もりえーるさんの映画レビュー・感想・評価

もりえーる

もりえーる

映画(1337)
ドラマ(77)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

感動させる系なんだろうな、と思いつつ、まんまと感動。
子供たちの演技もよかった。

主人公だけではなくて、周りにもスポットをあてて
「みんな何かと闘っている」と伝えているのが良かった。

普通ってなに
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

知らなかったなーこんな事実。事件自体も。

ラスト、本人の映像が流れるんだけど
ジャンプもステップもダイナミックですごい。
映像色々探してみてみようかな。

マーゴットロビーはどこまで本人が演じている
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

-

これすごく評価低いけど、後半まで私はけっこう面白かったなー。ただ映像で見たく無い部分がたくさんあったというか、小説のほうが面白そうだな、って感じるシーンがすごくたくさんあった。

なんでかなー。生々し
>>続きを読む

アンダルシア 女神の報復(2011年製作の映画)

-

キャストもロケ地も豪華なんだろうけど全体的に盛り上がりがよくわからなかった。シリーズだから他のも見れば違った面白さがあるのかなあ。

愛の新世界(1994年製作の映画)

4.5

鈴木砂羽さんのデビュー作、いつか見ようと思っていたけれど、さすがに古いかな〜とか思っていて(古い映画も好きだけど)なんとなく先送りになっていた…のだけど、面白かった!だらだらと見始めたけどすぐに入り込>>続きを読む

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-(2019年製作の映画)

-

吹き替えで見てみてください。
子供の声が名探偵コナンの声優さんなので、

コナン「たすけてー!ここから出してよー!」

私「絶対自分でどうにかできるだろ!!」

ってなります。

Tango(原題)(1981年製作の映画)

3.8

面白い!youtubeで他の作品も色々出てくるけど、どれも面白い

七つの会議(2018年製作の映画)

-

萬斎さんの洋服姿がセクシー過ぎておおおお…となる

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.0

お金で買った愛。偏った親子の愛。
どんな形でも愛は愛……?わかっちゃいるけど観るのひたすら辛い。
けど田舎にはいまだに、当たり前にある形…

人間の悲しいところ汚いところ嫌なところ、
果てしなく詰め込
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

こんなに面白い映画だったのかw
キャストもいいし、地域ネタがいちいち笑えるし、
あほらしくて最高でした。
テルマエ・ロマエの監督だったのか!なるほど。

サイタマラリアwwww

ガクトも役そのままっ
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

-

ただひたすら、このシリーズのヤスケンが無駄にかっこいい。ドラマも。なんでこのかっこよさをこのシリーズで発揮したんだ。

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

今までの園子温映画を見ていると、これまでの自分の映画のいろんな部分を切り取って出していて(名前、設定、セリフ)、そういうセルフパロディ的な遊びを入れたんだろうなーと思いながら…でも、とくにそこもあまり>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

-

レイ・リオッタって、どの作品を見ても独特に気持ち悪くて、気になってみてしまう…全然好きじゃないのに、なんか気持ち悪くて見てしまう…

最初のほうのテンポが気持ちいい。ずーっと客観的に見ていられる。

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

感じること考えることがありすぎて、何から書けばいいか…?二回目を観てからきっと追記するはず。いやーすごかった。すごすぎる。ハング・オーバーの監督よ、こんなのも撮れたんかい…。

そしてホアキンの演技よ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.0

ジョーカーを見る前にこれを見て!ってわけでもないけど、
オマージュ元を見ると、あ〜この部分がこうなのね…っていう発見はある。

しかしスコセッシはタクシードライバーもそうだけど
デニーロをいろんな方法
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

-

これ、当時のチラシに「なぜ、闘うのかー」って書いてあったんだけど、

こっちが聞きたいわ!!!!ってなった。

そして観たあとも、なんで闘ったんや…てなった。

スーパーマン役の俳優は、いつも「よくこ
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

かわいい映画だ。デニーロもアンハサウェイもかわいい。

ま、実際こんなかわいい70歳ばかりじゃないけども…こんな風に人生のアドバイスくれる人が突然現れたらラッキーだ。

恋するベーカリー(2009年製作の映画)

-

この邦題に騙されて家族とかで見た人は気の毒な気がするw というくらい、ベーカリー関係ない。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.0

記録し忘れてたけど、ジョーカーが思い出させてくれた。
ジョーカー早く観なきゃ。

これ、なんていうジャンルの映画なんでしょうね。
スコセッシっぽい映像、音楽、NYの汚さ。

場面の切り替えに流れるあの
>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

-

ピエロが出てくるだけでだいたい怖い。
ピエロに善人居ないんか。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

-

キムタクは、全盛期の頃の「キムタクです!!」っていう演技から変わった気がする(HEROとか?)。どっちが良いというわけではないんだけど、キムタクです!ではない彼に合う役柄ってなんだろう?って考えるもの>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

かなり好きな部類の映画だった。SFはどちらかというと苦手なジャンルなんだけど、後半の方までしずかーに、「いったいなんなの」状態がずっと続く状態で、それが心地よかった。タコたちも静かでなにやら知的で、あ>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ4(2012年製作の映画)

-

ちいさいびっくり×100 みたいな感じ。
それに慣れてきたところで終わる。

ざーっと感想見てると、普通にネタバレしてるのが多かった。
つまらなかったからってネタバレしていいってもんじゃないぞ笑

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

ラッセ・ハルストレム監督の映画久しぶりに見た。かわいいのお、かわいいのお。日本でもヒットしたと思うけど、なんだか子供向けのイメージがついていたのは邦題のおかげかな…。※原題は「A Dog's Purp>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

ケン・ローチの作品はどれも、ぱぱっと感想を書けないなあ…。
一本でもたくさんの映画を作ってほしいです。
でも彼が映画を作るのもういいや、って思ったら
その時は世の中幸せになったということかも。

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

みんな歌うまー!こういうミュージカル調だとは知らずに観た。

エンドロールの衣装コレクションかわいい。Your songが生まれた瞬間のシーンで思惑通り涙するわたし。そしてリトル・ダンサーのジェイミー
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

ネトフリで、これでもかとおすすめに出て来た作品。
エンドロールかわいいよ!曲もデザインも。

ええと役名を忘れてしまったけど、オーシャンズの最新作でスリの役をやった子が出てます。

ストーリーはまあ、
>>続きを読む

>|