こいけさんの映画レビュー・感想・評価

こいけ

こいけ

映画(118)
ドラマ(0)

娼年(2018年製作の映画)

3.0

❶ 191108 AmazonPrimeVideo

「性行為」を題材にしている作品なのに、特殊な性癖を少しコメディ調で映しているのが個人的に嫌だった。もう少し肯定するように映して欲しい。性行為の映し
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

4.1

❶ 191031 109シネマズ川崎 T8

“心えぐられる”、まさにそんな映画。
集団社会から排斥された2人の男と、心に傷を負った1人の女の物語。それぞれが楽園の光を見るが、そこに楽園は無い。

>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

❶ 191024 AmazonPrimeVideo

是枝監督は本当にこじれた愛を描く天才だと思う。まず設定が素晴らしい。簡単に壊れてしまいそうな脆い繋がりが、物語により深みを与えているように感じた。
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.7

❶ 191017 109シネマズ川崎 T8

ちょっと難しかった。良い映画だということはすごい伝わってくる。全体的に独特なリズムの映画だった。THEオフビートという感じ。でも僕みたいな素人には掴みどこ
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.6

❶ 191016 AmazonPrimeVideo

やっぱりヒーローものは苦手。他のヒーローものと違ってヒーローの影の部分に重点を置いていたのはおもしろかった。ジョーカーが悪そのもので恐怖心を煽られ
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.0

❶ 191016 109シネマズ川崎 T9

熱量が凄まじかった。弱くて汚くて情けない宮本がとてもかっこよかった。自分の正義を突き通すために、周りを全く見ず自己中心的な宮本の想いにやられた。”生きてる
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.5

❶191015 AC港北NT S12

思ったより恋愛映画色が強かった。話の発想としては面白いけど、ジャックが上手くいきすぎるところに若干もやもやが残った。コメディ要素も多く、見ていて飽きない映画では
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.4

❶ 191011 109シネマズ二子玉川

親子の暖かみを感じられる映画だった。優しさに溢れたストーリー、大女優たちの演技は素晴らしかった。でも、是枝監督の作風が西洋の景観や顔立ちには合わないように
>>続きを読む

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

3.5

❶ 191010 渋谷HUMAXシネマ

1つ1つの言葉がすごく染みる映画だった。説明が足りない部分があり、若干のダイジェスト感は否めなかったが、後半の展開とオチはとても良かった。映像もとても綺麗で好
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.2

「結婚」の本質をサスペンス調で描いているような映画。エイミーの”それが結婚よ”という言葉がこの映画を代弁している。結婚とは騙し合い。

先の展開が全く読めず、急な展開に何度も度肝を抜かれた。ロザムンド
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.6

❶ 191007 109シネマズ川崎

原作が読みたくなるような映画。4人のキャラがすごく立っていて見やすかった。3人の天才と、その壁を超えられない明石という設定がより3人の才能を引き立たせていて、物
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.5

ヒーロー物は個人的に苦手。でも自らを恐怖の対象とすることで悪事を防ぐというアプローチは珍しくて好き。素顔はマスク、バットマンこそ本性。
”人は何のために落ちるのか、這い上がるためだろう”というセリフが
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

❶ 191006 グランドシネマサンシャイン IMAX

“善悪は主観でしかない”

凄いものを見たという感覚と同時に、二度と見たくないという感覚が残る映画。アメコミ映画でもなければ、バットマンの宿敵
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.3

❶ 190927 T・ジョイPRINCE品川

普通に面白かった。コメディが苦手な自分でも楽しめる作品だった。あくまでドラマの延長で。

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.0

❶ 190926 新宿バルト9 T2

本当にすごい映画だった。見て見ぬふりをする人に喝を入れるような映画。吉岡里帆の演技、恐ろしく見せる映し方、終盤の犯人との死闘、最後に六根清浄を完成させる粋な演出
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

1.9

❶ 190926 109シネマズ二子玉川 T6

とにかくごちゃごちゃしてた。個人的にコメディは得意ではないから、余計にごちゃごちゃしていて全く引き込まれなかった。終始何を見せられてるんだろうという感
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.6

❶ 190920 AC港北NT ULTIRA

予想とは違って親子のヒューマンドラマだった。親子関係という狭いテーマがあえて宇宙という広大なフィールドで描かれていて、彼方ばかりではなく、そばにあるもの
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.3

❶ 190919 109シネマズ港北 T2

蜷川ワールドが全くハマらなかった。セットとか光の作り物感がすごくて、話が全く入ってこない。話にも抑揚がなくてかなり薄い。俳優陣の演技は抜群。特に宮沢りえに
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

❶ 190914 ディノスシネマズ旭川

最高の茶番。では終わらず、最後は人間は変われるんだというところも見せてくれた。でもそれも石が飛んできたおかげ。結局は茶番。面白かった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

かなり面白かった。前半感じた違和感が後半で全て回収されて、見ていて気持ちがよかった。前半を見ていた時の自分と画面越しに見ていたプロデューサーの気持ちが重なってそこも楽しめた。ポップ過ぎずコメディとして>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

3.4

❶ 190904 ディノスシネマズ旭川 T7

評価が低かった割には結構面白かった。話も作り込まれてて行先にワクワクできた。ミュージカルを逆手に取った発想はとても良き。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.2

❶ 190903 AC旭川駅前

前半はダラダラとした日常シーンがほとんどで、抑揚もほぼなく、決して面白いとは言えないが、60年代のハリウッドを肌で感じているような心地よい映画体験だった。シャロンテー
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.9

すごいポップな作品で見ていてほっこりした。映画の中で人が何人も死ぬのに、それすらもポップ。アカデミー賞の脚本賞を受賞しているだけあって、凝った作りになっていて見応えがあった。時系列をいじってる作品は何>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.7

ヤバイ映画。登場人物も世界観も狂っててキューブリックワールド全開。独特なカメラワークも個人的にはアーティスティックで好き。ラストの『完璧に治ったね。』は鳥肌がたった。人間性は結局変えられない。

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.9

❶ 190826 AC港北NT ULTIRA

面白かった。ボヘミアンラプソディーのような伝記映画ではなくて、エルトン・ジョンの記憶をミュージカル化したものだということで少しおかしいところはあったけど
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.6

❶ 190822 横浜ブルク13

カルリートスのサイコパスな部分がひしひしと伝わってきた。人を殺すのになんのためらいもなく真顔で引き金を引いてて怖かった。面白かったけど間延びしてて長く感じた。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.6

❶ 190821 グランドシネマサンシャイン IMAXレーザーGT3D

ストーリーが良いのはもちろんだけど、CGが本当にえげつなかった。本当に「超実写」って感じ。グランドシネマサンシャインで見るIM
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.3

ちょっとよくわかんないけど、リアリティがすごかった。重岡大毅の演技が素晴らしい。まあよくわかんないんだけど。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.4

東京オリンピック後に起こりそうな日本の社会問題を絡めていて、面白そうなテーマだった。でも2つのストーリーが全然交わらないし、芳子と母親もまったく交わらないのがよくわからん。もっとカタルシス感じたいなあ>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.5

前半だけだとなんとも言えない。自殺サークルの話入れてくるのが謎。後篇でどう絡んでくるのか楽しみ。新次と健二のキャラと、東京オリンピック後の不景気な日本っていう設定は好き。

透明人間(2018年製作の映画)

2.5

見えないところで頑張ってる人がいるのかもね

メランコリック(2018年製作の映画)

3.5

❶ 190808 AC港北NT T8

全体的にすごいシュールな雰囲気が漂ってた。予想よりもグロ的な要素はなくて、さっぱりした青春ムービーだった。全体的に間延びしてたのがちょっと嫌だった

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.7

総合失調症の怖さがひしひしと伝わってきた。これが実話ってすごいな

海街diary(2015年製作の映画)

3.8

特にストーリーに抑揚は無いけど、そこがリアルでドキュメンタリックで良き。風景も女優もどこを見ても綺麗

>|