けとゲームプロデューサーさんの映画レビュー・感想・評価

けとゲームプロデューサー

けとゲームプロデューサー

映画(154)
ドラマ(0)

さよならテレビ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「さよならテレビ」というタイトルが言い得て妙。
意見が分かれるのがよくわかる。
「テレビってやっぱだめだよね」もあれば「だめってことちゃんとわかってますよ」もあれば、ある種自虐的にも受け取れる。
一方
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

-

悪魔的なつまらなさ。
よくこれOK出たな、、、
カイジは原作大好きだけど、これはかカイジではない。

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.8

こんなん泣くにきまっとるやろー!」
いやー一人で観に行ったのですが、両脇のカップルを尻目に泣いてしまいました。。
こんなにど直球な作品は昨今なかなか珍しいですが、久々に観るといいものですね。
「理想に
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

映画好きを加速させるきっかけとなった「ダークナイト」
バットマンの宿敵「ジョーカー」の誕生エピソードということで、
令和1楽しみにしていた作品。問題作とも言われる理由もわかる。
ヒースレジャーの狂気的
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

個人的にずっと観たかった作品。
なぜかというとロキが出ているから。笑
シリーズを経るにつれてどんどんお茶目になっていくロキは人気故にキャラの方向性を変えてきたのか。(死ぬ予定だったというエピソードもあ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

トムホランドのスパイダーマン。
紆余曲折経てようやくMCU入りを果たしたスパイダーマンだが、これはこれで面白い。ヒーローに憧れる主人公の無邪気さが危なっかしくて、まるで我が子を見守る母親の気分になる。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

タランティーノ9作品目(本当10作でやめないでほしい…)の「ワンスアポンアタイムインハリウッド」が中々に最高でした。
結構、事前知識ないと難しいテーマでもあったので、自分の整理がてら解説を書いてみまし
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

新海誠前作より描きたかった作品かけてるなぁと感じた。

昔から新海誠の作品では愛が世界かというテーマを描いてきた。
君の名はめらそれがハッピーエンドを描くことで食べやすくして、大衆にウケたが今作では世
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「ピクサーは最高のクリエイター集団」ってのを改めて認識させられる作品。
エンタメに携わる身からすると、嫉妬すら覚える美しさ。

今回前提として4単体ではそこまで面白くないかもしれない。
特に主人公のウ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

MCUシリーズの中でも相当好きな部類。
前作よりも圧倒的に面白かった。

今回のテーマは「家族」
・ヨンドゥーとスターロード
・ガモーラとネビュラ
・パパとスターロード
etc

特にパパとヨンドゥー
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

MCUシリーズの中でも相当上位にくる強さにびっくり。
時間巻き戻すあたり、もうなんでもありだなって勢い。
元々ドクター復帰したかったから修行したのに、その目的がいつの間にか
無くなっていたあたりにご都
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.2

個人的にはMCUシリーズでかなり好きな部類。アクション全開というよりは、
正義や哲学の違いがテーマ。
一方でスパイダーマンやブラックパンサーといった見所もあり、ずっと追ってると相当楽しめる。アントマン
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ未視聴でも楽しめた。
一番テンション上がったのはラストの打ち上げ。舞台のエンディングのような気持ち良さがある。
ただどんでん返し感は個人的にはそこまで。というよりあらかた予想できてしまう。(絶対
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

MCUっぽくない作品テイスト。
サスペンス色強く、ボコボコ敵をぶっ倒すみたいないつもの感じじゃないのが新鮮で好印象。
やってることは死んだと思った親友が実は生きていました、しかも敵ですっていう、まあよ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

原作は全購入、愛読者。

超ヒットタイトルの映画化&ジョジョで結構失敗していた山崎賢人主演ということで正直かなり不安だったが、杞憂に終わる文句なき作品だった。

まず、原作の再現度が兎に角素晴らしい。
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ロキがすきなので、それだけで結構満足っちゃ満足。
父親が暴君になっていく様を、過去のソーと同じ思想になっているということで表現しているのが上手い。対比となることでソーの成長も感じ取れる。

地球側に関
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.8

いつも頭脳明晰でチャラ男なプレイボーイなトニースタークの内面に寄せた作品。
過去作ではあまり見ることなかった葛藤が多く、ヒーローの違う側面が見られて良い。際してアクションシーンは少なめだが、ラストで全
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはかなり好き。
ソーのキャラクターもそうだが、
ロキもあと作品を知ってるからこそ
憎めない。研究返す予定だったなら言えよとは思った。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

1と比べるとやや見劣り。
敵との関係や父との関係にいまいち没入がない。
ただドローンや第2のスーツなど、次の展開を予感させる流れは良かった。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.0

これ単体では前提知識割愛しすぎてかなり難易度の高い作品。
あんまり主人公に投影できないのもある。
ある意味敵役の方が光っていた

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.0

トニーかっこいいなぁ。
この時の人気時点でアベンジャーズの主にアイアンマンくるのは決まってたんだろうなぁ。絵に描いたような金持ちで、車も大量に持って女遊びも激しいところは
好感持てる。飛行実験時に車を
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.6

いやーやっぱ好きだわ。
ノリだけでやりくりするのが面白すぎ。
個人的にはブラピがイタリア人に扮してる時の顔がツボすぎる。
イタリア人みんなしゃくれてるとか思ってるのかな。笑

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.5

完全に既存ファンに寄せた作品。

まあでも興味持って気になった人物をもっと深掘りするために過去作見るみたいな感じで新規も結構くるんだろうなぁ。

名探偵はもう名探偵してない気がする。笑

毎度すごいこ
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.2

潜水モノってだけでそもそも満足度は高いのだが、描写が本当にリアル。
最初の傾くのとか、まじでそうなるんだろうなって感じ。
「音だけが見える世界」という触れ込みがいいよね。音だけで状況把握しようとするの
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

平成最後の視聴映画。
(そういう人多いんじゃないかな)

この長編を計画的に描いて、ピークに持っていくマーベルにシンプルに感嘆。

制作規模も圧巻。エンドロールこんな長いの初めてみたかも笑

ただけっ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

長編のMVを観ているような最高にクールな演出。脚本はともかくそれを見るだけでも学びになる。
映像や技術に全振りするか、脚本に振り切るか。映画の二極化を感じさせられる。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.1

あれ、面白すぎじゃね笑
終始笑いが止まらなかった。
クソくだらないけど、長編のお笑いと思うと清々しい。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.3

そこまで響かなかった。
が、水中の世界は宇宙と一緒でロマンがあって、その世界観には魅了される。
あと良くも悪くもヒーローっぽさ全開ってわけでない感じが結構好き。

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.5

原作である銃夢の料理の仕方が非常に良い。
映画観た後に原作読むと、なるほどこの数ページをこう解釈して表現するかと勉強させられる。
また3Dの技術はここまできたかと驚かされる。
あとはクディッチ始めSF
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.2

原作自体面白いので、脚本という意味では間違いない。
一方で高級食材の料理の仕方としては
原作読んでる自分からするとうーんという感じ。

ホテルマンと刑事という対極の二人がお互いの正義の元はじめはぶつか
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.5

いやー素晴らしいな。
ドラゴンボールの良いところを全て
詰め込んだような作品。
変身、フュージョン、最強の敵、ベジーの良い感じのギャグ、ビルス達比較的新しいストーリー、過去編etc
そしてそれらを昇華
>>続きを読む

雪の華(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「今日だけは怒らないで」

中条あやみのこのセリフを聞くだけでも
価値あり。
それくらい圧倒的に可愛い。
映画史上これほど可愛いと思ったことはないんじゃないかってくらい可愛い。
もはやアートの領域。
>>続きを読む