maduuさんの映画レビュー・感想・評価

maduu

maduu

THE POOL ザ・プール(2018年製作の映画)

2.2

不幸のピタゴラスイッチ、リアルワニワニパニック、なんでこそで寝ちゃうんやーい、不注意で助かるチャンスのことごとく逃しまくりなどツッコミながら観れて楽しいけど
犬がね…酷い目に合う映画苦手なので絶望的な
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.7

タンジェリンに引き続きショーン・ベイカー監督は悪所として今いろんな所で浄化されつつある場所を描くのが上手いなぁ。
正しくない生き方だけど、足掻いて生きてる人たちの悪く生きる権利みたいなものを描いてる気
>>続きを読む

blue(2001年製作の映画)

4.2

良き百合。
小西真奈美の底知れなさと煙草を吸う姿の美しさ、立ってる姿の美しさ。
実日子ちゃんの雰囲気の塊な存在感。
2人のもつ空気と立ち姿のフォルムのギャップがいい。

制服を脱いだときの大人っぽさと
>>続きを読む

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.5

賛否ありそうなラストの行動の以外は万人に受け入れられそうな優しく力強いお話だった。
私的には、ラストのサラの行動でちょっと気持ちが冷めてしまって釈然としない気持ちになったが、パンフレットの監督インタビ
>>続きを読む

Dolls ドールズ(2002年製作の映画)

3.9

物語の冒頭で人形、恋愛、死とストーリーの行く先が提示されてるので、意外と初期北野作品と比較して観やすかった。

すごく絵的で計算されたビジュアルの中でものすごく違和感しかない登場人物達が動いていくのだ
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

イタイタしくって観てらんない、自分の学生時代思い出して穴に入りたくなる…
居心地の悪い気持ちに引きずりこんでくる映画だけど、見終わったるころにそんな自分も可愛いなと思える優しい作品。
卒業式のときの行
>>続きを読む

夏、至るころ(2020年製作の映画)

3.7

ちょっと、綻びや
演出の強弱のアンバランスさを感じる部分はあるけど、純粋で熱のこもった真っ直ぐさがある映画でした。
地方映画とゆうジャンルとゆう括りで考えたらとてもハイクオリティだと思う!
主役の倉悠
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

心の焼きつきて離れない映画。
「水の中のつぼみ」が大好きで、待ちに待った公開日(こっちは大幅遅れで歯痒かった〜)
自分の中で特別な映画になりすぎてずっと心の中で咀嚼してたけど忘れないように記録。
水の
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.6

2000年代初頭の邦画はこうゆう映画多くてこうゆうの好きだったなぁ
最近作られなくなってて寂しいなと思ってたので嬉しい!
ネクラが主役で、くだらなくも優しいお話。キッチュな映像、ほどよくクセ強めなキャ
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

異物を飲み込むとゆうスリラー的表現によって人間を描く物語だったので思ってたよりエグくなくって観やすかったです。
映画の印象は、今まで多く作られてきた男はツラいんだみたいな映画の、女性の為の映画が納得い
>>続きを読む

マチルド、翼を広げ(2017年製作の映画)

4.3

ノエミ・ルボフスキー監督作品は、キャチーでポップにみえるパッケージジングの中にごく個人的で鋭利な要素が入っているバランスが好きだなと思っていたのですが今回のマチルドも自伝的物語でありながらファンタステ>>続きを読む

リーサル・ウェポン2 炎の約束(1989年製作の映画)

3.7

個人的には1、3が好きだけど
2も派手で面白い。
この時代のアクション映画には、珍しく
コメディ要素もありながらヒロインポジションをしっかり殺しちゃう、リアリティのあるシリアスさのバランスがいい。

リーサル・ウェポン3(1992年製作の映画)

3.9

回を重ねるごとに加速する鉄砲玉度。もはやマータフにしか止められない(止められてないけど)。
リーサルウエポンシリーズは今観ても遜色ない人種の描き方やジェンダーバランスなのがとてもいい。
リッグスのめち
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

3.2

子供の頃にテレビ放送でやっていた以来
久々に観かえした。
ニコラス・ケイジが発煙筒を振り回すシーンと緑のアレだけが強烈に印象に残ってたんですが、改めて観てもそこがハイライトでした。この年代の映画って真
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

私はあまり好きになれなかった映画。

グッドフェローズになれなかった少年のひと夏の青春ムービー。
自分で責任を負えない範囲まで冒険に行ってしまったダニエルは結局泣いて家に帰るわけだけど、行動の全てが幼
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

2曲目ぐらいから、新しい歌ができるたびに
流したことのない部類の涙がでてとまんなかった。
こんな物語と音楽が根深いところでシンクロしているのを初めてみた
音楽が生まれる瞬間を目撃しているような感じ。

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

3.9

幻想的な雰囲気のvol.1と比較して
一気に質感が堅く現実的な嫌さや痛みが立ち込めるvol.2

おーーーーーーい!やりやがったな
ほんと性格わるいなお前!!
ってゆう最大限の賛辞をフォントリアに送り
>>続きを読む

水の中のつぼみ(2007年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2016年に鑑賞したメモ

ストーリーは
15才の少女マリーがシンクロ選手の高慢で美しいフロリアーヌに心を奪われてしまい彼女に近づきたい一心でスイミングスクールに通いはじめる。フロリアーヌ
>>続きを読む

フォー・ルームス(1995年製作の映画)

5.0

大晦日の1つのホテルを舞台に
それぞれ違う監督が4つの物語がオムニバス形式になっているのに妙な連帯感があって不思議なテイスト。
全部の話が味が濃いのに全体として1本の映画になってるのがすごい。
ロドリ
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

全映画の中で1番好きなエンディングかもしれない。
タランティーノ作品の中でも上位に入るフェイバリット作品。
前半後半の色味や質感を変えてるからか、物語内では少ししか時間たってないのに数年後みたいな空気
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

私がこの映画を鑑賞したとき、ほんとに何も情報を入れないで戦争を扱った作品ぐらいの認識観たので、
すずさんが歩いている街が広島だとゆうことに気がついて絶望的な気持ちになった。
すずさんを含めて画面の中を
>>続きを読む

花咲くころ(2013年製作の映画)

5.0

大好きなグルジア(ジョージア)映画、女性監督の視点で描かれるグルジアはどうだろうと楽しみにしてたのですが、とても良かった。
1992年の内戦状態のグルジアの地で、2人の少女
>>続きを読む

カミーユ、恋はふたたび(2012年製作の映画)

4.9

ストーリー的には40代で人生に行き詰まりった主人公がそのままの姿で高校生の時代にタイムスリップして(周りには16歳の姿に見えている)人生を見つめ直すとゆうお話
フランスらしい、笑いの効かせ方と
>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

5.0

エヴァー・グリーンとルイ・ガレルの双子の暮らすマンションに居候としてくることになったマイケル・ピットの3人で構成された閉鎖された空間、関係の中で描かれる物語。
空間を埋める3人の顔が素晴らしく美しい、
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

5.0

これでスクリーンデビューとか思えない、ステーシーマーティンの存在感に心臓を撃ち抜かれた。
色情狂とゆうスリリングなテーマだけど、知的でユーモラスな博物学の様な視点で描かれるvol.1。性に奔放な女性と
>>続きを読む

マリー・アントワネットに別れをつげて(2012年製作の映画)

4.0

ブノア・ジャコーとレア・セドゥのタッグ作品、小間使いの日記に次いで鑑賞。
ジャコー監督の抑制の効いたリアリティのある中世フランスの描写が素晴らしいし、感情表現を押し殺した演技のできるレア・セドゥの組み
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

4.2

とにかくバンデラスが過剰にかっこいい。
話の筋が通ってない部分がある気がするけど、そんなのはどうだっていい。だってバンデラスだから。
とにかく味が濃いけど、無条件にテンション爆上がりする映画。
ロドリ
>>続きを読む

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

3.5

メル・ギブソンのヤバさがエンタメアクションと融合してて面白い。
ずっとこいつはヤベぇ目がヤベぇ感があっていい。
当時としては、ヤバい白人と家庭的な黒人ってゆう描き方や、黒人の子供が警察は黒人を撃つって
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.6

あれ?ループかな?ってなる
殺す→巻く→落とす
のパターンの天丼が楽しい。
リーアム映画。何故こんなに強いかってっゆう設定がないのでリーアムだから強いだと思う。
全体的に登場人物が、こうあるべきとゆう
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

80年代当時、先進的な青春映画だったのだろうと思う。今にも通ずるメッセージもあるし、ここはどうなの?って思うところもある。たとえばゴスっぽいメイクの女の子を“普通”水準の可愛いメイクに変えちゃってはい>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

3.2

個人的には1が好き。だけどドラマ性を薄めてドンぱちと狩人と化したランボーのやりすぎ虐殺大暴れが観れて楽しい。

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

サミュエル・L・ジャクソンの演説中
のバクー!が観たくて鑑賞。今見るとサメの動きとかCGがチープだけど可愛いのでよい。ジョーズからの技術の進化に感動しつつ、この人は生き残るかな〜の期待を裏切ってくれる
>>続きを読む

熟れた快楽(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

原題は「輝く幸せ」。
邦題は非常に残念だけど、渋く丁寧な大人のラブストーリーで尚且つ、人の生きる意味や人生感を考えるような哲学的な描き方でよかった。確かにエロティックなテーマを多いに含んでいるが、下世
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

DIY殺法が最高。96時間のお父さんが守ってあげるぜ!のマインドを街全体にエリア拡大バージョン。街の悪からみんなを守ってくれる(強制イベント)
通常のアクションヒーローとは違い、現場まで公共機関でやっ
>>続きを読む

>|