misumiさんの映画レビュー・感想・評価

misumi

misumi

なんとなく記録用で登録してみました。主に海外映画。好きなジャンルはSFサスペンス、オカルト、ファンタジー、ドラマ、韓国作品です。長いレビューをするのは苦手。

映画(111)
ドラマ(2)

ファースト・コンタクト(2017年製作の映画)

3.5

インタビュー織り交ぜたりしながら、ドキュメンタリータッチでストーリーが進むのが変わっててよかった。メッセージみたいだったけど、最後めちゃくちゃスケールのデカい話だった。笑。世の中、何がきっかけで何が変>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.2

スカーレットヨハンソンが可愛い。どこにでもいるような女の子が覚醒していく様が面白い!序盤はアクションかと思ったけど、めちゃくちゃSFだった。色んな国籍の人が出てるのが楽しいし、韓国語が飛び交うノワール>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

前半はちょっと話が長いなぁと思ったけど、軌道に乗ってからのポンポンと進む展開が面白い!熱意と行動力に奥さんへの愛がすごく感じられる。独特の間や言い回しがシュールで、笑いを誘うシーンも多々あり、インド映>>続きを読む

サムサッカー(2005年製作の映画)

3.6

昔、今は無きシネマライズで観ました。パンフレットも持ってる!指しゃぶりが癖になっている男の子がコンプレックスと共に自分と向き合う話。悪い事しちゃったり、ちょっと捻くれているところも、空気感も音楽も大好>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.0

アーケードゲームを飛び出した2人がebayに乗り込むのが楽しかった。あのキャラもこのキャラも!隅から隅まで面白いって素晴らしい!オンライン対応してるボケも、泣けるシーンもちゃんとあるし、ストーリーやテ>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

4.0

知らないうちに観ていて、頭の片隅から離れない作品。無垢な物の危うさと儚さを含んでいる。音楽が良い!写真やヴィジュアルも良い。ペドゥナがとっても可愛い。

宵闇真珠(2017年製作の映画)

3.4

幼少期のアルバムの写真のように、憶えているんだけどどこかふんわりしたような作品だった。男の子のぶっきらぼうな英語が1番刺さった。可愛かった。

サイコキネシス 念力(2017年製作の映画)

3.6

かっこいいヒーローじゃなくて、念力を使ってみんなを救うそのヒーローが娘から煙たがられているオヤジって言うのがよかった。アクションも多めで面白かったなー。シムウンギョンの顔芸が好きです。

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

4.0

欲しかった言葉をくれたのが父親じゃないシーンが多々あり、言葉ではなく空気感でそれが伝わってきた。戦争によって傷付いた心は、他の誰かが考えるよりも辛く、それによって彼が書くストーリーが吹っ切れた部分も少>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

2.7

オカルトエンターテイメント映画。今の日本でこの作品を上映する勇気を褒めたい。ホラー要素は少なめだけど、予告以上にエグい表現が多いので、苦手な人は避けた方がいいかなと思った。1番人間味があったのは岡田准>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

4.0

ストーリー展開や美術、モチーフ、全てがツボすぎて、何回もDVDで観てしまう。評価は低いんだけど、大好きだなーー!

キアヌの問題児なのに頭のキレる感じも、ティルダのガブリエルが悪役タイプで美形なのも、
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.3

キュレーターが主人公の現代アートの皮肉が込められた作品。SNSの炎上、スリに対する罰、パフォーマンス、アートに限らず、所謂「線引き」の話だと思う。引かれた線の内側と外側の話。凄い面白かった。笑。わたし>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

エンタメ映画。ほとんどCGで構成されてる世界観も凄くて、現実とオアシスの中でのギャップも面白かった。キャラクターをワクワクしながら、探すのが面白い!オマージュもたくさんあって、ゲームや映画、アニメが好>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

ボクシング教室をサボって女の子だらけのバレエ教室に1人タンクトップでポツーンと入り込むビリーも、他の生徒と一緒に練習させる先生もみんな好き!最初は怒ってた父親が息子を送り出すシーンも好き。ラストシー>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.4

姉さんがガンガン男達をぶっ倒していくアクションシーンは言うまでもなく、ベルリンの時代背景や音楽がかっこよくて爽快!美術も綺麗で、エンディング近くの石膏像のシーンが最高だった。全体的に色味も冷たく、空気>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.9

ファンタジー作品。キャストも映像や衣装は凄く可愛かったのだけど、個人的には予告の作り方が上手かったのか、ちょっと期待しすぎたかなーって感じでした。説明臭くないのが良いのかもしれないけど、呆気なく終わる>>続きを読む

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

3.7

タイトルだとケーキメイカーの彼の話だと感じるけど、実際には「彼」を愛した2人の話な気がした。寂しさを埋めるために互いの距離を詰めている気さえして、そこには「自分の愛」はあったのかなーなんて。出てくるク>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.5

町には何処までいっても続くような広大な土地が広がっていて、寒くて冷たい空気をグンと感じるような色や描写が多く、思春期の気持ちの揺れ具合をヒシヒシと感じざるを得なかった。青春の1ページがこんなに辛かった>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.2

良いも悪いもシリーズもの!前作よりはラブストーリー感は少なめで、次回作への繋ぎ感がかなり強いけど、主要キャストへのクローズアップが多く、面白かった。ニュートは相変わらず魔法動物を手なづけているところが>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.0

当時、観終わった後に理解できなくて、はぁー!?って胸糞悪くなってしまった。でもサマーはすごく可愛くて話も好きだった。笑。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

主人公がどうしようもなくて情けない〜と思いながら見ていたけど、最後はどうでもよくなってたところが面白かった。音楽や親子の関係性とか、言葉のひとつひとつが綺麗で良かった。見終わったあと、ちょっとこの邦題>>続きを読む

サリュート7(2017年製作の映画)

3.5

ロシアの宇宙ステーション「サリュート7」を修理をすべく宇宙に飛び立った2人の飛行士の話。絶妙なタイミングでぶっ込まれる給水車の歌が最高。ロシアンジョークが効きまくりでした🚀🇷🇺

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.5

すんごい作品でした。展開と音楽にキリキリと心を絞られる2時間。家族だけが周囲から隔離されて、非現実な世界にズルズルと引き摺り込まれていくよう。色んな意味でかなり観る人を選ぶ作品だと思うけど、対比として>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.5

実によくできた現代っぽい作品だった。SNS時代の胸糞悪さがよく出てる。ハムスターは可哀想だし、パパのチャットにドン引き😑面白かった。笑。

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.7

エイズやHIV感染者差別や製薬会社への抗議を活動とするACTUPと恋をテーマにした話題作BPM。限りなくノンフィクションに近いフィクション。無関心や無知に立ち向かうエイズ患者の活動家のお話。昨年のカン>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.3

色恋模様や笑うシーンを折り込みつつ、結びらしく良い締めになっているのではないかな。難しい年頃。百人一首だけじゃなく、将来の事も考えなきゃいけない。恋愛に偏ることなく、百人一首のメインテーマから絶対にブ>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

ジャパンプレミア試写会の吹き替え版で観ました!日本語版の吹き替えは、千葉雄大くんがやっていましたが、凄く上手でしたー!ウサギは可愛いし、CGは凄いし、テコ入れが最高で、思いがけずゲラゲラ笑ってしまい、>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.4

再現度が素晴らしい~オスカーで助演女優賞を取っただけあって、アリソンジャニーの演技が凄い。意地悪なお母さんを絵に描いたようなキツさ。前半以外ほとんど殴ったり殴られたりしてる。バイオレンス。笑。面白かっ>>続きを読む

死の谷間(2015年製作の映画)

3.1

閉鎖的な空間だからこそ選択肢が限られ、スリリングな心理戦や、複雑な心情描写が引き立っている気がする。他のシェルターがあることから、生存者が3人だけではないのがちょっとアダムとイブ感に欠けるかな。SFサ>>続きを読む

>|