鮫島かな子さんの映画レビュー・感想・評価

鮫島かな子

鮫島かな子

映画(238)
ドラマ(9)
  • List view
  • Grid view

サッド ヴァケイション(2007年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

独特な雰囲気。
浅野さんの芝居の凄さが際立つ映画だなぁ〜と。

息子が息子に殺されても、前向いて生きていく感じも凄いし、間宮パパの器のデカさも半端ない。

アーチュンとウサギの可愛さ🐰
登場人物の多さ
>>続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

3.4

わりとサトエリが普通に優しい女の子だった。
そして、最後、メッチャかっこいい。
澄子を求めていたのは、妹だったんだね。

トニー滝谷(2004年製作の映画)

4.1

かなり好き。
こんなにシンプルに美しく村上春樹さんの世界を表現するなんて。

イッセーさんがかなり素敵。
驚くほど、魅力的すぎる。

小説を読むみたいな台詞が、すごく自然で好き。

遠くの空に消えた(2007年製作の映画)

3.2

後半の展開が良かった。
最初、世界観に馴染めなかったけど、個性的な俳優さんがどんどん引き込んでくれた。

光がそれぞれのストーリーでの光となって意味を成していて、ふんわりと解決してくれる。

舞台を観
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

森山未來くんの目つきや細かい表情に、狂気が潜んでた。
田中って言った瞬間、嘘やん、って。
たつやくん、全体的に名演技。
妻夫木くんもリアルな感じ出てたし、松ケンさんは本人の人の良さが滲み出てた。

>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

時間描写が複雑な感じだった。
それぞれ繋がってるのとか、田舎の狭い世界観とかリアルだなって。

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ちあきー。

まことー!

こうすけー。

未来で待ってる。って!!!
きゅん!

昼顔(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

まさかの北野先生、亡くなる。
子供が出来ていたことは、やっぱりちゃんとドラマだな、と思った。

三月生れ(1958年製作の映画)

2.5

ずっとケンカしてた。笑

でも、それでも!!!
なんだろうな。

皆さま、ごきげんよう(2015年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭から、打ち首や戦闘シーンが続き、最終的に現代の貴族の子孫の物語っぽいなぁ〜?と思ったけど、街の住人やホームレスだったみたい。

フランスの華やかさとは違う一面がふんだんに盛り込まれた映画だった。
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

原作マンガ読んでたので。
母と鑑賞。

最初、大泉洋かぁ‥と思ってたけど、映画見てたら、大泉さんのキャラがとっても活きてて、クスッと笑えた。
尺結構ちゃんと使ってたから、ラストどうなるかと思ってたら、
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

エヴァンゲリオンの実写版的だった。

単調な感じかと思ったけど、次元が違う辺りは面白いと思った。
怪獣の能を研究して、思考を知る的な感じも。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

テレビで違うバージョンのやってたのを少し見た事があったから、割と見やすくはなってたけど、やっぱり不思議な構成には少し慣れない。

途中から絵の描写が丁寧というか、キレイさを見ていて、ルパン三世な雰囲気
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.0

大統領夫人にしか分かり得ないんだろうな。

その世界を覗かせてもらった。

勉強になった。

草原の実験(2014年製作の映画)

3.9

すごく、すごく美しい。

本当にタイトル通り。

すごく、すごく哀しい。

四月物語(1998年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ほっこり。

えー終わり!?と叫んでしまった。

生きていた信長が傑作だし、光石さんナイスキャラだし、津田さんのクセ感も好き。
最初の家族が見送る感じも、素な感じで素敵。

Love Letter(1995年製作の映画)

4.1

お爺ちゃんの愛が、たまらなくきゅん!!!
豊悦の漏れ出たエロスよ。
テストの答え合わせのシーン素敵。

随分遠回りの、love letter。

SPEC〜零〜(2013年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

結の爻の編の最後で、それぞれの意識が重なり合って世界を構成している、的な内容は、そもそもニノマエが言っていた事だったと知り、時を司る能力者ならではなのかな、とも思ったり。

お父さんの飛行機が何故飛ぶ
>>続きを読む

劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちゃんと理解しきれていないと思う。
パラレルワールドの存在は面白い。

瀬文さんと当麻の愛。

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キャストが!!!

重い内容だとネットにあったので覚悟して。
でも、たまに笑わせにいってる箇所があったり。

役者さんのあどけなさが残る感じが素敵。

残酷な中学時代をありありと描いていて、発狂すると
>>続きを読む

灼熱/灼熱の太陽(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

クロアチア人とセルビア人の葛藤の物語。

3つの時代それぞれで、似た家族構成の中で、違う境遇の気持ちを同じキャストが演じていて面白かった。

若さと葛藤からくる不器用で乱暴な表現はとてもリアルだったし
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.3

ほっこり。

姉という存在があり、自分の居場所のない故郷を出て、ブルックリンで自分の居場所を見つけたら、故郷に居場所が出来ていて、見向きもしなかった故郷が妹を必要とする。

なんだか、都合が良いなと思
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.9

全体的に建物や飛行物、宇宙船などがとてもシンプルでシックで美しい。
景色も綺麗。

宇宙人のしている事のおぞましさも、すごい発想だなと。
かなり衝撃的だった。

結構好き。

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

オブリビオン的な宇宙船の描写と、ハリーポッターのデスイーターを思い出した。

時間の概念の描き方が面白かった。

未来があるから、今がある。
娘が生き続けてその子孫が‥とかじゃない。
その人生が存在し
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版(1989年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

周りの人との関係性が素敵。
皆がそのままでいて、美しい。
あんな風に素直な時代って、ある意味戦争後だから?とも思ったり。

今が繊細な時代になったのか、私が単に繊細になったのか‥
全体が温かく包まれて
>>続きを読む

>|