まさんの映画レビュー・感想・評価

ま

映画を観た時の気持ちを自分で思い出したいときのためにメモのつもりでレビューしています✒︎

映画(39)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはもうめっちゃくちゃ好きだった…

勢いのあるOPからラストまで好きなシーンだらけで、終わったあとすぐにもう一度見たくなった
小松菜奈かわいすぎて全コマ写真集じゃん…と思いながらスクリーンに釘
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

面白かった楽しかった。
2Dしか劇場でやってなくて2Dで観たんだけど4Dで観たくなった

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.1

時間がちょうどよかったという理由で予備知識なしに鑑賞したせいで、物語の概要を掴むまでに時間が掛かってしまって眠かった…
文書を手に入れてから決断するまでの流れがとても秀逸で面白かった

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.4

いや…よかった…泣きました…
親も子も、どっちも自分だけが正しいと思って衝突することあるよなーと自分を見つめ直す機会にもなった
優しい話でした

SING/シング(2016年製作の映画)

3.7

いやー、良かった
細かいこと考えないで素直に笑って歌を楽しめた
最後の曲が本当に良くてため息が漏れた

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.6

地上波で鑑賞
ハラハラドキドキからのじんわり泣けるラスト…振り返ったら家族全員泣いてて笑ってしまった
エンドロールも見たかった…本当にいい話だったのでまた観よう

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

試写会にて。
やっぱり競技中の、音と映像で表す静と動の対比だとか、画面いっぱいに美しく飛び散る札はスクリーンで観てこそだなといつも思う
笑えるシーンも試合で熱くなるシーンも、沢山盛り込まれててとても良
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

まあこの展開王道だよね、って思いながら見ていたら最後涙腺に来てしまった…

レトロな服装とお化粧に身を包んだ綾瀬はるかのかわいさといったら

インターステラー(2014年製作の映画)

4.7

2回目の鑑賞はIMAX
圧倒的な映像美と、音が引き立てる無音の宇宙への畏怖、伏線回収、時空を超える愛、何回見ても素晴らしくて多分1回目と全く同じところで涙が出た気がする
観てよかった本当に。
知識があ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

内容がよかったのは勿論だけど、松岡茉優ちゃんの着てる服が可愛すぎてそこをみるのも楽しかった。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.6

高畑充希かわいすぎ。洋服を見るのも楽しかった

こうなるだろうなって展開の予想は途中でついたけど、ほっこり出来るラストだったのでよかったです
こんな綺麗な黄泉の国だったら死ぬの怖くないどころか行きたい
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.4

テンポが良すぎてそこが個人的にはうーんと思ってしまった。
映像は本当に美しかった

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

誰にも共感できないし最後まで全員クズっていう認識は変わらないのに、なんでこんなに胸が締め付けられるんだと思うラストだった

陣治から無償の愛をもらって養ってもらっておきながら反抗して、そのくせ陣治から
>>続きを読む

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

3.7

癒し。ひたすらにやにやしてたので途中入場の人に間抜けな顔を見られた気がする

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

怖いんだろうなあ…とドキドキしながら鑑賞しに行ったらそんなことはなくて、そこは期待とは違っていた
けど子供たちの関係性とかそれぞれのキャラクターとか、そういったところが面白かったから退屈はしなかった

怒り(2016年製作の映画)

4.2

凄まじかった。

生々しくて目が離せなくて、演技も構成も最後まで素晴らしかった

逆光の頃(2017年製作の映画)

2.8

映像がいつ切り取っても写真集の中の一枚みたいで美しかった

話にはあんまり入り込めなくて、さらさら流れていくような感じがした

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.1

ひたすら心臓に悪かった…怖いのに目が離せなかった

トリガール!(2017年製作の映画)

3.6

笑いどころで笑えないことが多かったけど、キャラが皆濃くて最後まで楽しめました
坂場先輩が、喋れば喋るほどいい味出してた

あとエンディングがかわいらしくて好きでした

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルの意味は母親の存在を指していたのかな、と思った

主人公の独白と一緒に、後悔していること、戻ってこないもの、色んなことを思い出して泣いた

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.9

細かいところは置いておいて全部観終わった後によかったなと思った
かっこいい

美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!(2017年製作の映画)

3.3

いつも通りの防衛部で楽しかった
彼らには卒業しないで、ずっと同じ一年を繰り返してドタバタやってほしかった…サ◯エさんのように…

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.5

ゆるっとした雰囲気で、でも色んな言葉が心に残る
個人的に好きな映画でした

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

観た後のこの何とも言えないモヤモヤと切なさ…生々しい…
直すからチャンスをくれ、もう限界なの のやり取りと永遠の愛を誓うシーンが交互に来るラストシーンは本当に、よくある話なのに心に刺さってくる

>|