10分で真っ暗さんの映画レビュー・感想・評価

10分で真っ暗

10分で真っ暗

映画(631)
ドラマ(0)

マッキラー(1972年製作の映画)

4.8

カメラがめちゃくちゃ洗練されてるしラストシーンが超おもしろい
オメーらもカルトじゃねえかって話

アリス・スウィート・アリス(1977年製作の映画)

4.5

オープニングからエンドロールまでずっと気持ち悪いんだよな
気持ち悪っ!なんだこれ!こわいよ!
さらに言えばメインの宣伝文句がブルック・シールズのデビュー作ってのもリアリティ補強してて超気持ち悪い

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)

4.2

30年経ってようやく面白くなってきたみたいな所もあるんじゃないのか
あとエンディング曲が最高

デモンズ’95(1994年製作の映画)

5.0

死と愛と運命
1995年、百年前の世紀末芸術がゾンビになって甦った

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

4.1

ミスリードに次ぐミスリード
上手に出来てるから面白い
侵略ものド定番のラストだったがやたらカッコよかったな
打倒エイリアン

来る(2018年製作の映画)

5.0

監督のドヤ顔が透けて見えるが、どうにも面白い

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

5.0

テーマ(家族、継承)、正体、伏線すら目新しいものは無いが、こうも上手く作られると没入せざるを得ない
「完璧な悪夢」とは上手いコピーで、実際にこの映画は見終わった後、「あー、夢で良かった」という感覚に陥
>>続きを読む

デッドゾーン(1983年製作の映画)

4.0

キング原作がこんなに多いのってこれみたいにそこそこのスケールでちゃんと盛り上がる物語になるからなのかな

エヴォリューション(2015年製作の映画)

4.2

「エコール」に大人がいなかったのは救いだったんだな
本作をホラー映画たらしめているのは大人の女達の怪物的存在感だ
これと「秘密」の正体は大変悪趣味で面白いんだが、その分結末は日和ったのかなって思っちゃ
>>続きを読む

ハイテンション(2003年製作の映画)

3.9

退屈しない上質なスラッシャーだったんだが、雑なうえに読めちゃうどんでん返しが待ってた

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.2

カニバリズムとか処女喪失とかのテーマは死ぬほど焼き回されてるんだけど、これは安ホラーとアート系の間みたいな温度感が面白かったな
興奮して鼻血出ちゃう人久々に見たわ

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

4.0

老老介護の実態
下水道あたりから結構面白いんだがそこまでに1時間あるんだよな…

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.2

最後まで楽しく見れたけど、一番おもしろかったのはデブの初登場だよね

五毒拳(1978年製作の映画)

4.0

「悪事というのは一度始めたら、永遠にやめられないのだ」

スペース・ゾンビ/吸血ビールス大襲来(1984年製作の映画)

4.5

ゾンビと口喧嘩
演技は酷いしギャグは寒いがふとスペシャルな瞬間のあるクソ映画だ
これゾンビじゃねえだろって思ったけどあれと同じだバイオ7
ってか実は元ネタでしょ

マキシマム・ソルジャー(2013年製作の映画)

4.0

もちろん一番目立ってたのはヴァンダムだけどバディものとしても結構良いぞ、結構ガバガバだけどな
アクション映画としてはかなり人手不足かな

シャイニング(1980年製作の映画)

4.8

顔がニコルソンなせいでどっか行っちゃった共感をシェリーデュヴァルのムカつく顔で取り戻す荒業

ビートルジュース(1988年製作の映画)

4.5

カートゥーンとホラー映画の境界
圧倒的センスと美少女

ゾンビ3(1979年製作の映画)

5.0

なんだこれは
性描写と暴力描写が混ざりあう瞬間、不条理と不道徳を経て何か凄いものを観た感覚を残していく、こんな出来なのに
選ばれしクソ映画だけが放つスペシャルな輝きを放っているな
ガイコツの下に鼻があ
>>続きを読む

悪魔の毒々モンスター(1984年製作の映画)

5.0

スプラッターであり、コメディであり、ヒーローであり、恋する怪物であり、アメリカ映画の蓄積を感じる
正義は我にあり

サンゲリア(1979年製作の映画)

4.6

辺鄙な風景と気の抜けた音楽が醸し出すモンドな雰囲気が素敵
マジもんのサメとシバきあう無茶も超素敵
主演がえらい禿げてる

バーニング(1981年製作の映画)

4.2

ストーリーラインはよくあるティーンホラーだけど、殺しがジャーロみたいだ
カッコいい殺人も浮かれるガキもオッパイも見れるんだからいい映画だよな

デッド・サイレンス(2007年製作の映画)

4.2

導入がかったるかったけど、以降なかなか、オチもなかなか
お婆は生前が一番怖かった、腹話術ショーのとこ一番好き

タンク・ガール(1995年製作の映画)

4.3

シリアスとコミカルのメリハリが無く、一貫してヘラヘラしているもんだから頭悪い風じゃなくてマジで頭悪そうで良いよね

>|