santaさんの映画レビュー・感想・評価

santa

santa

映画(296)
ドラマ(26)

PicNic(1996年製作の映画)

3.6

言葉では表現できないことを映像で表現したような感じ、、

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

5.0

oasisは最高のバンドで、何回も救われている、、
oasisのない人生は考えられない。

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.9

全ての選択さえもコントロールされているような感覚、、
なんか3時間くらいあったのかなってなります。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

デルトロひたすらにカッコいい、、
頬グチャグチャなって耐えれるの花山薫以外いないと思ってた

アス(2019年製作の映画)

4.0

なんか間違え探しみたいな、トリックアートみたいな映画。
不気味さが最初からビシビシ伝わる。
あと母は強し。

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.6

本当に正義が何なのか分からなくなります。悪と正義は紙一重で、一瞬で悪になる時もある、、それが正義のための悪かもしれないし、とても難しい。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

こういう映画に欠かせないのが演技派俳優。人間の繊細な部分がたくさん出てくる。音楽、映像がそれにうまく合っていてる。

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

4.0

こういう映画って本物の人を使うと演技とかいらない気がする。
演技する上で難しい自然な感じが出せるし、リアルな映画になりますよね。本当に凄い。それに合わせたジェイデンも凄い。

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.9

アクションシーンにおいて一番と言って良いほど大切なのはカメラワークなのではないかと思わせてくれる映画、、

藁の楯(2013年製作の映画)

3.2

主要人物たちの死亡シーンがなんとなく、雑だった気がする、、
でも、清丸にとって人の命はそんなものなのかと考えたら清丸が余計に怖くなった。

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

3.7

やっぱ夏の邦画は面白いですね、、
なんでこんな懐かしい感じがでるか誰か教えて欲しいです。

あの夏、いちばん静かな海。(1991年製作の映画)

4.0

動く絵って感じでずっと観ていられるような映画でした、、

何も起こらない無言が続くシーンでもなにも退屈だと思わない。そして、海の音が聞こえてくる。この映画すごいです。

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

4.0


ホッコリするとはこの映画のことだと思う、、

自分のお母さんを探しに行ったはずなのに記憶に残るのは楽しく遊びまくる場面。

正男の話でもあるが、これは菊次郎の夏の思い出という印象がかなり強い。それが
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.4

なんか幽霊を倒すためにみんなでマジになって準備してる時が大好きなんです。

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.6

ランボーシリーズはやっぱり最高すね。

結局ランボーが戦ってめちゃくちゃにしてくれたらこの映画は文句なしです、、笑

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.9

料理を通して、大事な事は何なのかをおしえてくれる。観てても、屋台のメニューの方が断然に美味しそうに見える。簡単に作れるのに、安く作れるのに、美味しそうに見える。実際美味しいのもそっちなのかもしれない。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.2

まさかぁと思ってた事を平気でやられてしまう、
でも、生きるためって考えるとうーんって考えてしまう。でも、人間よりも美味しい動物はいっぱいいると思うんですよ。

興味本位だけでやって良い事と悪い事がある
>>続きを読む

クリープ(2014年製作の映画)

3.2

カメラ持ってずっと撮ってる奴はロクな目に合わないんだよなあ、、

でも良いもの結構取れてるんだよなぁ、

リル・ウェイン ザ・カーター(2009年製作の映画)

3.7

たぶんもっとカッコいい人だよ。
本当に聞いてほしい事はもっとあった。

永遠の0(2013年製作の映画)

3.8

国のために命を犠牲にする。この考えがこの時代には当たり前かもしれないが、心の奥には宮部久蔵のような思いがみんなあったのかもしれない。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

あの理解しづらい感じが物凄く良かった。

ジョーカーは誰にも理解できない、理解できるわけがない。それがカッコいい。

ブラック・ダイヤモンド(2003年製作の映画)

3.6

ヒップホップカンフー悪くないかもしれない。

ジェットリーは無口でクールな役が一番合う。エクスペンダブルズとかは少しコメディ感じ強くて、それはアジア人であるからかもしれない。
でも自分はアジア人のクー
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

2.8

世界観を大事にしているのはいいけど、それを狙い過ぎてる感じがする。

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.6

彼が持っていたのはブラシ、、

子供が故に考えが純粋で胸に刺さる。常に銃声がなる環境、身近に麻薬取引をしている人がいること、これはリアルであり、目を背けてはならない。

あの黒人の警察が言った、「白人
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

これを観たらリアルに伝えるには映像なんていらないと思えてしまう、、

何に怯えているのか、何が起きているのか、声だから想像してしまう色んな恐怖を。

>|