関取さんの映画レビュー・感想・評価

関取

関取

映画(110)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

サンキュー・スモーキング(2006年製作の映画)

3.8

カッコいいお父さんモノの映画は色々見ましたが、このタイプのカッコいいは初めてですね。一般道徳から考えたらやっぱり悪い事かもしれませんが、ローンのためには仕方ない。そんな生き方がすごく人間味があり魅力的>>続きを読む

大逆転(1983年製作の映画)

3.5

デンホルム・エリオット抜群ですね。他にも出てくるおじさん連中がみんな個性的でgood。序盤若干ダルいですが本筋に入ってからはずっとワクワク出来ます。吹き替え版は幻の下條エディでした。

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

はっきり言ってリアルティは無いですよ。ナチスがあんなにぬるい訳はないでしょ。1、2回でいいから残忍なシーンがあれば、息子のために嘘をつくお父さんがもっとかっこ良くなるのになぁと思っちゃいました。ただね>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

終わり行く時代にしがみつく事しかできない父と、未来に夢を見る息子。そりゃ、衝突しない方がおかしいですよ。設定やストーリーはベタベタなんだけど、実話だってのはすごいですわ。現実離れした目標を掲げたとき、>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

3.7

映像、世界感、シーン、キャラクターは間違いなく素晴らしいですよね。ただ、ご都合感は否めません。大好きですけどね。

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

4.2

久しぶりに見返しました。子供の頃はただただ楽しいだけでしたが改めて見ると歳の性か、かなりグッと来ました。人間というものの業の深さと、それに負けてもどっこい生きていく狸の強さと愛らしさ。高畑監督はやはり>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

ひとつの物語として要素が多すぎるのかな。資源、財産を増やすために人間小さくすって設定すごく面白いんだけど、どう感情移入すれば良いか、ボヤけちゃってたかな。クリストフ・ヴァルツはヤハリgood。

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.8

緊張感がたまらないですね。クリストフ・ヴァルツの尋問シーンはめちゃめちゃ怖い。冷静に狂ってる奴が一番ヤバい。蛇が獲物をじわじわ絞め殺すようです。全体的に非常にgood。ただ、ナチス関連について知識がな>>続きを読む

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

3.7

パッケージ詐欺ですな。家族愛に満ちた良質映画でした。

白い犬とワルツを(2002年製作の映画)

3.9

この映画で仲代達矢さんを知り、惚れちゃった翌週に劇場でたまたまお会いできて感動した思いでの作品です。

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

3.9

アンソニー・ホプキンスがすごくキュート。無邪気なおじいちゃんは愛されますよね。

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

3.2

スティーヴ・カレル見たさに拝見。つまらなくはないんだけど、そこまでグッとは来ないかな。個人的には俺たちスーパーマジシャンのカレルの方好みかなぁ。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.6

頭空っぽにしてハッピーになれますよ。ララランドもハイスクールミュージカルもそうだけど、あんだけ流行るってのは人の根源に歌と踊りってなんかあるんでしょうね。だって楽しいもん。

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

1.6

フルメタルアルケミストすごい好きなのでその実写版だと思って見たのですが、違いましたね。僕の大好きなチャウ・シンチー映画と同じカテゴリーだと思います。すごく笑えますよ。冒頭の、やんちゃな親御さんの趣味か>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.0

すごく安心して見れる映画です。すごく楽しめました。木曜日の昼過ぎくらいに見る映画としてベストです。でも、んなうまく行かないだろって存分に思っちゃいました。間違いなく面白いんだけど、なんか腑に落ちない、>>続きを読む

学校III(1998年製作の映画)

4.1

これだけ心が温まる学園映画はなかなかありません。一生懸命に生きることの素晴らしいさを学びました。

>|