てんさんの映画レビュー・感想・評価

てん

てん

スコアは適当。3.6以上は面白かったやつや好きなやつ。4以上はとても好きなやつ。3以下は好きじゃないやつ。ってかんじ。単純なので、派手なやつか音楽が鳴ってるやつはだいたい好き。ラブストーリ、泣けるやつ以外をよくみます。

映画(532)
ドラマ(0)

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

2.3

原作とは別物
むしろ、日常を極めすぎている感じはある。あえてなのか、セリフがすごく聞き取りづらい。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.2

数年後とかにみたら楽しめるような気がする

全然違うけど、なんだか少しテリーギリアム感のあるボーイミーツガール

エルファニングって可愛いのかそうでないのか分からないけど、チャーミングさはすごい。
>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

3.6

うまく感想言えないけど、結構好き

ストーリーとかというより、役者の魅力

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

ビターなおとぎ話。
悲しげな雰囲気のハッピーエンドがとてもとても監督らしい。
人には人の幸せがあるし、そこがその人にとっての永遠になる。

一番印象に残ったのは水を抜かれたバスルームで抱き合ってる時の
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

-

アクションというか、メロドラマ的な感じでは普通に楽しめた

はああ…

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1(2017年製作の映画)

2.4

サマーオブラブのパートだけで1本作っちゃえばよかったのに〜〜〜〜
冒頭部分はとてもいい感じだったのに〜〜
だからこそ悔やまれる〜〜〜〜

まあ、3部作と謳ってる以上、最終的な評価は残り2作がどう続くか
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

-

エミールクストリッツァ監督らしい感じ(まだ数作しか見たことないけど)

戦争をベースとしつつ、音楽コメディファンタジーラブストーリーとてんこ盛り。

家畜を殺しながら生きて、それでいて自分たちも死と隣
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

はらはらした
むずい

日本語だからって油断してよそ見してたら、色々と見逃して何回か巻き戻してみた。

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.6

終始印象的なのは、主人公の少女のアナの目。真っ黒に澄んでて、吸い込まれそう。ホントに。美しいような怖いような。

話自体も、美しいような怖いような、そんなかんじ。
面白そうだったり時に怖かったりする、
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.5

バカだな〜〜
下らないけどそれがおもしろい。

前作観ず2から見てしまったけど、話自体にそんな繋がりはないから平気

POVコメディってめずらしい

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

-

これはこれで。
哲学的なSFコメディ。
吹き替えの方がいいかも。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

-

連載当初漫画読んでたけど、その後全く読んでなかったからストーリーはほぼ初見。

自分が今まで人にしてきたこととか、そのつもりはなくても人に与えたかもしれない影響とか、少なからず人の人生を変えちゃうよう
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

-

少女の誘拐事件をめぐるサイコサスペンス。
この監督は、メッセージと複製された男とコレの3つしか見たことないけど、どれも静かでじわじわ効いてくる運び方がうますぎる…
なんとも言えない息がつまる緊張感があ
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

-

髪の毛のすき具合が、00年代初期って感じ。
淡々としてるがゆえに結構ぐさっとくるものがある。
またバンドやりたいなぁ〜〜

PK(2014年製作の映画)

3.8

宗教、信じる心がテーマ。
長いけど、退屈せず長さの分だけお腹いっぱいになれる。

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

4.2

毒っ気のあるおとぎ話。人生って幸せなことばっかじゃなくてどうやっても悪くしかならない事もある。

どこが良いとか悪いとか以前に、とてつもなく目に楽しい。夢の中にいるみたいな世界!
「世界観」とかいうと
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.6

SFではなくて、ボーイミーツガールミーツ宇宙人なロードムービー
さすがのサイモンペグとニックフロストのコンビという感じ
超おもしろい!というほどでもないけど、普通にそこそこ面白い。
(タイトルとパッケ
>>続きを読む

アクロス・ザ・ユニバース(2007年製作の映画)

4.1

全編ビートルズの曲で構成されたミュージカル。

流石の楽曲のよさと、画面のおもしろさ綺麗さ可愛さ。
綺麗でリアルなシーンもあればドリーミーでサイケなものもあったり、ポップでアニメテイストなところもあっ
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

4.3

たしかに、恋心って現実に投影されてる虚像みたいなもんだね。

とにかく圧倒的
現実と虚構を行ったり来たりしながら語られる物語だけど、一貫性がすさまじい。
平沢進のエンディングがまたいい。

今敏監督の
>>続きを読む

白い馬(1952年製作の映画)

-

馬の躍動感と美少年。
モノクロなことで、白がすごく引き立つ。
どうやって撮ったんだろうというシーンがちらほら。

赤い風船(1956年製作の映画)

4.0

色々と込められたメッセージはあるんだろうけど、ただ風船と少年が戯れるのを眺めてるだけで満足。
青みがかった街の様子に丸い風船の赤が映える。
絵としての完成度が抜群。

いないないばあか何か、NHKの子
>>続きを読む

デス・レース2000年(1975年製作の映画)

3.5

体に悪そうで不思議な味のお菓子食べた気分。
近未来SFとも、ブラックコメディともとれる作りで、風刺的な要素がすごくつよい。

まだロッキーでもランボーでもない、若かりし日のシルヴェスタスタローンも登場
>>続きを読む

ジャックと天空の巨人(2013年製作の映画)

3.3

テレビでやってたから見た。
思ってたよりしっかり作ってあっておもしろかった。あっさりしてるけど。
吹き替えはおわってる。
ユージュアルサスペクツと同じ監督?

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)

3.8

スタンドバイミー的な、少年2人の友情物語。
親に内緒で冒険をしてみたり、知らない世界をしったり、嘘をついたり、調子付いてやり過ぎちゃったり、子どもの頃にみんな通ってきたような出会いと別れが90分につま
>>続きを読む

デス・レース(2008年製作の映画)

3.7

昔観たやつを久しぶりにみた。(本家デスレースはまだ観てない)
タイトルで大体の察しはつくストーリー。冤罪で服役するステイサムと囚人たちが殺人カーに乗ってレースする話。

話の流れはひねりなくわかりやす
>>続きを読む

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

3.5

ずっと見てみたかったリメイク版のほう。
ロックンロールな食人花のミュージカルコメディ。ストーリーは本家とだいたい一緒だけど、オチだけ全然違った。

オードリーの見た目が結構リアルだった。

ヒロインが
>>続きを読む

裏切りの街(2016年製作の映画)

3.5

無伴奏に続き、今度は池松壮亮しばり

「本当のことはひとつだけじゃない」、そこが「裏切り」ではなく「裏切りの街」である理由かなとおもった。

主人公二人がなぜだかかわいそうに見えてくる(よくないことし
>>続きを読む

>|