maiさんの映画レビュー・感想・評価

mai

mai

映画(166)
ドラマ(141)

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

爽快!!
あきら役は小松菜奈ちゃんしかいないって思ってた!
大泉洋の演技に劇場みんなで笑った

スワロウテイル(1996年製作の映画)

-

衝撃すぎて忘れらんないや


あとこれだけは言いたい、若い頃の渡部篤郎強い

恋人たち(2015年製作の映画)

-

グロテスクなまでのリアル
生きてくことだけがすべて
そんなのは御免だ、って思うけど

みんな、殺したいやつは殺せないし、死にたくても死ねないし、理想の相手なんかいないし、大抵の恋は叶わない。
それでも
>>続きを読む

スチームボーイ STEAMBOY(2003年製作の映画)

-

スチームパンクの世界観は、よかったそれだけでワクワクはする

ストーリーはまあ普通、というかほほーんで感じだった

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

複雑な感情の変化を細やかに丁寧に表現するティモシーと、北イタリアの美しく開放的な風景に釘付けだった。

サブマリン(2010年製作の映画)

-

オリバーの空想の映像がすごくいい
好きな子が自分の世界のすべてだよね

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

-

原作全話を無理にまとめた感じだし、笑っちゃうくらいチープだった。笑
でもワンコな菅田くんに母性爆発するよ

スイートプールサイド(2014年製作の映画)

-

いや、キモいわ!食べるなし!ってなったけど大分面白くて笑えた。
この作品で気づいたけど落合モトキ割と好きかも

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

-

えーめっちゃ好き
伊坂幸太郎原作の話だと思ったら違くてびっくりだけど、伊坂幸太郎小説が割と好きだからこの作品の感じ好きになるのも自分で納得だなって

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

すごく変わった映画だな〜〜〜不思議だな〜〜〜って思った
ただストーリーといいキャラクターといい、あと街並みとかインテリアとか、完全に惹き込まれたのは確か

しばらく頭から離れないと思う
とくに指

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

-

青すぎてなんかもうずっと胸が苦しい
今なら何も怖くないのにってずっと思ってみてた

一瞬出てきた松ケンがもさくて可愛くて最高だァ!

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993年製作の映画)

-

癒しの絵のタッチ。
今と比べ会話とか、どこかスローなテンポが心地良い。キャラクターの違いとか、家の間取りの違いとか、ひまわりがいないとか、、時代を感じるなあ
あと、昔のクレしんて常に哀愁漂う空気感とい
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

-

気持ちの良いラストってみんないうけど、わたしは
え、あ、いいんだ。笑
って感じ。
実話だっていうから尚更。
でも全然やな気持ちしないっていうか、フランクのかまちょなキャラが母性くすぐる可愛さだし、常に
>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

-

ただただ怒りの感情を抱くしかなくて
ここまでイライラする映画は初めてだった。
作品を批判してるわけではなく、ね。

裸足の季節(2015年製作の映画)

-

すごく綺麗
映像と少女たち。
トルコの女の子たちにすっかり心奪われた感じ。

こういう女性蔑視のお話はやるせない。行き場のない苛立ちがずっとつきまとう。

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

-

蓋を開けてみればすごいキャストたくさん出てきて、これはすごいと
やっぱりリリーフランキーのお芝居めちゃめちゃ好きだな、っていう。

あとみんな言うけど、仲直りのとこほんとに名シーンだね。
親戚家族の汚
>>続きを読む

あるメイドの密かな欲望(2015年製作の映画)

-

衣装に風景に家具に、
それにメイド服着たレア・セドゥ素敵。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

ほんとうに何度も何度も感動した。
パフォーマンスはもちろん、ストーリーも私的にはよかった。
特に、
それまで人の目から隠れ生きてきた人達が自分の個性に誇りを持って、ありのままの自分を受け入れ、希望を抱
>>続きを読む