わさんの映画レビュー・感想・評価

わ

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

-

お掃除映画ならいいけど、全然悲しすぎて無理キャッチコピーまじ、?ムショで新生活気分のたぶっちゃんのが好き、くさくさ泣きたくない役どころ、、としては今らしい共感系だからこそやっぱもっと突き抜けた描かれ方>>続きを読む

鬼龍院花子の生涯(1982年製作の映画)

-

強姦されかけた養父を見つめる瞳ではなくて怖すぎた

ポトフ 美食家と料理人(2023年製作の映画)

4.0

まわるはちみつ時間、嘘音、幸福とはすでに持っているものを求め続けること、アウグスティヌス

枯れ葉(2023年製作の映画)

-

それでも私自身の、日常は続く。日常に奇跡を起こすことこそが。
ただ,ギャグが控えめ

風花 kaza-hana(2000年製作の映画)

5.0

早く,暖かいところへお帰りよ。
走行音がフェードアウトする。音も何もかもがよすぎる。
主役同士が抱き合うことでこんなにグッとくることあったろうか?酒井敏也ありがとう。

霧の中の風景(1988年製作の映画)

-

池澤夏樹いてうけた、
寒くて濡れている店内でサンドイッチを、
記憶のアンゲロプロスよりストーリーラインが強かった(子供のために。おとぎ話を。奇跡を提示する話を。偉大な詩はそれだけで奇跡だ。)
小説より
>>続きを読む

アニエスの浜辺(2008年製作の映画)

-

ゔぁるだはかわいい
感動は映像と混じり合い映像は残る
けど私は忘れる

息子のまなざし(2002年製作の映画)

-

約束と赦し。時間を超越せんとする行為。観客に、いたずらに連想させないことでむしろ緊張を保つ。

いまのテンションに合わず

月曜日に乾杯!(2002年製作の映画)

-

エル・スピリト、平日は居ない
全てのコメディは悲しく、楽しい
女の子たちの脚!脚!脚

お引越し(1993年製作の映画)

-

田畑智子の声がめちゃくちゃよかった
幸せになる方法考えててくれてた
お父さん、うちのこと好きか?
家屋グルグル続き
入山

アンビリーバブル・トゥルース(1989年製作の映画)

-

音楽よすぎコクトーツインズ系。役者は感情的な演技で、静寂をぶち壊したい。
緊張感とこの雰囲気真空パック。エモすぎる、音がきこえる

第七の封印(1956年製作の映画)

-

己を信じられぬものが神を信じられようか?
愛なんかのために死ぬのは愚か者だけだ。

わかっていながら、団欒の場面、マックスフォンシドーがひととき、己が心中を表明するところに感動を禁じ得ない、、

鳥の
>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

-

いいラスト。相米慎二や青山真治を思い出す

ボーナス

あえて硬い言葉でスクリプトを作り、訳す。「いずこへ行く?」「どこ行く?」この耳ざわりの違い。不自然なノリをつくる。

リアリストはコンテナの中の
>>続きを読む

HANA-BI(1997年製作の映画)

-

・取り調べを受けるだけの津田寛治を愛好
・つつじ(湿)
・森下能幸ってずっとこんな感じ
・若い白竜は良いじゃがいもみたい
・岸本加世子の目と結んだ口
・スーラ
・劇伴久石ベスト(湿)

乾きすぎ、その
>>続きを読む

ここに幸あり(2006年製作の映画)

5.0

最高。イオセリアーニの夜にはいつもハッとさせられる。宴の過ぎる時間をうつわが空になっていくことで表現するところ、泣きそうになる。
コミカルな雰囲気と裏腹にシビアな不法占拠の問題だったり、本当に色々な気
>>続きを読む

あ、春(1998年製作の映画)

-

強い子役、ねこ始まり、腹上生
斉藤由貴のンーゥ!いいなー

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

-

かっこいい映画だー。ストレート社会派。全然余命あるおっさんがラスベガスで放蕩の限りを尽くす映画ではなかった

劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜(2011年製作の映画)

-

脳が小さいから気持ちがないなんてことないおなかで感じてる→ベスト意見(腸活じゃなくて、、、)
めちゃくちゃサヨナラノツバサ待った、、TVシリーズより断然面白い。歌アニメだからぜんぜんギュウギュウでいい
>>続きを読む

エドワード・ヤンの恋愛時代 4K レストア版(1994年製作の映画)

-

自分はこれみててもなにも楽しくないけどチチとモーリーのたばことか朝とかはやっぱりなみだにじむほどぐっとくる

ダージリン急行(2007年製作の映画)

-

ダージリン急行
ウェスベストって言ってたの誰だっけ?私も1番筋が好き

そばかす(2022年製作の映画)

-

カムアウトに「1人でも寂しくないし」まで含めたのなんだったんだろ、?
他人主体すぎてしんどい。現実は自分が体験していて、自分で好きなようにつくっていけると信じてるし、いま欲しいのはあるあるとか共感とか
>>続きを読む

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

-

枯れきらない三浦友和の使い方上手い、帽子かぶせるやり取りですごいはまっててよかった。
ゆれ動きや葛藤や全部目に、口以上にものを言わせてた、三宅唱やっぱりすごいなー。なんかわかんないけどどんなシーンもず
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

5.0

チューさせて殺すのずるいだろ!審判!あちいのと悲しいのとかがまざってだめだろ、普段から犬のまねしてるはず

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

-

思ってたのと違って結構衝撃だったけど、そういう系なら思ってた方で良くね?ってなった

ひみつの花園(1997年製作の映画)

-

一喜一憂なしにすべて叶ってくの、いいんだけど面白くはなかった。リジューゴーはエモかった

アメリカの影(1959年製作の映画)

-

スタイルはあるんだけど、素人よりジーナが観たい。

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

-

こんなに結末がどうでもいい映画はなかなかない、、恋人がかなり師でよかった、会得してるはず

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

-

アメリカンニューシネマにもこういう大味すぎないユーモアあったのかー。でもラストはちゃんとそれでよかった。まわり道っぽい。なでつけたあとも後ろはねててコナンくん

ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ(2022年製作の映画)

5.0

キュアロンからダークになって最高だけど、1,2作目のクリスのchildishなムードがみんなを育てたし、役者に垣間見ていた人柄は合点がいってよすぎる、黙して語る目、引き攣るような笑い方、あの人この人た>>続きを読む

>|