ケーコさんの映画レビュー・感想・評価

ケーコ

ケーコ

映画(80)
ドラマ(0)

バクマン。(2015年製作の映画)

4.0

正直漫画の実写映画なので期待してなかったのですが、面白かったです。
ストーリーも原作の内容を映画にうまくまとめていました。
もちろん原作と違うところたくさんありましたが、原作愛を感じます。

演出も音
>>続きを読む

ピンクパンサー(2006年製作の映画)

3.1

観ていて疲れる感じのコメディで前半辛かったんですけど、後半は慣れたのかクルーゾーがかわいく見えて来ました。

ピンクパンサーいつ出るの?って思ってたけど結局でないんですね。
探偵物のコメディ映画と思っ
>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.3

こういう形で進んでいくホラーは斬新でした。
臨場感はありました。
ちょっとチープなところもありましたが、程よいホラー。
ただ、みんな叫びまくるからうるさいですね。

因果応報って感じでした。
どんどん
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.8

演出がわざとらしくて、リアリティの無さにのめり込めない感じでした。
演技?喋りかたでしょうか。
台詞を読んでますという感じがするというか。
雷の演出とかもわかりやすい演出なんですけど、ダサいですよね。
>>続きを読む

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.6

ゾンビでミュージカルは新しいですね。
ミュージカルの曲以外のBGMとかもかっこいいの多かったです。
ゾンビ映画っぽいない爽やかさがある曲でした。

前半のノリで行くなら軽ーい感じのゾンビものかなーと思
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.7

ハートマン軍曹がすごい。
歌がしばらく頭から離れなそうですね。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.1

ずっと前に夏休みにテレビでみて面白かった記憶だけあったので、久しぶりにみてみました。
SFで時間遡行という壮大なテーマを扱っているのに、物凄くライトなノリですね。
タイムスリップをこんなどうしようもな
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

設定がすごくおもしろかったです。
自分が美女になったと勘違いしてる時の言動は、結構な痛さがあるのでみてて恥ずかしかったりもしましたが、面白さが勝りました。
わたしは気持ちや気合みたいな精神論だけで物事
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.9

ライトなゾンビ映画でした。
笑えるゾンビ映画観たい時にはよさそうです。

死霊高校(2015年製作の映画)

3.1

主人公の友人がうざすぎて、前半はかなりイライラします。
オチというか、伏線の回収はされてたので分かりやすかったけど、物足りない感じがありました。
ホラーとしてはあまり怖くないですね。

あとラストはち
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.9

とにかく街並みがきれいで、パリに行ってみたいと思ってしまいました。
音楽とあいまっていい感じに癒されますね。

歴史をみても、たしかにいつの時代もひとは過去を黄金時代と捉えて思いを馳せてますね。あの頃
>>続きを読む

ある優しき殺人者の記録(2014年製作の映画)

3.4

二度目の視聴。
白石監督の作品は好きで結構見てるのですが、他が強烈すぎてこれはあまり覚えてませんでした。
怖すぎやカルトに比べるとギャグっぽさは無いですけど、白石監督の作品好きなひとは監督の作品っぽさ
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2016年製作の映画)

3.7

高慢と偏見に何故かゾンビなので、どんな映画かと思っていたんですが、割と王道ラブストーリーに感じました。
ゾンビが出てくるし、戦闘シーンもあってかっこいいんですけど、どことなくコミカルな感じがして重くは
>>続きを読む

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜(2003年製作の映画)

2.9

久しぶりに見ました。
内容ほとんど覚えてなかったのですが、やっぱりバトルロワイヤルっていうと前作の方が面白かったですね。

前半のテロリスト対生徒たちの構図は前作と同じような雰囲気があったんですけど、
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.4

難解なストーリーだけど、前半見ていた何気ないものや疑問だったものが後半スッキリしていく複線回収は秀逸ですね。
全部を理解するのは一回の観ただけだとやっぱり難しいんですけど、大筋が理解できるだけでおもし
>>続きを読む

BLOOD THE LAST VAMPIRE(2000年製作の映画)

3.5

小さい頃に観たものを久しぶりに見ました。

セーラー服と日本刀の組み合わせがかっこいいですね。
アメリカンなキャラデザだなーと思いつつ、セーラー服と日本刀と絶妙にマッチしてていい感じでした。

不安の種(2013年製作の映画)

2.0

漫画を少しみたことがあったので、おちょなんさん目当てで見ました。

特に怖くもなく、不快感はなんだかずっとある映画ですね。
音が全体的に気持ち悪い。

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.8

公開当初映画館で観たのですが、久しぶりに視聴しました。
ストーリーは特に捻りのないスパイ映画なのですが、わかりやすいギャグとコミカルさで楽しく観れました。
お気に入りはダンスのバトル?シーンですね。
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.6

一回の視聴だと全てを理解できなかったです。解説とか見たら面白そうな映画ですね。

夢の世界というだけあって、非日常感がすごい。
現実世界に夢が溢れかえるはちゃめちゃ感は面白いです。
ストーリーをきちん
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.0

一言で言うなら謎。
下品な哲学映画って感じでしょうか。

ダニエルラドクリフで水上スキーだけ知っていてそれ目当てで観始めたのですが、終始意味はわかりませんでした。
たぶん考えるな、感じろっていう映画で
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.6

15年ぶりくらいに観ました。
最後のところだけなんとなく覚えている状態だったのですが、今みても面白かったですね。

武器屋のおっちゃんとの双眼鏡を使ったやりとりとかは好きです。
段々みんな感覚が麻痺し
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.5

強盗たちとの駆け引きが面白かった。
母はつよし。

警察が有能で良かったですね。

ゴブリンスレイヤー GOBLIN'S CROWN(2020年製作の映画)

3.6

ゴブリンスレイヤー好きだったので試聴。
内容は安定して面白いです。
ゴブリンスレイヤーさん安定のカッコ良さ。

ただちょっと短めだったのが残念でした。
もう少しストーリー欲しかったですね。

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.5

設定はすごいかもしれないけど変な映画だというのが正直な感想です。

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.7

二度目の視聴。

ウイルス学のひとと妻からの電話のくだりはもやっとするものの、基本的にはスッキリみられました。
ゾンビ映画の映画で後味が悪くないものみたい人にはオススメですね。

とにかくゾンビの強さ
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まで無機質で不気味。

どうやって歩けなくしたのかとかそういう答えがないのにモヤっとしてしまったのですが、この映画で大事なのはそこじゃないのでしょうね。

マーティンの支配下でマーティンに
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

アクションシーンは迫力あってかっこよかったです。
回転しながらジャンプするのがかっこいいし、銃撃戦も剣での戦闘も組み込んであってスピード感があって見応えありました。

内容に関しては、正統派のヒーロー
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

ミステリーはそんなに好んで見ているわけではないのですが、普通のミステリーって犯人を暴いて終了になることが多いと思います。
この話は話の内容自体も面白かったのですが、探偵が事件の真相を暴いてからの葛藤が
>>続きを読む

HAZE ヘイズ(2005年製作の映画)

2.7

おじさんが苦しそうにしている作品。
途中で予想したことがあってたので驚きとかはなかった。
暗い、狭い、よくわからない不快感、みたいな感じでした。

第9地区(2009年製作の映画)

3.0

グロとか大丈夫なのですけど、このエイリアンの見た目は受け付けなかったのか、見てて気分悪くなりました。
最後のインタビューは胸糞悪いですね。みんな主人公を助けなかったのに、いい話みたいにされちゃってるの
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.5

久しぶりの視聴。
グロさばかりが挙げられるけど、この映画の面白いところはグロいところではないのではないかと思いますね。
中学生が突然殺し合いをさせられたら、いろいろなドラマも生まれますよね。
人数が多
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

2.6

コロナが騒がれているからリアリティがあるっていうだけで、内容は退屈でした。
全体的に冗長で、盛り上がりに欠ける。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.4

同じ場面を異なる視点で何度も見てるのに、飽きを感じなかったのは見せ方がうまいと思いました。
桐島が中心になって、その周囲の人間模様がえがかれているのに、当の本人が話題に上がるだけなのは凄いですね。
>>続きを読む

貞子3D(2012年製作の映画)

2.3

リングみたいな作品ではないだろうなと思いつつ初視聴。
じわじわと侵食されていくような恐怖とかは一切なくてドーン!バーン!とわかりやすい恐怖演出でした。怖くはなかったですけども。
3Dを意識した映像なの
>>続きを読む

>|