの映画に比べたら抑え目(というかカメラアングルも切り替わりすぎて…FPSになったりTPSになったり)迫力も伝わりにくいとこ
>>続きを読む

セデック・バレ 第一部 太陽旗(2011年製作の映画)

3.7

霧社事件の教材としてはかなり馴染みやすいのでは?
映画の描写ではあるが抗日する台湾原住民がみられる。舞台も力が入っており歴史を学ぶ上で退屈にさせない教材になると思う。戦闘シーンは多め。
それにしても日
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

3.3

ジャック・ニコルソンのこのジョーカー好きだ。
それにバットモービルもマジで街では知ってるようなリアル感が好き。hold on!に痺れる

ターミナル(2004年製作の映画)

3.8

英語が話せない異国の人がある日想像もしたことが無い空港生活が始まる…ストーリーを聞くだけでも面白い。
この作品は"英語が話せない"所から始まる。その国に1人、通訳なし、誰が耐えられるだろうか?
しかし
>>続きを読む

海角七号/君想う、国境の南(2008年製作の映画)

3.4

『恒春』春が永遠と続く土地という意味で付けられた場所。春がずっと続くように一年中暖かい(暑い)土地で恋もずっと続けばよかった…のだが…
過去と現在のふたつのカップルによって交差していく物語。戦争によっ
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ(2022年製作の映画)

3.9

前作に続いて鑑賞。話のスケールも広がりなんと今回はドリカム参戦!熱い!
エッグマンはキノコの惑星にいつの間にか慣れてるし(味覚も)ナックルズは相変わらず脳筋だしソニックアドベンチャー3みたいな感じにな
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

4.1

公開前のデザイン批判から一変、全てを塗り替えて大ヒットした本作。
0歳でドリームキャストに触れソニックアドベンチャー2と共に成長してきた自分にとってソニックは一番最初の"友達"だった。
今回は舞台がサ
>>続きを読む

金門島にかける橋(1962年製作の映画)

3.3

知り合いの國立政治大學の先生がこの映画研究をしていたので気になって鑑賞。
実は日本版と台湾版ではシーンの挿入やエンディングが違うなど日本版とは異なっておりそちらも是非見たいところ。
蒋介石が日本版を見
>>続きを読む

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年製作の映画)

2.9

前回の続き。大学生になりました。
単純シンプルだけど後半のバトルシーンは見る価値あり。楽しい

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

色々なメタファーがある。貧困と富裕。
絶対埋められない溝がある。一度知ってしまうともう貧しかった頃には戻れなくなる。こらはお金に限らず何でもそうで我々が大人になるにつれて純粋無垢である子供にはもう戻れ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

宗教×グロのただ不快になるだけの作品かと思いきや色々意味がこもっている作品。特に人間の底らしさを体現していてよかった。一般の常識で測れないことを理解しようとする彼氏vs主人公ではあったけど…段々とね…>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.2

ツッコミしながら笑える映画
原作も面白いんだよなあ、若干ダレる前に見終えました、感情移入しながらみたら最高におもろい

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.7

テネットは1周目じゃ理解が難しいので一回見たすぐ後に解説サイトなどで理解してからもう一度鑑賞するのがオススメ
ぶっちゃけみたあとなら解説みればすぐ分かるのでそれだけでも感傷に浸れるかも
まさしく鑑賞側
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.6

何回も見直すことで理解が深まっていく映画。最初から理解しようとするとクソつまらなくて情報量の海に流されてしまう。そしてようやく繋がる頃には最後の40分くらいから全てが繋がって面白くなる。しかし結末や暴>>続きを読む

名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)(2013年製作の映画)

2.9

名刺…笑
まあ海上自衛隊全面協力なわけあって船体や行動など細かな描写が素敵
Xがサッカーボールで飛んでくの笑った

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年製作の映画)

3.3

10周年ということもあって本当に色んなキャラが活躍する…が哀ちゃんの扱いがどうも…
犯人も謎すぎるし同情する価値もない、普通に不快になってしまうし理由が理解できない
終わり方は???だけどまあキッドも
>>続きを読む

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

3.8

キミがいれば迷宮ver.好きなんだよな〜
新一に戻るのも熱いし。ちゃんとロケ地があるので聖地巡礼も出来るのでセカンドもしっかり楽しめる

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)(1998年製作の映画)

3.8

個人的に好き。やっぱり最後。
とにかくミステリアス。「推理のコナン」がある。動機も理解できるしアクションも派手。最後の拳銃のシーンが大好き。小五郎の最後のセリフも痺れるし白鳥の声優さんスゲーってなると
>>続きを読む

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)(2004年製作の映画)

3.2

どうしてキッド回はここから謎路線へ向かい始めたのか…
超次元すぎる色々な要素。カオス。
飛行機の中で推理とかもろもろ行われるせいで映ないため迫力さにはかける。アクションじゃなく推理系…かと思ったら最後
>>続きを読む

名探偵コナン 業火の向日葵(2015年製作の映画)

3.0

コナン映画で最も叩かれがちな向日葵。
犯人がよく分からなさすぎて不完全燃焼感とタダのアクション。
まあ別にいいけど今回はキッドを落としすぎて拾えてない感が…実はキッドじゃ無かったですよって言葉だけだと
>>続きを読む

名探偵コナン 紺碧の棺(2007年製作の映画)

3.4

灰原を相棒として確認する回。今回のスポットは蘭と園子なのでまた違った角度。
オープニングの紹介もいつもと違ったスタイルで色々な取り組みがされている。

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

4.0

初心者〜ヲタクまでしっかり楽しめる作品。個人的に数多くのマリオゲームから色んな要素を抜粋してそのモデルがちゃんと伝わっている点がかなり見せ方がよくうまい。簡単に言えばマリオカートやドンキーコングなど。>>続きを読む

好きと言えなくて(1996年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ふと思い出したのでレビュー。三角関係から自身が変わることで結ばれるハッピーエンド。王道だけどちゃんともどかしさやラブロマンスも含まれて下手に凝らないので楽しい。
squeezeのthis roadは本
>>続きを読む

大学での出来事(2020年製作の映画)

3.7

この映画は実際の映像ではなくそのような雰囲気にするのがとても上手い。短編なのでサクッとみれるし終わったあとの満足感、そして恐怖感もめちゃくちゃいい。コストもかかって無さそうなのに工夫次第でここまでもっ>>続きを読む

>|