冴子さんの映画レビュー・感想・評価

冴子

冴子

映画(89)
ドラマ(0)

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ(2018年製作の映画)

3.0

期待ほどではなかったけれど、こんな政治家がいるなんて、信じられない。
若い頃から夫婦で支え合い、慈しみ合い、素敵な人生。
国民に愛される大統領はそういるもんじゃないよなぁ。

山中静夫氏の尊厳死(2019年製作の映画)

3.5

原作者の南木佳士さんの若い頃からのファンだったのだが、最近余り読んでなくて、これも原作は未読。
南木さん自身の自伝的色合いが強くて、人の死を見すぎて鬱になってしまった南木さんの心が痛々しかった。
山中
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

2.5

アメリカの政治的なことはよく解らないので、彼らが話してることの半分も理解できなかった。
シャーリーズ・セロンの特殊メイクで、カズ・ヒロさんがニ度目のアカデミー賞を受賞した、というのだが、あれのどの辺り
>>続きを読む

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

4.5

フィンランド映画。
ガラクタばかりを置いている画廊の老オーナーが、閉店前にもう一花咲かせたい、とある絵に目をつける。
私はレーピンの絵が大好きで、日本で公開された彼の作品は制覇している。
この絵は実在
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.5

日本人として観なきゃいけない映画という気がしました。同じような話をテレビドラマでも見ましたが、やはりスケールが大きくて、迫力がありました。
ただマスク姿での台詞が多くて、聞き取りにくかったのですが、被
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

4.3

妻夫木くんの唇がエロかった。
夏帆さんがあんな旦那と結婚したのは、俗に言う玉の輿に乗りたかったからなのか? それで幸せになれると思ったのか? 外目には恵まれているのだろうが、満足できないから、初
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.5

彼の正義がしっかり貫き通され、ホッとした。1960年代くらいの話かと思ったら、何と1999年だとは!
今でも南部ではあのようなことがまかり通っているのでしょうか?
家族に会って抱き合っている姿にさすが
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

4.0

映画友のオススメ。
自然でいい話ではあったが、雰囲気のいい宮沢くんは演技下手だし、藤原季節は不細工なので、ちょっと乗れなかったかな。
しかし、岐阜の街の人たちは暖かいし、彼らを受け入れてくれたことにホ
>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

4.5

こういう詐欺師を主人公にした場合、まず逆に騙される、というのがオチだから、まずは予想できるのだけど、何故そうなるのか、というのが意外で面白かった。
しかし1943年にティーンエイジ(15位?)だった、
>>続きを読む

嘘八百 京町ロワイヤル(2019年製作の映画)

4.0

楽しかった。
陶芸については最近注目が集まっているが、画廊がバックにつけば、インチキは成り立つような、怖さを感じた。
おじさんばかりのチームは相変わらず面白かった。
加藤雅也は最近こういう役が増えたね
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

4.0

私はとても好きだった。
田中圭がもてすぎだけどね。
ありそうな日常の積み重ねや、人との輪。暖かさをいっぱい感じる映画だった。
ラーメンはそんなに美味しそうじゃなかったけどね。

AI崩壊(2020年製作の映画)

2.5

思ったよりは面白くはなかった。
あんなAIが一般的になる日がホントにくるのかなぁ。
ウィルス・スミスの「エネミー・オブ・アメリカ」を思い出した。
今でも停電するだけで、機能しなくなる日常もあるから、A
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

5.0

めっちゃ面白かった。早々と犯人(?)が判明したので、どうなっていくのか?と目を離せなかった。久しぶりにジェミー・リー・カーティスを観たかなぁ。すっかりおばあちゃんになってたなぁ。
取り敢えず今年観た中
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.7

3時間半の長丁場でしたが、全く飽きずに集中できました。
スコセッシとデ・ニーロという永年心を通じ合わせている二人ならではの見事な作品でした。
ネットフリックス制作ということですが、ネットだけの公開では
>>続きを読む

記憶屋 あなたを忘れない(2020年製作の映画)

3.5

「ツナグ」を思い出した。何故記憶を消されたのか、調べるのは危険な気はしたが。
山田涼介はオーバー過ぎてドン引きだったけど、佐々木蔵之介が良かったなぁ。

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

4.0

こういう映画好きだなぁ。
音楽には詳しくないし、余り興味もないのだけど、主役二人の歌声がキレイだし、澄んだ感じがする。
松本の街がいいなぁ。
ゆっくり街歩きしてみたくなる。

カセットテープの使い方が
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.5

いや〜面白かった。
本でこういう見事なトリックやミスリードはあるが、映画ではなかなか。
オリジナル脚本としたら、見事。
日本人がいなかったのは残念ですが。
実際にダン・ブラウンの新作翻訳の時にこういう
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.5

伊藤健太郎くんのオススメ。確かに面白かったし、久しぶりに美しいシャーリーズ・セロンを観れた気がしたが、下ネタが多かったのが難点。
個人的にそういうのが余り好きではないので。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

韓国映画だし、R15指定だし、血まみれは想像してたけどね、意外な展開が続き、最後まで目を離せませんでした。
日本以上に学歴社会の韓国では、格差も想像以上なんだろうね。
しかしまともな仕事のない家族が、
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.0

どうもあり得ないことが幾つもあって、入りこめなかった。
まず日本では高校3年生で転校はしないし、受験の話もせずに、生物部の活動するなんて、あり得ない。
乙坂に対して二種類の手紙が送られているはずなのだ
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

リチャードは結局逮捕はされてないのかな? 仕事が一定せず、太っている独身者というだけで偏見の目で見られるものなのか? 彼が何度も口にする法執行官というのは、何のこと? 警察官ではなさそうだし>>続きを読む

ゲキ×シネ 『修羅天魔 ~髑髏城の七人』 Season極(2019年製作の映画)

5.0

髑髏城のシリーズではあるが、ちょっと切り口が違う。
天海祐希がとにかく美しく、力強い。
このシリーズは何度も観ているのに、飽きない。

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

4.1

イスラエルの中にテルアビブがあり、ここだけがイスラムの地域であることは知ってはいたが、言葉が違うとか、行き来が比較的自由にできる(検問はあるのだが)とは思ってなかった。
日本人にはどちらからどちらへ通
>>続きを読む

THE UPSIDE/最強のふたり(2017年製作の映画)

-

アメリカでフランス映画のリメイクしたものが、良かった試しはないが、今回はそれなりによい脚本だったと思う。
いくらお金があっても、四肢麻痺で生きていかねばならない苦しみをもつ富豪とと、家族に見放され、仕
>>続きを読む

スペインは呼んでいる(2017年製作の映画)

3.0

イタリアに続き今回もおっさん二人旅。料理はどれも美味しそうだったが、相変わらずの物真似はイマイチだよなぁ。
バリエーション増えてないし。
イギリスからフェリーでスペインに行き、マラガからモロッコへまた
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.5

正直、寅さんの映画を一本も見たことがない。亡くなったニュースを聞いて父と同い年だったんだ、と驚いたものだ。
阪神大震災の後、神戸を舞台にした作品が最後になった。
この作品では、池内淳子、大地喜和子、新
>>続きを読む

昼下りの情事(1957年製作の映画)

5.0

何年ぶりに見ただろう。45年くらい前に名画座で観て、ゲイリー・クーパーが翻弄される姿に胸がキュンとしたっけ。
ファシネーションのメロディが素敵。
元日にこんな素敵な映画を見れて幸せ。
オードリーの美し
>>続きを読む

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

4.5

楽しかった。あの装束が火消しのだと、初めて知った。矢頭長助は実在の人物だったのね。右衛門七の父親で。
江戸と赤穂の往復に費用かかりすぎ。
最終的に47人にはなったが、もっといた訳で、大変だったろうとは
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2の正当な続編というのに惹かれて観たけど、ジョンを殺したターミネーターが、歳とったシュワちゃんになってる、というのが、理解できてなかった。
息子に言われるまで気付きませんでした。やっぱりSFは苦手だ。

最初の晩餐(2019年製作の映画)

4.0

以前観た「台風家族」に比べて、普通だな、という印象を受けた。平凡という意味ではなく、あり得る話という意味で。
再婚同士の家族が少しずつ歩みより、家族になっていく様子も丁寧に描かれていたし。
葬儀一般は
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

4.5

恋愛映画ってなかなか共感できないことも多いけど、原作を読んでそれと比べても、凄く良かった。あの人気抜群の福山さんが初めて恋愛映画に主演と思ったが、恋愛の部分だけでなく、ギターを弾けなくなった苦しみがひ>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.0

ロビン・フッドの物語が子どもの頃から好きだったけど、やっぱりケビン・コスナー版には勝てないかなぁ。
モーガン・フリーマンのコミカルなムーア人との掛け合いが楽しかったから、こちらはコミカルさに欠け、暗い
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.0

原作は既読だが、余り覚えてなかったし、結局Y路路で殺された少女の犯人が判らないままなのが、モヤモヤ。
見終わったあとドンヨリする。
イオンシネマ長久手にて鑑賞

今さら言えない小さな秘密(2018年製作の映画)

4.5

好きだなぁ。コメディはフランスに限る。あんな小さな村で奥さんに気づかないか、って突っ込みは別にして、写真家の彼も素敵だったし、楽しかった〜
伏見ミリオン座にて鑑賞

>|