まっぴーさんの映画レビュー・感想・評価

まっぴー

まっぴー

映画(38)
ドラマ(4)

十二単衣を着た悪魔(2020年製作の映画)

-

源氏物語が好きなので作品が発表されたときから心待ちにしていました。
想像してた以上に面白く、私にはすごく響くものがありましたし、色々ありながらも無事作品が公開されたことに感謝です。

伊藤健太郎くんは
>>続きを読む

Bの戦場(2018年製作の映画)

-

原作の大ファンなので実写をどう思うかなと思って観ましたが、楽しめました!
原作に忠実に作っているのが良かったです。
香澄さんと課長のシーンが少なかったのがちょっと残念。映画から入った方にはぜひ原作も見
>>続きを読む

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46(2019年製作の映画)

-

構成に関しては、乃木坂の素敵なところ、メンバー同士の絆が沢山映されていて良かったのですが、監督は乃木坂を知らない、すべてがうまく行っているように見えるから何を撮ればいいのか分からなかったという面白そう>>続きを読む

3年目のデビュー(2020年製作の映画)

-

以前の乃木坂のドキュメンタリー映画がすごく好きだったので日向坂は詳しくなかったのですが気になって見に行きました。
少し遅れて見始めたので全部は見れませんでしたが、一つ一つの出来事がしっかり時系列に描か
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

-

主役は野村萬斎さんですが、中盤まで観客と近い目線の及川光博さん、朝倉あきさん側から描かれているのがわかりやすくて良かったです。
この作品はキャストの豪華さが1番の魅力かなと思います(もちろんストーリー
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

内容もキャストも全てが大好きな何度もみたい作品です。
何よりジュールズとベンの関係性が最高!
年齢を超えた友情、お互いの良さで支え合ってるのが素敵だなと思います。
会社の仲間たちもみんないい人で、見て
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

-

騙された感は前回の方がありましたが、ドラマは今回の方が好きでした!個人的には傑作だと思います!
細部まで作り込まれていて、伏線も全て回収しきる脚本の上手さは本当にさすがです。

長澤まさみさんを初めレ
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

-

中村倫也さんの演じ分けがとても上手かったです。もう少し別の曜日も見たかったな~
ストーリーは、とても面白い発想だなと思い、興味深かったですが、理解力が追いつかず一部理解が出来ないところがあり、、、機会
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

-

見終わったあとしばらく立ち上がれなくなるほどの作品でした。このレビューを書くのも時間がかかってしまいました。

現場の命を懸けて日本を守ろうとした方たちの仕事への誇りや責任感、覚悟、仲間の絆が丁寧に描
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

-

映画館で見て、再びDVDで拝見しました。
映画館で見た時は、ストーリーと随所にちりばめられた面白さ、役者さんの芝居を拾うのに精一杯で、2時間があっというまにすぎてしまいました。
DVDではさらにそれら
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

-

何も考えず楽しめる映画でした。
帰り道はデスデスデスデス!!と主題歌が頭から離れません。笑
本当にちょっとしか出番がないところに豪華芸能人が多数出演していてびっくり。
主要キャストだと、堤真一さん、リ
>>続きを読む

Shall we ダンス?(1996年製作の映画)

-

役所広司さんのダンスにのめり込んでいくプロセスの表現はさすがだと思いました。歳を重ねてから夢中になれるものを見つけられるって素敵だなと思います。
草刈民代さんも当て書きのようにハマっていて、草刈民代さ
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

-

見ていると、この映画が名作として語り継がれている理由がよくわかります。
2人が別れるシーンはもちろん、マチルダがレオンの鉢植えを植えるラストシーンも涙が止まりませんでした。
2人の距離感が徐々に近づい
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

-

実際にも様々な事情で脚本が変えられたりすることがありそうですし、もしかしたら三谷幸喜自身そういうことがあったのかな?など考えながら見ました。笑
ただ、鈴木京香さん演じる脚本家さんがすごく可哀想に思って
>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

-

内容が結構重たかったですが、ここまで来たら後編も見ようと思います。

清須会議(2013年製作の映画)

-

三谷作品比で笑いが少ない作品だと思います。
前半あまり集中出来なかったのですが、清須会議当日からのシーンは惹き込まれました。
清須会議は映画の題材にするには戦などがないため盛り上がりを作りにくく難しか
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

-

話を聞いている時は何食わぬ顔して肯定していても出ていった瞬間否定し始めたり、SNSの裏垢に呟いていたり、表と裏がリアルに表現されています。
心の闇が描かれていて、ヒリヒリ感がありました。
1番気持ちを
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年製作の映画)

-

前作に引き続き楽しく拝見しました。
青島くん×室井さんも青島くん×すみれさんもしっかり描かれていてとても満足できました!
警察組織の上下関係が前作よりさらに濃く描かれているように思います。
当時見てい
>>続きを読む

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

-

研修のシーンをもう少し短くして、終盤に時間をかけた方が良かった気もします。
原作も多くあるので連ドラとかで扱って欲しかったとも思いました。そしたら莉子の能力ももっと魅力的に映像にできた気がします。
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

-

1度怪しいと思われたら、それまでの些細な行動や発言も曲解されるのが怖い。。
犯人が途中から察しがつくので最後の驚きがなく少し残念でしたが、映像だと難しいものがあるかなと思うので、機会があったら原作も読
>>続きを読む

ミス・エージェント(2012年製作の映画)

-

軽く見て楽しめる作品。
ラストは捻りがあって面白かったです。
生徒役の女の子たちがみんな可愛い!

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

-

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」のセリフが来た時は嬉しくなりました笑
熱さ、エネルギッシュさが見ていてとても楽しくて、今の時代だったらもう少し違う風になってしまったかもと思う
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

-

衣装、建物、車、画など世界観のお洒落さがとても素敵でした。音楽もよかった!
デボラフランソワ演じるローズの可愛さ、透明さ、エネルギッシュさもすごく魅力的でした。
オーソドックスなストーリー展開で、深い
>>続きを読む

県庁の星(2006年製作の映画)

-

軽く楽しく見れそうなものが良かったので選び鑑賞しました。

The役人気質の織田裕二さん演じる「けんちょうさん」が柴咲コウさん演じる二宮さん初めスーパーで働く人と関わる中で考え方が変わり成長していくス
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

-

樹木希林さんは本当に素晴らしい役者さんだったと改めて思います。
あまりにもお芝居が自然で他にもおっしゃっている方がいましたが本当にドキュメンタリー映画のようでした。
映像がきれいで邦画らしい美しさがあ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.4

CGのクオリティがすごく高くて驚きました。
展開のスピードも良く惹き込まれました。
ゴジラが主だとは思うのですが、政府の体制などもリアルに描かれているような感じがして、ゴジラと戦うシーン、会議のシーン
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

2.8

いくつかのエピソードが意外なところで繋がっていたりするお話。
三谷幸喜の有頂天ホテルとかと系統は同じかなと思います。
ヤクザと娘のエピソード、老夫婦のエピソードは感動しました。
キャストは豪華で見てい
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.1

サリーの夢に向かう努力とひたむきさに勇気をもらえました。
周りの人達も悪意を持って接する人は誰も居なくて皆支えてくれたり、手を差し伸べてくれるというのがとても良いし、感動。
実話を元にしたものと後々知
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ふともう一度見たくなって鑑賞。
初見の時よりも序盤の方から泣きました。
伏線がちりばめられていたり、双葉が「話してくる」と言うところの話す内容が想像している内容とは違ったり、脚本が練られているなぁと感
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

主役の松岡茉優ちゃん、役なのか茉優ちゃんなのかわからなくなるぐらい憑依していて凄かった。
同僚役の石橋杏奈ちゃんも良かったです。
ストーリーは、個人的に所々共感が難しいところがあったり、途中からしんど
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

4.2

綾瀬はるかちゃんは天然さと逞しさ、物怖じのなさが相まってすごく愛らしかったです。
信長役の堤真一さんの説得力と人の幸せを見て微笑む優しさの表現は凄い。本能寺の変を回避出来たのにしなかった理由は自分では
>>続きを読む

大空港2013(2013年製作の映画)

4.2

明るくなりたいときとか笑いたい時にまた観たい映画。
予習をせず見たので序盤気づきませんでしたが、カットがないことに気づいてからはさらに惹き込まれました。
舞台を観ているような感覚でもありました。
キャ
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

ヒトラーが現代にタイムスリップして時代についていけない様子とかを面白く描いたコメディだと思っていたけれど、コメディだけでなく考えさせられる映画でした。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.8

明るく軽快な作品なので見ていて楽しいし元気が出ます!
コンテストのシーンは音楽含め特に好き!
人種差別の問題なども重くさせすぎず描いていてメッセージ性もあるところがこの作品のいい所だなと思います。
>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

どう収拾が着くのか気になっていましたが、想像通りではあるけどお互いがお互いへの恋しさをつのらせていく過程があるから自然に感じられる流れですごく良い終わり方だし、見ながら感じていたモヤモヤ?みたいなもの>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.0

役所広司さん、松たか子さん、佐藤浩市さんなど好きな俳優さんが多く出ていたので見ました。
登場人物がとても多く皆個性的なので中盤までドタバタな感じですが、最後は数多の出来事がきれいにまとまり、皆ハッピー
>>続きを読む

>|