zakさんの映画レビュー・感想・評価

zak

zak

2015/11頃〜の食レポ。※あくまでも自分記録用なのでフォロー&コメント&いいね!は一切しません。悪しからず。

映画(716)
ドラマ(8)
  • List view
  • Grid view

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.5

こういうタイプの設定は大概ある程度面白くなると思う。
散りばめられた伏線、真相に迫る後半の畳み掛けるような展開も見応えはある。
ただ、テンポが悪いのか何なのか、いまいちインパクトに欠けるのも事実。
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.9

この手の映画の中ではかなり好きな部類。
観てる最中、ずっと自分なら死ぬまでに何をしたいか?考えているだけで楽しかったのだが、実際のところ金持ちだからできたんでしょ?と僻んでみたり。

ただコンパクトな
>>続きを読む

フライト(2012年製作の映画)

3.6

アル中パイロットの話。
自分も酒好きなので興味深く観ていたが、ガチの酒飲みは次元が違う。少し度肝を抜かれていた。
ただ大事な日を控えた前日のくだりは、呆れるのを通り越して笑ってしまうほど。

まあ最後
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.0

フィルマ内の評価があまり芳しくなかったので、期待はしていなかったが、まあ大体それぐらいの面白さであった。

ただ、こういうタイプの旦那は闇に葬り去るべし!というぐらい好きじゃない。まるで共感できないし
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.7

ラッセル・クロウ若っ!!
とりあえず面白いけど非常に分かりにくい作品。いつかスタイリッシュにリメイクしてほしい。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

観るのを楽しみにしていたが、同性愛ものと知ってからは躊躇していた。
でもそんなしょうもない偏見はまるで無意味。

北イタリアの街並みと風景、印象的なピアノの旋律が良き。
生々しく、直接的な描写にもセン
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.4

ガッキー観たさに。
まあフツーにガッキーみたいな子なかなかおらんし、永野芽郁とガッキーならガッキーっしょ?

密かに蒼井優目当てでもあり。出番少ないながらもさすがの存在感。
そして広末は若いし、演技も
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.5

NYが好きだったり、詩的なセリフの言い回しが好みならハマりそうな作品。
ただ主人公があまり好きな感じじゃなかった。ミイラ取りがミイラになるみたいな。

でも最後まで観ると、なかなか良く出来た脚本だなと
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.6

いわゆる病気ものとしてはちょっと異色かも。
彼女との話であり、彼女の両親との話でもあり、家族の話でもある。

とりあえず彼女と彼女のお母さんはクール&セクシーで良き。

ラストにかけての展開はどうなる
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

個人的に前作はそれほどハマらなかったが、今作は格段に面白かったと思う。
RPG要素と青春要素がツボ。
ただライフの使い方はセコい。

今作でカレン・ギランのことが好きになった。初めて観た女優さんかと思
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.4

九死に一生的な話をコメディタッチかつポップに描いた作品を想像していたが、全然違った。

どういう話になっていくのか最初は全く想像がつかず、ミステリアスで不思議な作品であった。それでいて非常に怖い作品。
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.7

『きっと、うまくいく』に寄せた邦題があざとい。オマケにスポ根ものはそんなに得意じゃない。

親父の夢を子供に押し付けて美談にした感が最初はあまり好きではなかったが、やっぱりアツいし、面白い。

特典映
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

MCUシリーズ20作目

前作を復習して臨んだので人物関係等入りやすかったが、一応あらすじ的なものもあった。
シビル・ウォー後の話なので、そちらも再鑑賞しておいて正解。ちょっとだけインフィニティ・ウォ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.4

想像以上の問題作!!
胸クソ悪さを通り越して笑えるほど。
ただ今作のジェニファー・ローレンスはとてもキレイ。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.5

初の韓国映画。(韓国は苦手)
でもそんなちっぽけな事は凌駕するぐらいに素晴らしい作品であった!青春映画として最高。
確かにテンポも良すぎるし、ラストの展開は都合が良すぎるが、上映時間の問題なので個人的
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.6

原作未読でしたが、『るろうに剣心』以来の佐藤健と綾野剛のバトルを観てやろうと思い鑑賞。

まあストーリーは度外視、キャラの掘り下げも全然ですが、アクションシーンが凄い!コレはなかなかの面白さでした!!
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.6

青春+ゾンビ?!
この方程式の相性悪くないですね。(^^)

個人的には青春要素があれば、それなりに楽しめるタイプなのですが、今作の主要キャラの童貞3人組がボーイスカウトという設定が良かったです。
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

レンタルまではしないけどAmazonにあったら一丁観てみるか、というタイプの映画…だったので、思いの外楽しめました!

凸凹コンビの探偵バディものなのですが、当初イメージしていたコメディタッチなノリは
>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

3.6

夏が終わるまでに観たかった是枝監督作品。(もう終わった?)日本版『スタンド・バイ・ミー』をちょっぴり期待していたのですが、まあそれはちょっと違いましたかね。

少年少女たちが九州新幹線の全線開業の日に
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.8

2日続けてドイツ映画を鑑賞したのですが、意外とこういうコメディタッチな作品も多いということを実感しました。(勝手にドイツ映画は暗くて重厚なイメージがあったのでσ(^_^;))

今作は、とある裕福な家
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.8

先天性の病気で視力の95%を失った青年の話…なので、タイトルの5%とは普通の人と比べて5%しか見えていない青年が起こした奇跡というわけです。

この青年が幼い頃からの夢であった五つ星ホテルで働くという
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

御歳88歳にしてコンスタントに映画を撮り続ける巨匠クリント・イーストウッド監督。もはや映画作りがライフワークといっても過言ではないはず。
一方、そのイーストウッド監督作品が発表されるたびに、内容は知ら
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.5

巷では幻のとか、伝説の青春映画と呼ばれている作品らしいです。
1970年の作品なので、かれこれ48年ぐらい経つのですが、ようやく最近デジタルリマスター化されて蘇ったようです。

所謂、童貞少年の青春映
>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.4

夫のDVから逃れてきた母と13歳の息子の再生物語…

ローマからトリノという距離感がよく分かりませんが、おそらく結構な距離があると思われます。
そんな見知らぬ土地で母は職探しに奔走し、焦りながらも淡々
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

噂通りの胸クソ映画ではあったのですが、あまりにも重厚過ぎて、観終わった後には疲弊してしまう程の作品でありました…

前半の無法地帯と化した黒人たちの暴動、更には問題となるモーテルでの発砲も、元を辿れば
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.3

原作ファンの方には申し訳ないが、フィルマの長過ぎるあらすじを読んだ時点では、全く観たいと思わなかったんですよね。

ただ好きな女優の1人、二階堂ふみが主演で、あと森川葵まで出演しているので、ちょっと観
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

シリーズ6作目

最近、Amazonでシリーズ一気見したので、そのテンションのままIMAXで鑑賞して参りました!(ど真ん中の席で鑑賞してやりましたよ。笑)

まず冒頭。
近年だといきなりクライマックス
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.0

何気にザック・エフロンが出演している作品は結構観ているので、今作も観てみました。(意外とザックのこと好きみたいです。笑)

今作のザックが演じるのは真面目過ぎる弁護士。
そのお祖父ちゃんを演じるのが大
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.8

シリーズ5作目

コレはもうジャケットを見てお分かりの通り、飛行機のドアしがみつきに度肝を抜かれますよね。
もう凄すぎて笑えるほど!(笑)

そして今作ヒロインのイルサの登場ですよ。最初完全にジュリア
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

シリーズ4作目

ずーっと、このジャケットのトムはバット振ってると思ってました。(笑)その勘違いの謎がようやく解明されましたよ。

実際はこのシーンは、高層ビルの窓にへばりついて昇ったり降りたりのシー
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.9

シリーズ3作目

M:iシリーズ3作観てきましたが、毎作ストーリーは繋がっておらず、単体で独立した作品という印象を受けました。
突き詰めていくと、監督毎にテイストが違い、毎作作風に色濃く反映されている
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.5

シリーズ2作目

大体この手の人気シリーズは波に乗り遅れて参戦することが多いです。(マーベルとかワイスピとか)
という訳で、1作目だけ鑑賞済みだったので、2作目からシリーズ完走目指します!

まず、ト
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

流れに乗っちゃいました!!(^^)
まあDVD出たら観ようかな〜と軽く思っていたんですけど、あまりにも好評価の嵐なので、皆様のレビューに後押しされて劇場に足を運びました!

結果から言うと大正解!!
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

「人はいつ死ぬと思う…? 心臓を銃で撃ち抜かれた時……違う。 猛毒のキノコスープを飲んだ時……違う!!! …人に忘れられた時さ…!!!」
(『ONE PIECE』Dr.ヒルルクの台詞より)

この映画
>>続きを読む

天国はまだ遠く(2008年製作の映画)

3.6

大好物の田舎映画。(そんなジャンルがあるか知らんけど)
おまけに今作の舞台が京都の天橋立というのもまた良かったです。(1回しか行ったことないけど)

イメージ通り静かな作品ですが、所々クスッと笑えると
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

4.0

【夏映画!第7弾】(当時のまま再録)

夏気分を感じさせてくれる大人のロードムービー。個人的には夏の青春映画が大好きですが、負けず劣らずロードムービーも好きなのです。特に今作は劇場公開当時から観るのを
>>続きを読む

>|