taaaaakiさんの映画レビュー・感想・評価

taaaaaki

taaaaaki

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

-

SNSがあまり普及していない時代でハーバード大学の2年生がfacebookを開発していくアメリカ伝記ドラマ。

演出が素晴らしかった。
具体的には、端にfacebookがどうなったのか描くだけでなく、
>>続きを読む

ライラの冒険 黄金の羅針盤(2007年製作の映画)

-

フィリップ・フルマンのライラの冒険の小説を映画化した3部作の1部目の物語。

ペアと言われる自分と魂で繋がっている動物と生きる世界で真実の羅針盤を読むことができる少女が親友を誘拐され、助けに行くアクシ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

-

殺人があったとされるホテルで家族を持つ父が殺人鬼となり、家族を襲うホラーストーリー。

ヒッチコックのサイコとはまた違う演出だった。主にカットバックを用いた演出が多く、異世界と現実世界どちらかわからな
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

-

1960年代後半のベトナム戦争でアメリカ人兵士の男が軍隊を裏切ったとされている男を暗殺するように命じられる戦争ドラマ。

この映画で感じたことは、裏切った男が誰もが経験することのない恐怖を味わったこと
>>続きを読む

つぐない(2007年製作の映画)

-

医者から死を宣告されたイギリスの作家である女性が1930年代のイギリスの上級階流であった自分の過去の真実を処女作である小説で語るラブストーリー。

5分以上のワンカットシーンが美しい。
浜に着き、その
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

-

ロンドンで毎日仕事に追われ、忙しい日々を送る傍で、家族を持つクリストファー・ロビンが子供の頃に遊んでいた人形たちと共に大人になっていくヒューマンストーリー。

この映画でまず印象的なのがビジュアルの良
>>続きを読む

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

-

ブラッシュバックの使い方がカサブランカや普通の人々よりもインパクトが残る使われ方だった。

>|