クッキーモンスターさんの映画レビュー・感想・評価

クッキーモンスター

クッキーモンスター

映画(178)
ドラマ(0)

劇場(2020年製作の映画)

3.8

サキが壊れていくの止めろよって苛つきながらも切ない気持ちにもなれた。松岡茉優ちゃん好きだなぁ

パターソン(2016年製作の映画)

3.6

同じような毎日も同じ毎日じゃないから毎朝しあわせ

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

2.8

ホラー?ダークおとぎ話。リトルマーメイドは好きだけど人間で良かったな。

ザ・サンド(2015年製作の映画)

2.6

早送りしまくって20分とかで多分観れる。ツッコミどころ満載のエログロお砂場パニック。

アス(2019年製作の映画)

3.0

コメディ要素が強いんじゃんって思ったけど、意味合い的にホラーなのか。一回の鑑賞だと私には??ただ「私達もアメリカ人」てセリフに格差問題的なメッセージみを感じた。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.1

1年間不眠と幻想に捉われ続けたトレバーは正常な精神の持ち主なんだと思った
唯一最後のシーンで右にハンドルきれた事が彼の救いだろうか。

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

3.2

棺桶から起きる秋代にとってHOPEは里子の隕石みたいな位置付けなのかなって思った。諦めてるけど希望がゼロじゃ死んだままでいいやってなるよね。
神様がいるかどうかは分からんけど、神様のせいで神様のお陰で
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

3.4

一人遊びが楽しいのは所詮ひとりじゃないからっていう説。たとえ食糧充足してたってさ、ウィルソンなしじゃあ生きていけないよ。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.9

マイノリティーへの制裁が悔しすぎマルコはハッピーエンドが好きなのにちくしょー。アランカミングの表情がやばい愛に溢れてる。。

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.9

3.11から9年。私はと言えば会社のトイレ中…課長に激ノックされて中庭に避難したっけ。余震が続く中、食堂で流れているニュースの映像が嘘みたいだったのを思い出す。あの間にも命がけで作業されていた原発の作>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.4

続ヒロイン強い。自殺のバリエが豊かになってて笑う、括りホラーではないよなこれ

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.3

謎の感情に襲われる感。理解不能だけれど多分救済映画なんだと思う

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.6

非人的な行為によって社会との関係を持つとか闇深い。映像と音楽の雰囲気が素敵でした。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

3.8

大切な人が1番すきな映画と言っていたので鑑賞。タイムスリップには夢があるよね。でもね、未来は分からないから夢があるし、お楽しみにしたい!

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.3

三井くんはとんだ変態野郎だ。
なのに、あの後二人で幸せになってほしいと思ってしまうなぞ。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.4

自分にとって何が大切なのか自問自答させられる映画。周りにどう思われるか気にして世界を小さくするのは自分自身ね。障害があるのは君の心!

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.3

前半は不気味で気持ち悪い雰囲気。後半はやりきれなさとじんわり苦しい感じ。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

テルコの気持ちもわかる。近づきすぎると脆くなるなら程よい距離感を保ってでもマモちゃんのそばに居たいってね。
でも、ナカハラっちの王様の話からの勇気を称える!好きと執着が分からなくなる恋愛はその時点で自
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.9

爽快!ダイナミック!
目に見えるものが真実とは限らない。
アダムとイヴは本当に愛し合っていたのか。芸能界きってのオシドリ夫婦は本当にビジネスではないのか。
運命の赤い糸はあるのか。
真実は愛だけが知っ
>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

2.9

なんかイマイチ入り込めず。
綾野剛の演技はすごいのはわかる

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.2

たかこが自分と重なってしかなかった。
でも、私なら中村倫也の求婚受けます!
突き飛ばされた後で、捨てられた子犬みたいな中村倫也を力一杯抱きしめますわい!

あん(2015年製作の映画)

3.3

誰かを優しい気持ちに出来る人になりたい。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.2

狂ってるこれ。ただ、銀世界血飛沫映えあんど野崎の透明感映え。

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

3.6

中国返還前の香港が舞台という事で興味本意で鑑賞。バスの行き先が九龍城であった事と独特の町の雰囲気にときめき。物語はと言えば、切ないに尽きる。

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.5

ちょっと切なくて、くすっと出来て、ほっこりした気持ちになる物語。
認知症をこうやって自然にすっと受け入れるのって出来ないと思うので。

羊の木(2018年製作の映画)

3.2

うーん、なんだかなぁ。
希望とか期待とかそういうのはね無駄だからって言われてる感じ。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.4

ALSの進行を本当なのでは?疑うレベルで演じていて素晴らしい。愛って凄いね、裏切ってる感覚のない浮気なんてあるのかなって。あるらしい。

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.4

男の友情いいね!成田凌ってこんなに演技派なのこれみて知った。新は雰囲気あって相変わらず好き。どうせならセブンスター吸ってて欲しかった★

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.6

この世界は本当は幸せだらけなんだよ。そっかぁ!って忘れてた事を教えてくれた映画。

凶悪(2013年製作の映画)

3.4

先生とか同じ人間だと思うと吐き気する。
でも、凶悪って誰にでも潜んでる感

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.0

うーん、途中まで頭が追いつかなかった。
多分予備知識なくいきなり観ると不消化で終わりそうな感じ。原作読んでる方なら詳細分かるんでしょうが。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.3

ヒトラーは帰って来たわけではなく、いつも我々の隣にいるのかも知れない。