skillerさんの映画レビュー・感想・評価

skiller

skiller

映画(1461)
ドラマ(5)
  • List view
  • Grid view

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.6

人生に挫折。
行き場のなくなったエネルギーを都市伝説の解明につぎ込むが、得るものはなし。
金持ちの考える事はよく分からんな。

ラスト、オウムの泣き声に残念ながら意味はなく、結局現実に戻る。

そんな
>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.9

カオリの娘時代が色黒なのが納得出来ない!
これが引っかかって、全てが薄く感じる。

ラストも不自然すぎる。
せめてヘアバンド見て、あーっとか欲しかった。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.8

出だし見てやめよかと思いながら鑑賞。
結果、とても良かったです。

恋愛感情が邪魔をするが、ジャズセッションが繋ぐ友情。絆は硬い。

小松菜奈の何とも言えない感じ。
結局、気持ち言わず、歌わず。
それ
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

2.9

まず、金があるかどうかでほとんど決まる。金があったからこんな狂気が生まれた。でも、結局引きずっただけの結果。
それと、無駄な蘇生のせい。

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

3.4

最初からの視界の悪さで目が疲れた。
目の悪い人の視界を理解した。

大体、目の見えない女の世話が出来る男はこんなもんでしょ!
それが、目が見えるようになった途端にそういう態度をとるのはひどいと思う。
>>続きを読む

クエスト・オブ・キング 魔法使いと4人の騎士(2019年製作の映画)

2.8

子供向けとはね。
よくあるいじめられっ子といじめっ子が協力してってやつ。

湖の妖精は便利。

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

2.1

まずモザイクデカ過ぎ!
急に終わり過ぎ!

あの後どうなったのか⁉︎
観る側に考えさせるって事なのか。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.1

よく出来た話だと思うが、ラストがダラダラで疲れた。
もっとさくっとしていたら良かったのに。

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.6

このホテル構造は、どうなってんのーからのいきなりの射殺、なかなか退屈させない展開でした。

序盤のからは予想出来ないラストで、キャストも豪華。
心境は複雑ですが、悪くはなかった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

すごく良かった。

ただ、人間的には理解しがたい。
だからあんな曲が作れるのでしょうか。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.3

理解不能。
だからって感じ。

いくら誰もいないからって化け物とあんなんなるかー

ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物(2016年製作の映画)

3.1

ん〜ロシア映画やから⁉︎
ストーリーが分かりづらい、綺麗なだけ。

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.4

序盤はいい雰囲気で犯人がどんな奴やろって気になったが、段々と茶番化していく。

アンソニーはまだ現役何や!何歳やろ。
ずっと老人役やし。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.3

やはり実話という事で、特に面白くもなく。
男女で賞金額が違うのは、さすがにひどい。それで立ち上がって何とかするとかすごいと思いました。

アメリカン・ソルジャー(2017年製作の映画)

2.5

誰に向けてこの映画は作られたのか。

志願して軍に入って派兵されたのでは⁉︎
で、やめて働きもしない。
立場が違いすぎて同情すら出来ん。

そもそも何故戦争に参加することになったのかが描かれてない。そ
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.6

相変わらずの精神病院の酷さ、まともかそうでないかは関係なし。
入院したら最後、何が真実か分からなくされる。
終始そんな気持ちで観ていたが、段々と出来過ぎたストーリーに気付く。
でも、ルーニー•マーラー
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

何も予備知識なしで鑑賞。
どういう状況か理解するのに少しかかったが、ひどい話。

出られて良かったけど、その後の子供の人生を思うと心が痛い。大丈夫かと、心配になる。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

4.0

久しぶりに面白い映画。

段々過激になっていくのがハラハラさせられた。
主人公の二人がまあまあだったのも良かった。

ただ、PCマニアの友達はいるな。

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.8

最初の彼女と、最後の爆発シーンは、衝撃的で迫力があった。
ただ、そんな簡単にCIAなれんの⁉︎

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.6

前作との繋がりとか不明。

麻薬から不法入国手引きとか、少年がとか考えられない世界。
でも、そういう現実があるんやなーと。

娘はどうなったのか気になる。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.3

皆さんの酷評が辛い。
ただ、危機感がなさ過ぎるのは確か。
落としたらもっと気にするでしょ⁉︎

あと、原田泰造が刑事って時点で茶番狙いかと思ってしまった。

でも、北川景子は綺麗かった。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.8

単純にホテルマンの大変さ、我儘過ぎる客の存在を教えられた。
毎日のように起こる問題は、流石に嫌になるでしょう。
それで知らぬ間に恨みを買うなんて、辛過ぎるなー

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.7

日本では理解出来ない環境がアメリカにはある。あんな環境では、若い女性が安全に暮らすなんて無理なんでしょうね。

エスター(2009年製作の映画)

3.6

ここまで子供が邪悪だと気付くのが遅れる。怖すぎる。

リグレッション(2015年製作の映画)

3.4

エマ・ワトソンが可愛かったので、騙されるのもしょうがない。
イーサン・ホークが徐々におかしくなる様は、見ているこちらも影響されてしまった。これがダークサイトに落ちるって事なんかとか思ってしまった。
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.8

なぜリブートしたのか⁉︎
どうしても前作と比較してしまって、下らなく感じる。
日本を絡めるにしても中途半端で、船が出るのも香港、なぜ?
初めのジムシーンは弱い証明?

アリシアに罪はない。

アメリカン・ハニー(2016年製作の映画)

2.7

ある意味これってジプシーやん。
娯楽は歌だけ。
で、原始的なビジネス。

あいのり要素もあって、主人公が成長していく様を描いた。
それだけ。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.3

少年はやりたかった、女は本を読ませる条件をつけた。
そして、突然いなくなった。

女は人数合わせの為、死にゆく人を選別し、それが罪を問われ刑務所に入れられた。

趣味は人に本を読ませる事。

少年と再
>>続きを読む

真夏の素肌(2014年製作の映画)

3.0

人の無い物ねだりとあるもの不満という事を表現したかったんでしょう。
家族はやっぱり一緒にいないとおかしくなりますね。
特に母子家庭で育った女は顕著に出やすいと思う。

>|