aoruさんの映画レビュー・感想・評価

aoru

aoru

映画(119)
ドラマ(3)

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.2

ラスト30分がミソなのと、
ザックエフロンの声が良き。

エミリーラタコウスキーがセクシーの極み。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.5

ロビンはひたすら愉快なビッチぽちゃと思ってたら、実はいいやつだったしちゃんとアリスのことを分かっていたのが良かった。
こんな毎日だったら忙しいぜ。

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.5

20年くらいマニトーだと思っていたが
今回クワトーだったと判明。

改めて、キャラ設定がよくできた映画だと思った。

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.5

全力叩き上げ物語。
ホークアイも目を見張る速さでじゃんじゃん飛ばしてたところが爽快!

でも物語の進捗がトントンすぎてついてけなかったし、男の嫉妬からの復讐ループみたいなのめんどい。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4

体感は2時間。

ひたすらヤクに付き纏われてたけど、結局は付き合う人間関係による。
ユアンマクレガーの坊主がカッコよい👨‍🦲

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.8

序盤、サングラス外すクリヘム登場シーンがナチュラルにドヤ顔決めてくるところが好きです。

映画館で観たい迫力100点。

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

皮膚がもう、しっわしわ。

常に家族愛があるところが好きだな。

7月22日(2018年製作の映画)

3.7

事件後の裁判を中心に、被害者や弁護士の葛藤に焦点が当てられた作品だった。
冒頭からやばそうな雰囲気しかなくて観てるだけなのに苦しかった、、。
家族や友達が殺され、被害者も苦しめられ続けている最中、のう
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

先月、今年のボストンマラソンが中止となったニュースをきっかけにやっとこさ見た。

実話系で毎回思うけど、エンドロールで関与した人の顔と名前を晒す決意に拍手。

マークウォールバーグはボストン出身とのこ
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

3.7

ホラン千秋似のロクサーヌがひたすらモテ子。

選曲がよかったし、最後のどんでん返しはかっこよかった!

ダム・キーパー(2013年製作の映画)

4.0

18分そこそこで感動して泣けた。

シンプルゆえに、柄本さんの深い声が染みてきました。

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

3.6

全てが美しい映画よ、、。
どこのお宅も素敵な調度品の数々。
そしてブラピが綺麗すぎるし、ロバートレッドフォードは繊細な方だなと気付かされた。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.4

答え.怪物

本当にあった怖い話だったわ、もはや。
ヒミツ〜とか言ってる場合ではない。

業界の常識を覆したマクドナルド兄弟こそが、本物の革命家であったことは間違いない。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.3

ラッパーファミリーの財の成しえ方がえげつなかった。
評価良いけど好きな感じではなかった(*_*)

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

3.6

パラマウントピクチャーズ感。

山の美しさと脅威を、エクストリームスポーツで体感するドキュメント。
クラシック×エクストリーム=かなりシュールになることが判明。

語りべはウィレムデフォー。
あくまで
>>続きを読む

アメリカ・ワイルド(2016年製作の映画)

3.9

ロバートレッドフォードがナレーションなので観たら、予想外に良かった!!
いつか行きたい、、妄想旅行をありがとう。
アメリカ国立公園のお話です。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.3

途中で眠くなってしまった。。
俳優陣が豪華なのに、、なぁ。

社会秩序が崩壊して、人様の家に物取りに来たりワクチン出来たのに偽物で取り引きする辺りウザかった。
現実ではこんな二の舞にだけはならないで欲
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

4.0

これが現実!!笑
そして仲の良い職場だわ。

かなりリアルだったから、観終わったあと
友達の長めな話を聞き終わったあとみたくなった。

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.8

こちらも二回目。

毎回ロケ地が魅力的であるが、今作はイタリア、メキシコ、コロンビア、チリ、パナマ、オーストラリアと、国をまたぐ撮影で100ヶ所のセットを用意するといった相当な苦労をされた模様。
やは
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.5

マイケルBJがかっこよすぎてパンフ購入。
好きなタイプの作品だった。
人種差別の根強い社会、、本当怖い、、。生きる希望も持てない。
原作も図書館で借りたことだし、今月は黒い司法を題材にアメリカでの黒人
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.7

二回目。

ダニエルクレイグがボンド役に選ばれたのは必然だった。
ボンド役はみんな批判されるとのことだが、
とにかくシリーズをやりきり、既存のイメージを刷新したことはすごいことなのだと再認識した(特典
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.6

女性陣の顔面偏差値が異常に高い作品。

カズ・ヒロ氏のヘアメイク凄いな〜 
え、シャーリーズセロン久しぶりに見たら整形したんか?と思ったくらい。

話の内容は、、人物名が多くて少々混乱したので、これか
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.3

ドルビーアトモスver.

濃くて長い一日、、
そして静かに狙われる、、。

カメラワークの巧技により、よりリアルに伝わる
ある意味体験型の映画だった。凄すぎた。

普通の生活が送れて本当、幸せだわさ
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.3

まさかジュマンジの彼とは!

父とピーターがかわいそう、、。
謎のエンディング後はどういうライフスタイルを送るのだろうか、。いや天に召されたのか?どゆこと?

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.3

現代社会において、アーチェリーで人々の命を救った特例。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

表現しきれない、何やら
すごいものを観た!!というのが率直な感想。
韓国映画を初めて映画館で観た。

しかし思ったほど圧倒されなかったかな。
最近観た映画では、ジョジョラビットが頂点に鎮座しているので
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

3.6

Filmarks 試写会にて

岩手の四季折々の美しい風景が終始映し出され、シンプルに癒された〜🌱
長かったけど、こうゆう気持ちの繊細さを映像で示そうってなったらこの尺は必要だなと納得した。

綾野剛
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

たとえ戦下でも、愛ある行動によって
生きる源になることを示した傑作!!
小四男児をなめてたわ、、
彼はきっと素敵な大人になることでしょう。。

最後のリルケの詩ですべてを総括したエンディングが、希望を
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

冒頭部分はウトウトしてしまったが、、
黒髪の女性が、金狂いの社長の部屋にいるシーンから目が冴えてきた👁✨

みんな自己主張の激しくて落ち着けと思った、、。
最後「また来年会えるだろう」ってゆうフレーズ
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.8

死と隣り合わせで
ケンカだけはゴメンだね、、。
是非とも穏便に過ごしたい。

冒頭でワンコ投げ出された瞬間に
後方から
あっ、、😱って声がしてきて激しく共感した。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.2

サム&キャシーに泣かされたと言っても過言ではない。
キャシーベイツは今までミザリーのイメージが強すぎてたけど、完全に払拭されました。
最後まで母が一番の理解者であった点が良かった


根拠のない発言
>>続きを読む

コンプリシティ/優しい共犯(2018年製作の映画)

3.6

● Filmarks 試写会にて鑑賞

日本の夏の緑豊かで爽やかな田園風景と、
中国の曇りきった、冷たい雰囲気の対比が
明快で、主人公の心境に沿っていたように思えて良かった。
フィルターを通さず、人と
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.8

初めて観たにも関わらず、まさかの号泣!!
そして笑った。
寅さんの台詞がしみる〜
心にめちゃくちゃ染み込んで
浄化されて
これで素敵な年を迎えられます。笑
こんな温かい気持ちになれる映画は久しぶり、、
>>続きを読む

>|