marikosさんの映画レビュー・感想・評価

marikos

marikos

映画(1201)
ドラマ(94)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

こりゃ大したハッピーエンドだな!ファッキン・マンソン・ファミリー予習したからおもしろかった。

ルーク・ペリーに気付かずじまい。

チャーリー・セズ / マンソンの女たち(2018年製作の映画)

-

マリリン・マンソンのマンソンがこいつからきてるなんて!!

ヒッピーのくそやろう!臭い臭い臭い!

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

-

マックイーンがジバンシィのデザイナーになった時はびっくりしたのを覚えてる。
どのショーも今見ても刺激的。この頃のファッションはおもしろかったと思うし、モデルはカリスマティックだった。

火口のふたり(2019年製作の映画)

-

ふたりともいいけど、瀧内公美はだいぶいいな〜。そして声のみ登場のお父さんは柄本明!キャスティングの妙。

モノクロ写真がほんとにカッコいい!んでもって歌もいい。

ミラーズ(2008年製作の映画)

-

元嫁の家、鏡多すぎー。
廃墟のガスは止めとけー。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

-

お前はワニよりも速いんだ!って娘をそそのかすお父さんはどうかと思います。そして、飛び込んじゃう娘もどうかしてますよね、なんですかこの親子。

「頂点捕食者よ!!」

金の亡者たち(2018年製作の映画)

-

また車の上に人が落ちてきたけど、いつも突然だから何回やられてもびっくりする。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

-

片足でも強いロック様。スクリームのシドニーも当然強い。

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

-

なめてたら思いの外面白くて心臓バクバク!ロクセットの選曲もグッときました。
ひとつ、いじめっ子ビッチが無傷なのは許せません。サメ映画はビッチに容赦なく。ですよ。

世界で一番いとしい君へ(2014年製作の映画)

-

お父さんがお父さんのお父さんに会いに行ってくれてよかった。

新聞記者(2019年製作の映画)

-

これはもはやノンフィクションでは。
最後の松坂桃李はすんごいのだ。

監獄の首領(2016年製作の映画)

-

がんばったのに情状酌量でも実刑はお気の毒だわよ

プンサンケ/豊山犬(2011年製作の映画)

-

ユン・ゲサン氏、いつ見ても身体が仕上がっている。けしからん上腕二頭筋。

無双の鉄拳(2018年製作の映画)

-

マ・ドンソクが本気になったときの目の物真似(笑)、チョア!

8番目の男(2018年製作の映画)

-

結論は読めるのに、面白かったし感動したしラストカットが最高だし、良くできたストーリーが実話だなんて。そして班長。

>|