律子さんの映画レビュー・感想・評価

律子

律子

記録 伊野尾くんの贔屓があります
上手く感想いえるようになりたい

映画(237)
ドラマ(24)

海獣の子供(2018年製作の映画)

4.2

怖かった
自分が海の中にいるようなかんじで惹きこまれて
映像が溢れて止まらなくて美しくて眩しい
studio4℃さんの映画もっと観たい
そらくんがすきでした

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

5.0

素晴らしかった
こういうの大好きだ
ジョシュがずっと可愛くて優しくてチェスが大好きで最高 目が綺麗すぎる いつまでも見てられた
お母さんがブレずにジョシュのことを見ててくれて心強かった
師弟愛も結局た
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

石井裕也!!って感じ
やっとわかってきて嬉しいです
これをみたあともう単純なので何をするにも「もし町田くんだったらどうするだろう」ってなっていい人になった気分
ただ、池松壮亮と石井裕也がわかりあいすぎ
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.8

やっと観られた〜〜
涙の畳み掛けがやっぱりすごい
たかし幼少期超よかった
蒼井優の泣き方たまんないですね
半分過ぎたとこからずっと泣いてた
傘も帽子も、お父さんが緑、お母さんが青、おねいちゃんが赤、蒼
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

モヤモヤした
二宮慶多くんが可愛くて仕方ない
福山がギターを武器にしたシーンは嬉しかったけどそこから慶多くんを迎えに行くまでが短すぎたきがした
まあでもあの写真みたら迎えに行かないわけないじゃないって
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

最高の映画
愛が爆発しすぎてる
みんな大好き
幸せとはこういうこと
大好き 本当にありがとうございました

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

5.0

憤りが凄いというか。めちゃくちゃむかついた。それ以上に面白かったんだよなぁ。
人の人生をなんだと思ってるんだよって悔しくて悔しくて涙が出た。
マジで何も出来ない自分に嫌気がさす、結局手も足も出ない。難
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.5

夏が始まる前にみられてよかった。
ジョーがにやりと笑う顔の美しさに惹き込まれた。
映像と想像の美しさよ、乾杯。生き物の恵みにも感謝。毎日の食事が美味しくなりそう。

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

4.7

試写会ぶち当てたので観てきました
セーブポイント好きすぎた
自然画素高ぇ~
もう1回みたい 何も無い~

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

広瀬すずがかわいすぎてずっと苦しくて泣きそうだった 泣いたけど
一番いいところでピリオド打たれた感じはありますね

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

そんなになるまで好きになれたことがないけど
どの人たちも愛せた
好きすぎてその人になりたい気持ちはすごいわかる
私もすきの最上級はなりたいだと思うので

聖の青春(2016年製作の映画)

3.5

松ケンの役作りがスゴすぎる
東出さんの、神々しさ、とても名人ぽくてよかった
皆さんが敬語なのがいいですね
将棋ルール覚えられないけど将棋の話好き

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.6

この人の切り取る画は綺麗だな
人としてぶつかっていく親と子の愛情が不器用で歪だけど愛おしかった

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.4

阿部寛と樹木希林がアレが口癖なのが良い
みんなの空気感が好き 池松よ~

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.6

猫が見たくてみましたが観て良かった。
世界から映画が消えるくらいなら私が消えます。

愛、アムール(2012年製作の映画)

3.8

ずっと辛かったけど良かった
自分のことをこれだけ愛してくれる人なんてこれから出会えるのだろうかと思った
辛い

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

長さはさほど気にならなかった
綾野剛の胡散臭さが好きでした
黒木華とCoccoさんが素晴らしかった

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

5.0

演出に気を取られないくらい物語もすごいし、スティーヴもママも、大好きでした。
こんなにも観て良かったって思えるのは本当に嬉しいな。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.5

止まってた時間が動き出す感じ
底知れない 自殺フェス要らない

さよならドビュッシー(2013年製作の映画)

3.7

ドビュッシーが好きで見た
ドビュッシーもっと好きになった

>|