けとゲームプロデューサーさんの映画レビュー・感想・評価

けとゲームプロデューサー

けとゲームプロデューサー

すばらしき世界(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ここ数年であまりにも良すぎる邦画。
魂震えました。
まずなによりも表現が非常に美しい。
全てのシーンが示唆に富んでいて、まるで濃縮されたスープ。
語らずに語る。こういう表現があるのかと一クリエイターと
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

同時期にみた同じくヤクザものの素晴らしき世界が自分的ベストすぎて、相対で評価すると若干見劣りしてしまったが、それでもすごくいい映画だった。
ヤクザが時代とともに肩身が狭くなっていく、それを刑務所にいく
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

いやーこれは本当に素晴らしい感動。
無限に泣きました。
そしてまがいなりにもクリエイターとして生きる身として、あまりのピクサーの凄さに悔しさすら覚えました。それくらい傑作。

結構評価割れてて、すごく
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.8

本当に最高でした。今のところ今年1。
まずシンプルに三島由紀夫がただただかっこいい。そして対峙する芥さんも最高。
知の最高峰の闘い、ある種戯れみたいのが非常に高尚で美しい。
言葉のチョイス、質問への返
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ん〜これは個人的にはあんまりささらんかったなぁ
まず、前提知識がかなりすっ飛ばされて、なんで、お父さん殺したの?とか恐れがあるの?とかゲドは何を目的に旅してるん?という疑問が多い。
原作あるから読めっ
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.0

作画はすごい。けど途中で寝てしまった。
聞き取りづらいのがネック。でも作画は本当すごい。

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.5

1よりは個人的に好き。
こっちの方がちゃんとメカニックだったかな。プールのシーンは名場面。
いろんな計画殺人話観れるのがgood.

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.4

ずっと観たくて観れてなかった作品を鑑賞。これはすごい!!
全編ワンカットって謳い文句で煽ったのはたしかに否定的なコメントもわかる。
実際ワンカットではなく、ワンカット風。
が、しかしこの脚本はたしかに
>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

3.3

筋トレモチベあげたくてステイサムさん鑑賞。相変わらずかっけー身体。
ストーリー自体はうん。って感じ。
なんだろう、事故死に見せる、用意周到みたいなコンセプトなのにゴリゴリ撃ち合うしおいおいとなった。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.5

知能指数が低いが純粋な男の話。
ベンチでバスを待ってる時に、隣の人に人生をひたすら話すという設定が面白く、話し続けたら止まらないフォレストを全体で表現していた。
トータルするとハートフルな映画だが、や
>>続きを読む

フェイク(1997年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

報われない悲しいお話。
ジョニーデップがただただかっこいい。

さよならテレビ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「さよならテレビ」というタイトルが言い得て妙。
意見が分かれるのがよくわかる。
「テレビってやっぱだめだよね」もあれば「だめってことちゃんとわかってますよ」もあれば、ある種自虐的にも受け取れる。
一方
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

-

悪魔的なつまらなさ。
よくこれOK出たな、、、
カイジは原作大好きだけど、これはかカイジではない。

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.8

こんなん泣くにきまっとるやろー!」
いやー一人で観に行ったのですが、両脇のカップルを尻目に泣いてしまいました。。
こんなにど直球な作品は昨今なかなか珍しいですが、久々に観るといいものですね。
「理想に
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

映画好きを加速させるきっかけとなった「ダークナイト」
バットマンの宿敵「ジョーカー」の誕生エピソードということで、
令和1楽しみにしていた作品。問題作とも言われる理由もわかる。
ヒースレジャーの狂気的
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

個人的にずっと観たかった作品。
なぜかというとロキが出ているから。笑
シリーズを経るにつれてどんどんお茶目になっていくロキは人気故にキャラの方向性を変えてきたのか。(死ぬ予定だったというエピソードもあ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

トムホランドのスパイダーマン。
紆余曲折経てようやくMCU入りを果たしたスパイダーマンだが、これはこれで面白い。ヒーローに憧れる主人公の無邪気さが危なっかしくて、まるで我が子を見守る母親の気分になる。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

タランティーノ9作品目(本当10作でやめないでほしい…)の「ワンスアポンアタイムインハリウッド」が中々に最高でした。
結構、事前知識ないと難しいテーマでもあったので、自分の整理がてら解説を書いてみまし
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

新海誠前作より描きたかった作品かけてるなぁと感じた。

昔から新海誠の作品では愛が世界かというテーマを描いてきた。
君の名はめらそれがハッピーエンドを描くことで食べやすくして、大衆にウケたが今作では世
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「ピクサーは最高のクリエイター集団」ってのを改めて認識させられる作品。
エンタメに携わる身からすると、嫉妬すら覚える美しさ。

今回前提として4単体ではそこまで面白くないかもしれない。
特に主人公のウ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

MCUシリーズの中でも相当好きな部類。
前作よりも圧倒的に面白かった。

今回のテーマは「家族」
・ヨンドゥーとスターロード
・ガモーラとネビュラ
・パパとスターロード
etc

特にパパとヨンドゥー
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

MCUシリーズの中でも相当上位にくる強さにびっくり。
時間巻き戻すあたり、もうなんでもありだなって勢い。
元々ドクター復帰したかったから修行したのに、その目的がいつの間にか
無くなっていたあたりにご都
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.2

個人的にはMCUシリーズでかなり好きな部類。アクション全開というよりは、
正義や哲学の違いがテーマ。
一方でスパイダーマンやブラックパンサーといった見所もあり、ずっと追ってると相当楽しめる。アントマン
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ未視聴でも楽しめた。
一番テンション上がったのはラストの打ち上げ。舞台のエンディングのような気持ち良さがある。
ただどんでん返し感は個人的にはそこまで。というよりあらかた予想できてしまう。(絶対
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

MCUっぽくない作品テイスト。
サスペンス色強く、ボコボコ敵をぶっ倒すみたいないつもの感じじゃないのが新鮮で好印象。
やってることは死んだと思った親友が実は生きていました、しかも敵ですっていう、まあよ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

原作は全購入、愛読者。

超ヒットタイトルの映画化&ジョジョで結構失敗していた山崎賢人主演ということで正直かなり不安だったが、杞憂に終わる文句なき作品だった。

まず、原作の再現度が兎に角素晴らしい。
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ロキがすきなので、それだけで結構満足っちゃ満足。
父親が暴君になっていく様を、過去のソーと同じ思想になっているということで表現しているのが上手い。対比となることでソーの成長も感じ取れる。

地球側に関
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.8

いつも頭脳明晰でチャラ男なプレイボーイなトニースタークの内面に寄せた作品。
過去作ではあまり見ることなかった葛藤が多く、ヒーローの違う側面が見られて良い。際してアクションシーンは少なめだが、ラストで全
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはかなり好き。
ソーのキャラクターもそうだが、
ロキもあと作品を知ってるからこそ
憎めない。研究返す予定だったなら言えよとは思った。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

1と比べるとやや見劣り。
敵との関係や父との関係にいまいち没入がない。
ただドローンや第2のスーツなど、次の展開を予感させる流れは良かった。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.0

これ単体では前提知識割愛しすぎてかなり難易度の高い作品。
あんまり主人公に投影できないのもある。
ある意味敵役の方が光っていた

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.0

トニーかっこいいなぁ。
この時の人気時点でアベンジャーズの主にアイアンマンくるのは決まってたんだろうなぁ。絵に描いたような金持ちで、車も大量に持って女遊びも激しいところは
好感持てる。飛行実験時に車を
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.6

いやーやっぱ好きだわ。
ノリだけでやりくりするのが面白すぎ。
個人的にはブラピがイタリア人に扮してる時の顔がツボすぎる。
イタリア人みんなしゃくれてるとか思ってるのかな。笑