霧の猫さんの映画レビュー・感想・評価

霧の猫

霧の猫

映画(110)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ワイルドリング 覚醒する少女(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

恐らく狼男の女性版でしょうか? ぼんやりとしたストーリーで、少し分かりにくいか。 映像は全体を通してダークな感じ。 大人になったら、別の生物に覚醒するというので、それをさせないために薬を投与、なぜに助>>続きを読む

人狼ゲーム インフェルノ(2018年製作の映画)

2.0

いつものやつ(笑)
今回は、刑事とか主催者らしき人も出てくるけど、基本「いつもの」的なストーリーです。誰がなに?ではなくて、ゲーム参加者のつながりに重きを置いた物語になってますね。

ダークハウス(2015年製作の映画)

3.5

幽霊屋敷もののホラー。
でも他のものとは一線を画している。
刑事や心理学者による青年の取調べが主に、想いを起こす感じで進んでいく。悪霊の姿はほとんど描写無しだけど、思いのほかゾクゾクしましたよ。憑依さ
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

2.0

なんでこうなった?系のやつ(´・∀・`)
一度観ただけではよく分からなかった。
全編を通して若干、セピア色の強いカラー映像は、雰囲気としてよい感じを醸し出してます。

確かにもう一人の自分に出会う「ド
>>続きを読む

ダーケスト・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

アイルランド産ホラー。
なかなか興味深い設定のストーリー。映像はゴシックホラー的な感じ、しかもカメラワーク等もよさげで、退屈することなく最後まで観れました。(*^─^*)

好き嫌いが分かれるタイプの
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.0

超過激な復讐劇。
そこまでやるか!やっぱ韓国映画は過激やな~^^
序盤から飽きることなく終盤にかけてピークをもっていく作りは最高。
タイトルにだまされてほのぼの観てると火傷をしそう(笑)
エンタメとし
>>続きを読む

赤い雪 Red Snow(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

甲斐さやか監督という女性監督の映画。
女性監督ということを思わせない独特の感性を感じます。
日本映画独特というか、スローなストーリー展開と全体を通して映像がダークな静かな展開を見せています。
導入部か
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.3

視覚効果に重きをおいた作品のようにも思えます。
可もなく不可もなく無難に。日本人キャストも話題になったけど、自分的にはあまり印象に残るものが見つからなかったんですが・・。

ヒューマン・ハンター(2017年製作の映画)

2.3

近未来を描いたサスペンスか・・。
ニコラス・ケイジさんなのでどんな映画にでも出るから、今回は・・・まぁ、普通ですかね(笑)
ただ、少し雑なストーリーが目に付きます。
荒廃した未来が中途半端、核心である
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.5

ソフィア・コッポラ監督の長編デビュー作。ほほ~う。
女流監督なので、映像は綺麗に・・。
ただ、私の理解力不足か、なにを訴えているかということがいまいち、わからなかった。
普通なら、厳しい両親にルールで
>>続きを読む

ジャッジ!(2013年製作の映画)

2.5

CM業界のことはよ~分かりませんが、日本映画のよくあるコメディーですね。
人間の欲を描いてるけど、さらりと流す感じで凹凸がない。あくまで喜劇をベースにして軽く見れる。完成時には話題になるも、数年経過し
>>続きを読む

ヴァイラス(1998年製作の映画)

3.0

2回目の観賞。製作当時はデジタル技術を駆使したであろう映像が満載。キャスト陣も豪華。
機械生命体と人間の攻防を、狭い船内の中で描く。
しかし、映画の中でのことと思っていたことが、段々現実に近くなるのは
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.2

前作と比べるとよりスケールがアップ!
ディズニーなので作画など問題なしで、ストーリーに集中できる。
サウンドにも感動、やっぱ映画は劇場鑑賞が一番いいと再認識。
まぁ、経済的にはそんなに行けませんが(涙
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.5

おっと!意表をつかれた!
何気なく観始めたら結構面白い(*ノ∀ノ)ヤン♪
前半のただただ日常の生活のシーンも主役の少女の存在感なのか、あまり退屈に感じない。
さらに、後半は鬼気迫る眼力ですさまじいアク
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

なんとも怖い映画だった。人を操ることが出来るなら、マジで起きそうな倫理観を問われる深い闇を観せられた。
ストーリーもよく出来ていて惹きこまれる。
恋人の女が「おばあちゃん」「おじいちゃん」と言った時に
>>続きを読む

アックス・ジャイアント(2013年製作の映画)

2.0

いい!超くだらないが、この作風はC級映画の醍醐味!
パニック、グロ、都市伝説、ティーンズ・ホラー混ぜに混ぜた娯楽作ですね(笑)
いろいろ突っ込みながらみるのも面白いかな。
山中でロケしてると思われる綺
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.9

ほとんどが水中での撮影と思われる作品。たぶん・・・。
シャークパニックもたくさんあるけど、本作はかなりいい出来かなと感じましたが。
むやみやたらと鮫が出てこないし、鮫のグラフィックも自然で違和感を感じ
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

2.5

前情報無しで鑑賞。
なかなか難解な映画ですね~。
「来る」とはなんとも単純なタイトルだけど、来るものがはっきり描かれていなくて観る側の捉え方によって、怖い、不気味、グロイなどいろいろ分かれそう。
キャ
>>続きを読む

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

3.8

重力の世界がこんなんなのか~と思わせる映画。科学的な指摘はいろいろあるけど、これは映画ならではの世界観なので良しとしましょう。
物語はきわめてベターなラブストーリー。映像は美しく作られてファンタジー色
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

4.1

美しい娘を授かり、現実を受け入れない母親が娘を巻き込んで、家族崩壊していくなんとも切ない映画。
大女優のI・ユペールがハチャメチャな母親を演じてるのも凄いが、娘役の少女の美しさに驚く。母親への愛情を求
>>続きを読む

ザ・ベイ(2012年製作の映画)

3.0

近い将来に起こりうるかもしれない、そんな感じを持たせてくれた。

現実にはありえないだろうが、現在の地球の現状をみれば、考えさせられる映画。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.0

恋愛、青春、音楽。
王道を見せてくれる。特別なストーリーではないが、音楽を取り入れてるのは正解。恋愛が主なものでなく、バランスよく仕上がってる。
しかし、長崎の方言、熊本出身の僕でも分かるくらい同じ香
>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

4.0

ピエロ物ホラーなんでコメディ要素もありで行くのかと思いきや・・・、ガチもののスケアリームービー。
ピエロの生い立ちの歴史などもあって、なるほどな出来。あれって本当の話?ですかね。
肉片や骨などがちょく
>>続きを読む

道化死てるぜ!(2012年製作の映画)

2.8

北欧産青春ホラーとしていい感じに出来てると思います。
ホラーのエッセンスにコメディー要素を入れて、馬鹿馬鹿しくもグロい描写が面白いんです!! 日本版のタイトルからして想像がつくんですがね(笑)
映像も
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

2.5

ホラーのカテゴリーで観たけどファンタジーでしょ!怖い感じはしなくて、美少女の容姿が一番の映画?
日本映画に近い映像で、こじんまりとした作り。
なぜ?なところが多くてストーリーもどうでもよくなった(笑)
>>続きを読む

マリと子犬の物語(2007年製作の映画)

4.0

とにかく、家族愛を描いた映画。ドッグトレーナーの方の指導がよく出来てる。犬の演技に不自然さを感じない。ゆえに、ストーリーに集中できた。脚本もしっかりしていいと思います。
泣かせることがメインになってお
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.0

ドラマは一切見ないでの鑑賞。日本映画の枠にキッチリ収まった興行収入に重きを置いた作品と感じた。
いくつかのエピソードを織り交ぜながら「ドクターヘリ」乗員の救急救命士の仕事と日常を描いてる。しかしドクタ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.7

そこらへんのシャークパニックとは違い制作費が莫大だろう。なにせ中国資本が入ってるらしい。
一部CGが不自然なとこもあるが、エンタメとしてはいい出来。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.0

シリアルキラーの物語。一冊のノートから織り成される悲痛な運命・・。
最後まで一気に観れるいい作品、吉高さん、相変わらず可愛いので演技をカバーしてる?的なところはあるが、ストーリーがよく出来てるので問題
>>続きを読む

マーラ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

劇場未公開。2016年製作。
眠るとやってくる・・エルム街の悪夢、ドント・スリープみたいな映画。
日本への想いも感じられる、招き猫(中国では?)や、タカハシなど・・。
基本は「かなしばり」の事を描いて
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

ホラーというよりモンスターパニックものなんですかね?
全く視力が無いと思われる怪物がある家族を襲う!登場人物が少なくてストーリーに没頭できるのがいい。静けさの中展開していく物語は意外な緊迫感とありのま
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.5

ここまで叙情的なキャラやストーリーは現実にはないにしても、似たようなことは、私自身も感じてます。昔、好きだった人とどこかで再会しないか、思いを伝えられなかったことは○十年たった今でも後悔しています。>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

4.2

航空サスペンス。リーアム・ニーソンなので普通にアクション多目かと思いきや、なかなかサスペンス色が出てて意外と面白い出来では?

犯人が誰かを想像しながら見てたがなかなか核心に迫れなかった。終わり際で、
>>続きを読む

レマゲン鉄橋(1968年製作の映画)

4.0

上官からの理不尽な命令にも従わなければならない下級将兵の活躍、男のドラマ、戦闘など見所は随所に・・少々ドラマの部分では弱さを感じるけど、シーガル、ヴォーンなど名優の演技は鬼気迫る。

戦闘シーンは、実
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.0

時代は日本で言う昭和くらいだろうか・・ハイテクなものがないし映像も少し古い感じに表現されているよう。
どんな捉え方がいいのだろう?多重人格なのかドッペルゲンガーなのか・・。
もう一人の性格の全く違う自
>>続きを読む

ネスト(2009年製作の映画)

2.0

どうしても、いまいちな感想しか持てないんだが・・。
ホラーというより怪物もの的な色合いがつよい。死者を埋葬してる塚と、子供のもってる蟻の飼育を絡めて進むが、いかんせんクリーチャーの印象が弱い。はっきり
>>続きを読む

>|