mameさんの映画レビュー・感想・評価

mame

mame

映画(86)
ドラマ(0)

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

別れ、出会い、旅立ち としっかりしたイベントが起きてくけど
ユーモラスに描かれてるので
楽しく観れます

内容も良いけど
音楽が最高!

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.2

人間は繊細で

特に、幼少期の家庭環境は
子供の人格に物凄い影響を与えると思う

家庭環境が良くなかった子供が持ってしまう心の闇は、幸せ一直線の家庭で育った者には理解できないと思う。

それは中々乗り
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.3

ミュージカル映画ってこんなに凄いのか
めちゃめちゃ面白かった

人間がこんな動きできるのか...の連続
カットの超長いシーンばかりなのに本当に凄いな

最後までずっと神々しかった

これを観たら絶対笑
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

事前に友達にオチまで聞いてたけど
それでもよかった!

最後のフィリップの笑顔よ

ドリスがフィリップの"今の姿"しか見てないことも なんか感動したな
今だけを生きているのだから、あんまり過去に囚われ
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

こんな贅沢があっていいのか...

ゴッホの作品は上野の美術館で観た

絵は勿論、テオへの手紙の
言葉それぞれに彼の優しい感性を感じ、共感した。

ライトに照らされる"糸杉"は
恐ろしい程美しかったな
>>続きを読む

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

3.9

家族って本当に凄い

私も 頑張ろうって言い合ったり
皆で泣いたことがある

実家に帰りたくなった

愚行録(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

きっと最後に感動的な結末があると思って観てたら、え?え?え?って感じで最後まで愚行で終わった。

タイトルからしてそうゆうことなのか。

こんなに胸糞悪い(褒め言葉)作品は初めてだ😅

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.5

妻夫木くんって不思議で
彼には「ぬくもり」をいつも感じる

彼が誰かの手に触れる時、
なぜか私の手を触られているような気持ちになる

池脇さんも、私が好きな邦画には
大抵出ている。あっという間に引き込
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.0

主題は戦争ではなく
愛とユーモア。

当時、こういう風にしたかったけど
できなかった人が沢山いたと思うと
すごく切ない

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.3

ひとりの人間がいる という偉大さ。

この映画を初めて観たのは浪人生の時だった。

予備校に行かず、あてもなく駅の映画館にいた時に たまたまやっていた作品。

あの頃は、自分が生きている意味が分から
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

最後の二人が階段を降りていくシーンで急に泣いてしまった

痛くても自分を越える為に闘い続ける安藤サクラがかっこよかったな

そういえば私は随分長い間
痛みを感じていない気がする。

私も闘いたくなった
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

ネガティブな理由で目標を作っても魅力的でも何でもねぇよ...

とエイミーに言いたくなったが

そんなことは通用しないサイコパスぶりでした。

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.2

素晴らしい。                                

「生きてると傷付くこともあるけど
その相手は選べる」

ベイビードライバーのアンセルエルゴートと
シャイリーンウッドリー
>>続きを読む

愛と追憶の日々(1983年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

もどかしい親子愛

個人的には反抗期の私の妹と同じく素直になれない私の母を見ているようだった。

親は子供に色んな要望を持つ。幸せになって欲しいから当たり前のことだ。
でも大抵の場合、子供は親の言うこ
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

4.2

観ていてずっと楽しい。

まさにボーイ・ミーツ・ガール

古い映画はまだ数本しか観たことないけど
よく構成されていて本当に無駄がない
日本語字幕にもユーモアがあり個人的にとても好き

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

感情移入はできなかったが、

フォレストの真っ直ぐな姿があたたかかった。

というか彼はそうとしか生きられない。

損得など考えずに、ただ目の前のことをやり、過去に囚われることなく前に進んで行く。
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

心の豊かさ
って点数で評価されるものでもないし、人と比べることもできないけど、

この人はすごいなぁと思う人がたまにいる。

周りの人を幸せに引き上げたり、皆が自然とあつまる人って
心が豊かな人だと思
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

行き過ぎた国家の監視に気付き、それを暴露することで、その是非を国民に問うスノーデン。

国民の自由が尊重されるアメリカだからこその彼の決意だと思う。

そしてまた、この映画がこうして公開されること自体
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1939年に公開された映画だそうだ。

4時間近い超大作だが、時間は思っていたよりずっとあっという間に過ぎた。

途中休憩のintermissionの表示や
DVDを裏返すのも新鮮だった。

映画の意
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「親の家を出てから子供を持つまでの間だけ、人生は完全に自分のものになる。僕は約10年、最高だった。
ゆったり流れる時間。1日も1週間も1年もほぼ同じ。」

このセリフは、私の長い大学生活を肯定してくれ
>>続きを読む

>|