まかろんさんの映画レビュー・感想・評価

まかろん

まかろん

ほぼ記録用。ホラー&サスペンス中心に何でも見ます。

映画(198)
ドラマ(0)

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.2

お前かーい!!DVDに収録されているという別バージョンのOP&EDも気になる。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

普通に面白くて、作品単体で見ると特筆すべき所は無いように思えるんだけど、エンドゲームを見た後に見たので「ここからアベンジャーズに繋がるのか…!」と感動の涙が…。猫が可愛かったのと、猫にメロメロなフュー>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

酷評と聞いてビビってたけど、個人的にはありでした!ドラクエ5はめちゃめちゃやってたので批判が多いのも凄く分かる。これは「ドラクエ5の映画版」ではなく「ドラクエ5」を題材にした別の話と思った方がいいかも>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.5

ホラー映画に見せかけたいじめ青春ムービーだった。怪物といえど汚れた人間の子供にしか見えないし普通に可哀想だし胸糞(見た目から怪物でも酷いけど)。いじめられてる女の子、あの状態でもちゃんと登校してるの根>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.2

まさに集大成といったところで、胸が熱くなる。MARVEL作品をちょいちょい見逃していたので、これ元の作品分かってたらもっと面白かったんだろうなぁ、というシーンが度々あり惜しい気持ちに(それでもじゅうぶ>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

今ごろ視聴。ちょっと期待値上げすぎてしまい、もう1回くらいどんでん返しがあるのかと構えてしまった。上映時間も60分くらいで良いかなと思う。前半のハンドカメラ映像で若干酔ってしまったのもキツかったです

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

思ったよりミュージカル部分が多かったのと、キバが真ん中にあるせいでちょっとげっ歯類みたいに見えたけど(特にシルバー)ダーク版人魚姫っぽくて結構好きです。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.4

ハリーポッターの頃から世界観はすっごく好きなんだけど、専門用語も多く話についていけてない感が否めない…原作読めばまた違うのかもだけど。前作癒しだったジェイコブとクイニーもあんな感じでちょっと消化不良。>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

電柱から母親の悲鳴までの流れが印象的でした。舌を鳴らす音がトラウマになりそう…

愛の渦(2013年製作の映画)

3.1

何故か見てしまった…
ありえない設定の風俗の一室で面倒くさい人間関係のカーストが繰り広げられる。エロ目的で見るのはオススメできないが、ラストはちょっとだけスッキリ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.8

ゴジラ映画は大昔のVSモスラしか見た事なかったけど面白かった!シリーズ作品も少しずつ観てみたいな

ソウ3(2006年製作の映画)

3.4

不快な方向に全力で舵を切ってきたなという感じ。豚と手術が無理だった…。いつも凝った装置を作ってて絶対尊敬できないけど凄いと思う

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.1

久しぶりに映画で何かを学んだ気がする。おじいちゃんとトミーのくだりで絶望しかけたけど最後まで見てよかった。私は服役してる訳では無いけど、好きでもない仕事、いつもの毎日を繰り返すうちに夢や希望といったも>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.6

気のいいタッカーとデイルがどうにか幸せになって欲しいと祈りながら見てました。アホの大学生がギャグマンガ日和みたいな死に方しててグロいけど笑えるホラーコメディ。

渇き。(2013年製作の映画)

2.9

最初から最後までバイオレンス。暴力シーンにただ圧倒されてしまったけど、何回か見たら理解出来るのかなぁ。しかし役所広司の役、腹が立つ。

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.3

淡々と進んでいくので気楽に見れる。情報に踊らされ言いたい放題で簡単に手の平を返すネットの反応はSNS社会へのメッセージ性を感じました。アンとダイアナはとても良かった。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.2

最初から嫌な予感しかしない昇降機ですが、まさかあんなことになるとは思ってもみなかったです。過去の話なので仕方ないけど、ウォーレン夫妻がいないので消化不良感が…。もっと悪魔祓いが見たい!

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

シリーズは未見です。驚く展開はないけれど、とにかくゴージャスで美しくカッコイイ!映画だととりあえずハッカーなら何でも出来る感あるよね。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

昆虫すごいぜ!を見た後で見たので香川照之の狂気が増していた感じがする。気味悪い雰囲気は出てたけど、もう少し被害者達が言いなりになってしまう説得力が欲しかった。あの便利な注射は何だろう。「冷たい熱帯魚」>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.1

全編通して陰鬱で閉鎖的な雰囲気。宗教的な知識があればもう少し怖かったのかも。

この子の七つのお祝に(1982年製作の映画)

3.8

てっきり幽霊もののホラーかと思ってたらサスペンスでした。悲しいお話。犯人は最初から怪しいけど、過去の真相が分かってくると面白い。人形が怖すぎて画面に映ると直視できないので、エンディングは地獄だった。

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

3.7

まさかこんな舞台みたいなセットだと思っていなくて面食らった。ニコール・キッドマンが美しい。村人全員ボコボコにしたい。鬱映画と聞いていたけれど、最後は意外にもスッキリでした。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.4

緑のジャングルがドクロに見えるパッケージの方が好きだなぁ。驚く展開は無いけど結構グロいから注意だよ。生でガジガジはゾンビ映画で見慣れてるけど、調理されるのは何ともイヤーな感じ。イッテQは好きだけど絶対>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.7

スラムの暮らしが悲惨すぎてシュークリーム頬張りながら観てるのが申し訳なくなった。愛が純粋すぎる

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

序盤からきな臭い雰囲気。人種差別的な話かと思いきや意外な展開に…。主人公の友人が出てくると和みます。

ハロウィン・レポート(2014年製作の映画)

3.3

いろんなお化け屋敷体験ムービー。お化け屋敷に行きたいけど面倒くさい人にはオススメ!DVDの冒頭の新作紹介で続編の紹介をされるのだが、完全に本編のネタバレになっているのがどうかと思う

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

こんな未来も来るかもしれない、と思いながら観てました。シャイニング大好きなので例のシーンは堪らなかった笑
映画やゲームの小ネタが多くて楽しめました。まだ見逃してるものもあるんだろうなぁ。

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

3.6

アメリカはポルターガイストもアグレッシブでちょっと笑ってしまった。伏線が効いてて良い。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

4.0

ストーリーにはツッコまない!優雅でエレガントな世界とゾンビの融合を存分に楽しめます。強くてカッコいい主人公のホラーが好きな人にもおすすめ!

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.9

最初の方の大泉洋がぶつかったせいで襲われた女の人かわいそう。ホラーとコメディの紙一重。面白かったので原作の漫画も読みたいと思います。

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.8

まあ、こうなるんでしょ?っていう大枠は外さず、そう来たか!と驚くところもあり安心して楽しめるコメディ。猫は可愛いけどちょっとCGが露骨かも?

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.9

心無しか1の時よりアライグマのモフモフ感が増している。CGの技術の進歩かもしれない

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

大人のおとぎ話のような。夜にお酒でも飲みながら一人で見ればもう少し話に入り込めたかもしれない。

>|