ノリシゲさんの映画レビュー・感想・評価

ノリシゲ

ノリシゲ

釣りバカ日誌8(1996年製作の映画)

3.4

室井滋と柄本明のラブストーリーがアッサリしていて物足りなかった。
せっかくクセが強い2人のカップルなのになー

後半の遭難では相変わらずハマちゃんとスーさんがイチャイチャしてたな(笑)
会社の人にバレ
>>続きを読む

アリゾナ・ドリーム(1992年製作の映画)

2.8

正直言って話はよく分からなかったが、ジョニー・デップが若くてカッコよかった!
ジョニー・デップは昔から不思議な世界観の作品に出ていたんだなぁと思った。

そして長かった。100分くらいとか短かったらよ
>>続きを読む

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人(2023年製作の映画)

3.0

こうやって今見ても古い風習にとらわれず生きてきた人なんだなーと思ったけど、内容はあまり響きませんでした。

2024-113
Mar-3

52ヘルツのクジラたち(2024年製作の映画)

4.7

何回泣いたか分からない位泣いた。家で1人で見てた声出して泣いたかも。映画館出る時、他の人たちも「泣いた泣いた」言ってる人が多かったな〜(それだけ泣かせ要素盛り盛りですが…)
あと、前情報全くなしで見た
>>続きを読む

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

3.4

実は初視聴。
夢なのか現実なのかごちゃ混ぜになりながらも楽しめた。

今ではジョニー・デップの映画初出演作として見ても良いかも←自分は正にジョニー・デップ目当てで見ました。

2024-111
Mar
>>続きを読む

ラスト・ソング(2010年製作の映画)

3.2

マイリー・サイラスの魅力が感じられなかったのが残念。
逆に相手役や父や弟など周囲の男性陣が案外良かった。相手役のリアム・ヘムズワースがとても爽やかイケメン。

父と娘を繋ぐのが「音楽」なのに音楽要素が
>>続きを読む

ラスト・リペア・ショップ(2023年製作の映画)

3.3

職人たちの生い立ちを語っているドキュメンタリー。楽器の修理の過程など見られるのかと思ったので思ってたのとはちょっと違かった。

LGBTやいじめや人種など様々な背景を取り上げているので今時の作品という
>>続きを読む

テノール! 人生はハーモニー(2022年製作の映画)

3.3

ラップとオペラという真逆のジャンルを題材にするのが面白い。
割と短めでサクッと見られるけど、最後の歌唱シーンは心に響きました。

2024-108
Feb-48

上流社会(1956年製作の映画)

3.4

ビング・クロスビーとフランク・シナトラと更にルイ・アームストロングも出ていて歌声が聴けるのがとても良い。
そしてなんといってもグレース・ケリーが美しい。

ただ、ストーリーはそこまでではないので、彼ら
>>続きを読む

ロック・スター(2001年製作の映画)

3.5

憧れのバンドに加入できるとは夢のような話。
加入までは面白かったが、そこからはありきたりな展開だったかな〜
でもラストは結構好きな感じだった!

2024-106
Feb-46

あいつと私(1961年製作の映画)

3.3

オープニングの主題歌や序盤は微妙に感じたけど、見てたら意外と面白かった。

今ではNGな昭和的な表現もあるし、終盤もありきたりな展開ではあるが、安保闘争や当時の豊かな大学生の雰囲気が見られたのは良かっ
>>続きを読む

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

3.5

テンポも良くて思ってたより面白かった。
ラッセル・クロウの体型もやっと見慣れてきて「昔は…」というノイズになる感覚もあまりなくなったので入り込みやすかった(笑)

現実に悪魔はいるかいないかは分からな
>>続きを読む

ワールド・ベスト(2023年製作の映画)

3.4

主役の子のラップ上手かったな〜
ママの回想シーンに現在の息子がいたり、想像のパパとラップしたり、独特の世界観だけど思ってたより楽しかった。
サクッと見られるのも良い!

2024-103
Feb-43

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.5

Filmarksで評価が高かったので期待はしていたけど、期待以上だった。
音楽と映像が溶け合ってて最高でした!

それぞれの背景なども知った上での演奏シーンはどれも胸が熱かったけど、最後の曲は特に凄か
>>続きを読む

釣りバカ日誌7(1994年製作の映画)

3.3

今作からみち子さん役が浅田美代子に変わったんですね。しばらく見ていれば慣れるでしょうけど、今はちょっと違和感あり。

スーさんの嘘をつく癖は良くないですねー
まぁ結局スーさんとハマちゃんが元サヤなのは
>>続きを読む

キング・コング(1933年製作の映画)

3.5

100本毎のキリの良いレビューはとても古い作品を見ています。3100本目のレビューは本作。

今の映像技術に慣れてしまうとかなりアナログ感満載だけど、90年前の作品だと思うと驚き!思ってたより楽しめた
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

テンポが良くて、音楽との相性も良かった。
後半は警察とかほとんど関係なくなってたけど、そんな事も気にならない位楽しめたし、終わり方も納得できた。

2024-99
Feb-39

さよなら、私のロンリー(2020年製作の映画)

2.5

皆様の評価高めですが、自分には合わなかった。
そんなセコい詐欺でお金稼ぐなら普通に働けば良いのになと思ってしまって、独特な雰囲気に入り込めず…

2024-98
Feb-38

アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌(2018年製作の映画)

4.7

亡くなった父の事を思い出して後半はかなりウルウルしました。
誤解のないように書いておきますが、ウチの父は暴力振るった事はないし優しい人でした。自分が勝手に父をウザかったりしてただけなんですけどね…生き
>>続きを読む

ゴヤの名画と優しい泥棒(2020年製作の映画)

3.4

序盤の掴みは良かったけど、イマイチ盛り上がらず…と、思ったらラスト近くだけど法廷シーンが面白かった。

あとはヘレン・ミレンの演技は流石だなぁーと思ったし、自分は邦題も好きな感じ。

2024-96
>>続きを読む

ビクター/ビクトリア(1982年製作の映画)

3.3

序盤のG(ゲイではなくゴキの方)で気分がすっかり萎えてしまった。同性愛や女装に対する扱いも今よりは雑に感じた。

でもジュリー・アンドリュースの歌が何曲も聴けて良かったのと、ホテルの部屋に忍び込むドタ
>>続きを読む

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

3.7

オチは予想外だったけど、基本的に王道の展開。でも使われている曲がどれも良かった。

2024-94
Feb-34

俺は死なないぜ(1961年製作の映画)

2.3

和田浩治の魅力は感じられないまま終わってしまった。いかにも当時の日活映画という感じかなー

お目当ての吉永小百合は端役。古い順に見てるのでまだしばらく吉永小百合は出番少なめなのかな…

2024-93
>>続きを読む

すくってごらん(2021年製作の映画)

3.5

映像と曲が良くてMV見てるような感覚でいつの間にか引き込まれてた。みんな歌が上手かった。

とはいえストーリーは然程面白くはなく、なんと言っても字幕が邪魔だったな。

2024-92
Feb-32

テルマ&ルイーズ 4K(1991年製作の映画)

5.0

自分が人生で一番見てる映画だと思う。
だけど映画館で見るのは初めて!
何度も何度も見てるので新鮮味はないけど、それでも楽しめた。

後半どんどん追い詰められてるのに解放されていく2人がとても良かった。
>>続きを読む

紳士は金髪がお好き(1953年製作の映画)

3.3

マリリン・モンローがイメージ通りの役柄だった。対照的なジェーン・ラッセルとのコンビでバランスが良かった。
もう少し曲があっても良かったのにな。

2024-90
Feb-30

釣りバカ日誌スペシャル(1994年製作の映画)

3.3

課長の娘の縁談の話が中心で、いつものドタバタが控えめに感じた。

ハマちゃんの嫉妬深さに今回はちょっと引いてしまったよ(笑)

2024-89
Feb-29

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.3

アーサーの頑固じいさんな感じが晩年の祖父に似てて逆に感情移入できなかったよ😅

妻が生きている間に変われてたらな…と思ってしまった。でも良い話でした。

2024-88
Feb-28

ラスティン:ワシントンの「あの日」を作った男(2023年製作の映画)

3.6

「あの日」の大行進の事は知っていたけど、陰で動いていたバイヤード・ラスティンという人は知らなかった(もしかしたら過去に見た映画などで出てきてるかもしれないが認識してなかった)

公民権運動やLGBTと
>>続きを読む

バンディッツ(1997年製作の映画)

3.7

昔見て面白かった記憶だったので中古DVDを購入して再視聴。

今ならSNSで居場所バレそうとか、逆にSNSで音楽を投稿したりできるんじゃないかな?なんて思った。
ストーリーは唐突だったり色々あり得ない
>>続きを読む

ジョン・バティステ:アメリカン・シンフォニー(2023年製作の映画)

3.3

ジョン・バディステの曲が好きなので見てみました。
グラミー賞での栄光の影でプライベートでは奥様の闘病があったとは驚き。

自分はアカデミー賞も好きだけどグラミー賞はもっと好きなので、ちょっでもグラミー
>>続きを読む

有難や節 あゝ有難や有難や(1961年製作の映画)

3.3

いかにも昭和的なめちゃくちゃな話だけど、一周回って結構楽しかったという感じ。

今回も吉永小百合目当てで見たけど、まだこの頃はちょい役も多いのですね。思ってたより出演時間短かった…

そして、昔祖父が
>>続きを読む

カラーパープル(2023年製作の映画)

3.5

昨日85年版を見たばかりなので、どうしても比較してしまうが、一言で言うなら「見やすくなった」です。

85年版のが虐げられている描写が多く音楽も泥臭いブルースだった。キャストも全体的に85年版のが自分
>>続きを読む

カラーパープル(1985年製作の映画)

3.6

ミュージカル版を見に行く予定なので予習を兼ねて視聴。

白人による黒人差別の話かと思ったけど(中盤以降それも出てくるが)男性に暴力的に扱われた女性の話だった。

長い年月の話で、時々見ているのも辛く感
>>続きを読む

ポップスが最高に輝いた夜(2024年製作の映画)

4.2

今聴いても名曲。
あれだけの人数のスケジュールを押さえ(AMAの日とは知らなかった)、才能やエゴの塊のようなミュージシャン達まとめるのは相当な労力(ほとんどの方は「エゴを手放す」を守っていたようでした
>>続きを読む

窓ぎわのトットちゃん(2023年製作の映画)

4.1

トットちゃんの顔が黒柳徹子っぽかった。でも今の黒柳徹子にシンクロしない程度の似せ方が絶妙。

空想や悪夢のシーンがあったり、全体的にトットちゃん目線で描かれているので前半はほのぼのする所が多かった。
>>続きを読む

>|