jujujuさんの映画レビュー・感想・評価

jujuju

jujuju

ホラー好き熟女(笑)髭を生やした息子がオススメホラーをレンタルしてくれます…こんな時がくるなんて(笑)涙もろいので、感動がメインのは観ないようにしてます。だけど、意外性のある感動物は大歓迎!
毎朝5時、朝食支度前に熟睡中の主人の横で「消音」「イヤホン」で観てます(笑)

映画(187)
ドラマ(1)

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

5.0

ガイピアースの頭ど真ん中剃り込みが、R指定では?さすがに日本のヤンキーでも、この剃り込みはしなかったよね?「LAコン…」の新米メガネ男子の時は、ドキドキしたんだけど…。この映画では、頭も言動も直視でき>>続きを読む

バーティカル・リミット(2000年製作の映画)

2.0

クリスオドネル、NCIS:LAのクールさはなく、終始爽やかな兄さんでビックリ。CGが粗いのは仕方ないとしても、鷹や父上の死まで、そんなに粗くしなくても…と。突っ込み所が多過ぎて(一目で妻と判る、祈るポ>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

助手席で居眠りできたのが、私も主人と付き合って初めてだったのを思い出しました。究極の安心感。几帳面で物を大切にする所も主人と似てた(°Д°)大雑把な私を非難しない所も(笑)
さすがに遣り手の女経営者も
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

4.6

終盤、駅のホームでのシーンは、結末を知りたくて早送りしたくなる気持ちを、阻止するのがやっとなくらいハラハラした(-ω-;)
「チャーリー」…最高で最悪の恋人なのかな…と。
ショーン・ペンも最高でした…
>>続きを読む

バルタザールどこへ行く(1964年製作の映画)

2.1

実家が畜産業だったので、嫁ぐまで子牛専門でお世話していた私、狂気を覚える程の怒りが。運搬車に積み込む時の抗う牛の声と、バルタザールの声が同じで、思わず当時を思い出しました( ω-、)これを芸術作品とし>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.6

レオ様が演じたような身内がいました。なので、レオ様の迫真の演技につい、姿を重ねて切なくなりました。身内の理解範囲を越える行動、グレイプ家族のように優しさで包み込む事は、至難の技だったし、施設入所がお互>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

4.3

初めから終わりまで不思議でした。少年がガッチャマンを歌うシーンは、緒形拳主演「鬼畜」を思い出し、現在との境界の所ではスティーブンキングの米ドラマ「アンダーザ ドーム」を思い出しました。
他人の噂や家族
>>続きを読む

ロスト・イン・マンハッタン(2014年製作の映画)

1.6

職業上、生保受給者さんと接しますが、困窮されてると一目瞭然。ですが、リチャードギアには、そこまでは演じきれなかったと一目瞭然。ゴミ箱漁りも小道具感が否めないです…

トラック野郎 度胸一番星(1977年製作の映画)

5.0

主人の趣味に付き合い過去観賞。しかしながら、豪華出演人に加え、下ネタジョークが炸裂(笑)あき竹城さんの婦人警官も笑えます😁菅原文太さん、由利徹さん同郷なので、親しみがありますね!

アリスのままで(2014年製作の映画)

5.0

先天性の病気を患った、アリスと同じ年の友人を昨年看取った。会社を結婚退職(バブルの造語?)後に発症し、5年前から寝たきりだった。脳の病気なので、だんだん記憶もなくなって…でも私が行くと○○ちゃん!と言>>続きを読む

ブラジルから来た少年(1978年製作の映画)

2.0

遺伝子がそうさせるのか?やっぱり冷血。ドーベルマンを飼う、青い目の少年には用心しよう!

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

1.1

這う人、白眼、どこかで見たような?どの土地にも曰く付きだろうし、過去を探ったら、キリがないような…でも汚物槽からの徘徊は、身の毛がよだつわ~Σ(・∀・|||)

つぐない(2007年製作の映画)

2.5

作家志望の少女は、ある意味虚言癖の紙一重なのか…。作家志望なのに、男女のイチャイチャ行為を文章材料と思えず、嫌悪を感じるなんて、作家としては致命傷のような?一生無垢だったらしいので、彼女と関わってしま>>続きを読む

アトラクション -制圧-(2017年製作の映画)

2.4

親子喧嘩と移り気な女子の三角関係映画?わざわざSFにしなくても(笑)…友達に部屋を借りてまでイチャイチャしたあげく、死んでしまったから復讐するとか…彼氏とか…パパさんコケにされたり…強引過ぎるΣ(・ω>>続きを読む

野火(1959年製作の映画)

-

スコア点けるのがおこがましいような…白黒だからか超リアル感。一般的な兵役経験談と言っても、ダークな部分は闇の中。祖父や大叔父達の経験談は映画よりもアンビリバボだった。最悪の精神状態の帰還兵で溢れていた>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

3.6

30キロ以上離れた自衛隊の演習場から「ドーン」と地響きを感じる音が時々聞こえます。
本当に実戦にならないのか?この映画を観て、益々絶対の平和はないような気さえした。

セル(2015年製作の映画)

1.4

全て夢だったなら、矛盾も何も気にしないんですけどw
パルス音は日本のホラーでもよく使われるヤツですね。よく真似して、子供に引かれてました(笑)

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

1.7

心が狭い私…女房子供に愛想つかされて、何故すぐにほかの女に手を出して、孕ませる?少し落ち着いて統率してよ!と思いました。後々子孫も裁判沙汰ですよ!

殺したい女(1986年製作の映画)

3.4

アメリカ的コメディの王道。ワンちゃん達も面白くて可愛い♥️シルクのタキシードを噛んで走り回ったり(笑)安心して笑えます!

RED/レッド(2010年製作の映画)

1.0

評価高めのようなので、頑張って観ようとしましたがギブ。ツルツルブルースのアクションがやっぱり苦手。

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.3

ぶっ飛んでる感じが身内の行動を見ているようで、懐かしくもあり、切なかった。家族の寛容さが半端ないです!尊敬します。ロバート・デ・ニーロの験担ぎばかり気にする感じも笑えた。この映画にもっと早く出会えてた>>続きを読む

16歳の合衆国(2002年製作の映画)

1.4

障害のある身内がいるので…最後まで共感どころか、沸々と怒りが!皆、必死で一生懸命生きてます。健常者の勝手な解釈で、かわいそうと思う事の方が残酷だと気付かないのかな?間違った同情感を持った、監督のような>>続きを読む

ジェシー・ジェームズの暗殺(2007年製作の映画)

4.0

憧憬の念が強すぎ、殺害へ。殺意を察しながらも動じないブラピが渋い。ケイシーの声が本当に苦手なんですが(「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の時もギリギリ我慢できた)、卑怯者にはピッタリですね。
※字幕間違い?
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.5

目を背けたくなるのは、これが戦争って言う事なのでしょう。
弱者を痛めつける、容赦ない内容でした。心が痛くなりました…

M★A★S★H マッシュ(1970年製作の映画)

1.6

アメリカンジョーク好きなんですが、これは何故かハマらない…。わざとらしい日本語の歌のせいかな?芸者を「歌舞伎役者」の字幕には笑えた。

サイン(2002年製作の映画)

1.3

私は宇宙人はいると思うので、すぐに宇宙人の仕業だとわかっちゃいました!

ボーン・コレクター(1999年製作の映画)

1.7

デンゼルワシントンの寝たきりって、必要なの?時々の気絶の演技が痛々しい…猟奇的なのを期待したのが間違いでした。

傭兵奪還(2014年製作の映画)

2.5

再観賞は絶対ない(笑)普通の女子社員なのに、簡単に機密データ拾っちゃいます。傭兵パパも容易に傭兵の任務放棄しちゃいます(笑)

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.0

身体に障害のある方々と接する機会もある職業なので、アルパチーノの演技が凄いな…と。フェラーリのシーンは演技とわかってても、ハラハラしました。香りに敏感なのは、視覚を失ったことにより…という設定でしょう>>続きを読む

ふたりの男とひとりの女(2000年製作の映画)

4.8

お下劣だけど、笑っちゃうよね~レニー、スマートなお姿を初めて拝見!ブリジットになるまでの努力に感服です✨
インテリ兄弟は、最高に愛しい息子達ですね。

ベニスに死す(1971年製作の映画)

1.5

何故におじ様が美少年に興味を持ってしまったのか?原作はわからないけど、そこまで美を追求する感じには見えなかったけど。コレラが流行ってんのにどうしてどうして?若作りとは白塗りなのかな?ラストは、白塗りの>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.7

衝撃作という事でネタバレ網羅してから観賞。聖書ホラー?人間の身勝手さが存分に出てて、不快感はなく面白かった。赤ちゃんのカニバリズムは、大人が子供を所有物にして蝕んでる揶揄という事?ジェニファーが素敵。>>続きを読む

スターリングラード(2000年製作の映画)

3.0

子を持つ母には辛すぎました。
何故サーシャがスパイをするのか?
何故敵国の靴磨きをしなければならないのか。
何故スナイパーに憧れたのか。
全ては戦争のせい。
紐に括られた彼がふらつく度、とても辛かった
>>続きを読む

LOOP/ループ -時に囚われた男-(2016年製作の映画)

3.9

イケメンで、しかも美男美女カップルだから、何度ループしても嫌じゃなかった(笑)クズ雄が人並みになれるか、試されてるような感じ。

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

2.1

ケヴィンコスナーの悪役に違和感あり(笑)非道な形相なのに、純真な子供を無理矢理近づかせる所が残念な…最後まで入り込めずに流し観。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

5.0

「ドライヴ」のゴズリング様のファンだったので、ベタベタのラブストーリーってどうかなって思ったけど、かなり良かった‼️私生活でも当時お付き合いしてたようなので、本気の抱擁?かなりHOTでしたね♥️
あと
>>続きを読む

>|