koyanagiyamatoさんの映画レビュー・感想・評価

koyanagiyamato

koyanagiyamato

ぼんやりした忘備録。

ブリムストーン(2016年製作の映画)

5.0

四章立てで一人の女性と男性の壮絶な人生を描いていく。ウェスタンであり、スリラーであり、時々ホラーで、そして大河ドラマでもあり、二時間半ながら、終始手に汗握りながらハラハラと、その長尺は感じさせない。監>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

4.0

ユジク阿佐ヶ谷
小学四年生の女児。両親と弟と貧しいながら慎ましい暮らしで、集合住宅に暮らす。クラスではスクールカーストの最底辺で、目に見えて虐められているわけではないものの友人はおらず。そんな中、夏休
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

映画としては70点くらいなのだけれども、どうしても採点は甘くなってしまうのでご容赦ください。
とりあえず、毎年こんな思いができるなんてという多幸感と、いい塩梅にスター・ウォーズで、ファン接待としても申
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

IMAX-3Dにて。
きちんと『ブレードランナー』。
きちんと模範解答。
なのだけれども3時間をビンビンに頭を働かせる集中力は夕方に残っておらず、惰性で映像と音に飲まれてきました。
ドゥニは相変わらず
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

チャス子、やっぱり強そうだなあ。
アゴ割れているしなあ。
だなんて上映前予告で流れた『ユダヤ人を救った動物園』を観て、ぼぉっと考えていたのだけれど、本作の彼女はその数千倍強そうで、やっぱり抜群の推進力
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.6

結局、最後は『ドリームキャッチャー』と同じところに着地するんだよなぁ。
そして、さすがにホラーで2時間強は辛い。
長過ぎる、、、
ただただ、悪趣味で、ペニーワイズが出て驚かすだけなので、怖くもないし、
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

何年に一本はこうやって魂が震える作品に出会えるもので、控えめに言っても最高!
『ヘルボーイ:ゴールデン・アーミー』を観たときの大興奮がまるで昨日のことのように。
そして『ぼくのエリ 200歳の少女』で
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.6

不規則な動きを見せる振り子の様に、ゆらゆらと予想のつかない方向へと転がる物語、次々と登場する頭が悪く信用ならない男女、監督の前作『セブン・サイコパス』同様、はっきりとゴールは見えているのだけれどもルー>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.8

とにかく嫌な嫌な描写、不潔で下品な阿部サダヲに、鬱憤を抱えたまま顔が歪んでしまっている蒼井優。そして、彼女と関係をもつ竹野内豊と松坂桃李。
欲と性、あまりに嫌な人間ばかりで、白石監督の見事な演出も相成
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

TOHOシネマズ六本木ヒルズ、MX4D にて。
ふぁーっ!
「キャットピープル」だーっ!
New Order だーっ!
楽しい楽しい80sポップスにワクワク心が踊るのですが、そんな軽やかなスパイ映画で
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

4.8

五味弘文さんプロデュースのお化け屋敷のような、百点満点の観客を恐怖へ誘う導線の作りと、そしてそして何より風呂敷のたたみ方があまりに見事で震えました。パーフェクト!

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.3

TOHOシネマズ錦糸町にて。
泣きに行ったのになぁ。
なんだろうなぁ。
作品を構成するピースの一つ一つは悪くないんだけれども、組み合わせてみたら今ひとつ噛み合わず、と言いますか、、、
やはり、まるで北
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.6

ユナイテッドシネマ豊洲にて。
あっさり、終わってしまったなあ。
なんて少し寂しくもあったり、これだけの予算をかけたヤクザ映画はこれから作られる機会はあるのかしらと考えてみたり……。
本作は暴れっぷりに
>>続きを読む

オペレーション・クロマイト(2016年製作の映画)

4.5

濃厚過ぎるほどにドラマティックでウエットで、ヒリヒリする潜入サスペンスと戦車まで登場する戦争アクションの二味が楽しめて、さらにはリーアム・ニーソン演じるマッカーサーまで登場するだなんて、もうお腹いっぱ>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

ユナイテッド・シネマ豊洲
吹替版・絶叫上映にて

密室
様々な制限
ウエットさ

うまく計算して作られていて、なるほどエンタメとして超一級だし、奇襲により押しに押され、あっという間に陥落したソウルから
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

4.5

理系で航空工学科出身で、かつて『ロボコン』を観たときに号泣した私。もちろん本作も他人事には思えずでもちろん甘々採点ではございますが、そんな色眼鏡をかけなくても血沸き肉踊るスポ根ムービーとして二重丸!い>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.5

したまちコメディ映画祭
@不忍池水上音楽堂 野外ステージ
台風が近づく上野恩賜公園の野外ステージ。もちろん屋根はあるのだが、雨音が鳴り響くなかでの鑑賞は新鮮。
そして、久しぶりに常時ハイテンションで躁
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.8

裏切り、裏切られ、修羅の国。
肉体損壊の雨嵐。
やり過ぎだなあ。
ちょこっと食傷気味。
味付け濃すぎて胸焼け気味。
毒をもって毒を制す。
サンダ対ガイラ、南海の大決闘。
市長と検事と警察。
この三すく
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

乾いた銃声
鉛色の空
静かに消えていく命の火
淡々と描かれる戦場
枢軸国の敵兵の顔なんて見えず
感情移入もできない連合国の兵士たち
エモーショナルだとか
ウエットだなんて排していて
とにかくドライで
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

17歳、世界のほんの欠片も知らないくせに、小さな町の中でただただ頭でっかちで、自意識がむくむくと巨大なモンスターに成長して暴れまわっている。そんな困ったお年頃。
主人公のネイディーンは周囲から疎外され
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.4

仕事帰り、すっかり見逃していたので慌てて飯田橋ギンレイホール にて。
業務中、夢心地でぼんやりしていたのだけれども、眠気の足音も聴こえることなく、アドレナリンもドバドバと、パッキリ覚醒して、あぁいい具
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

シネマイクスピアリにて。
しかし、QUEENの「Brighton Rock」なんて流されたらズルイなー。一気に大好きになっちゃったじゃん!血沸き、肉踊る選曲センスに、当たり外れはあるけれどエドガー・ラ
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

4.5

『鍵泥棒のメソッド』原案の韓国映画ですが、オリジナルを観た方でも、韓国映画は苦手だなぁという方でも、楽しめること間違いなし!
満席の場内がドッカンドッカン和やかな笑いに包まれておりました!
そんな、思
>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

3.9

哀しくて切なくて、でも愛おしく美しい、そんな寓話。
偶然、山の中である事がきっかけで、時の止まった世界で暮らすことになった三人の少年。一日が経ち、一週間、一ヶ月、そして数年、、、それでもまだまだ時は止
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

1.5

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』岩井俊二版は中学生の頃、VHSで観たっけなあ。くらいの薄ぼんやり。さてさて、TOHOシネマズ錦糸町で観て21時頃、錦糸町の夜、ぶらり。遠雷、夕立ち、そして>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

4.0

『東京喰種トーキョーグール』
楽天地シネマズ錦糸町にて。
原作もアニメもしっかりリアルタイムで追いかけていた、そんなぬる〜い原作ファンですが、これはこれはで意外な拾い物でございました。削るところは削っ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

3D字幕版をTOHOシネマズ渋谷にて。
リブートに次ぐリブート、何周か回って、あぁ、トビー・マグワイアでもアンドリュー・ガーフィールドでもなかった、トム・ホランドで良かったのだなと思える、そんな今回。
>>続きを読む

あの人に逢えるまで(2014年製作の映画)

4.4

たったの28分。
それでもこんなにエモーショナルで、こんなにもドラマティックで、ヴァ〜っと涙腺が決壊してしまいました。

線を引かれ分断された国家。
離れ離れになった夫婦。
朝鮮戦争の休戦から60年余
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.4

四半世紀以上、三部だったでしょうか、その頃より週刊連載を楽しみにしていた原作ファンです。
本作については正直これはジョジョではない。
けれども案外頑張っていたなあというのが正直なところ。
スタンドのC
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

4.3

あんなにアニメ版が嫌いだったのに…
全オレの心が叫び、そして喜びで震えました。
ググーッと心を掴んで離さない、そんなTHE芳根京子SHOWなのだけれども、ほかのキャストもみんな血が通っていてよい。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

1.8

お話の推進力も弱くて、主人公に感情移入できない自動操縦のRPGのようで、「長いなー」なんて思っていたら唐突に終わっていました。
宮崎さん高畑さんはやはり天才だったなあと。

リヴォルト(2017年製作の映画)

4.0

意外とちゃんとしているなあが第一印象。
キチンとした説明こそないのだけれども、気を失っていた主人公が目を覚ますと、世界はロボットたちに支配されていた。
そして、そのロボットが人間を一瞬で蒸発させる光線
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

何というか、体温が上がった。
カニバリズムと生、青春、そして性。
最後にはまさかの感動。
世界が赤く見えた。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

ちょっとムムッと見過ごせない描写はいくつかありましたが、真っ直ぐにドスンと響く、さすがは巨匠メル・ギブソン、観終わって溜息。

訓練地においても、周囲の屈強な男たちに比べると、なよなよしてひ弱でどう見
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

4.2

最高にファニーで、最高にロマンティックで、ちょっぴりビター。
ノア・バームバック風味でグレタ・ガーウィグが抜群にキュート!
つまりは大好き!

帝一の國(2017年製作の映画)

3.3

バタバタしている中、時間がちょうど良かったので鑑賞。
疲労感のなか、心配していた睡魔に襲わるることなく最後まで完走。
とは言え、なんとも物足りない。
うん、役者さん達の怪演も楽しく、クスクス笑ってはみ
>>続きを読む

>|