miaoさんの映画レビュー・感想・評価

miao

miao

映画(26)
ドラマ(2)

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.7

''アニマルプラネットで撮影されたかのような映像の綺麗さ、自然さ''

歌は心を揺さぶるし、アフリカの自然の壮大さの再現度、動物の可愛さ◎

実写として完璧。アニメをそっくりそのまま動物に演じさせたか
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

2.7

''最現代的人形ホラー''
人形(チャッキー)が怖いというよりは、グロいシーンが多くて大変な印象🥶

ただ、チャッキーがスマート家電を操り、攻撃を仕掛けてくる部分すごく感心した笑
ホラーのあり方が変わ
>>続きを読む

ハロルドが笑う その日まで(2014年製作の映画)

3.4

''北欧ほっこりムービー''
大型家具店IKEAのせいで、自分の家具屋がうまくいかなくなったハロルドおじいさんが復讐を試みる話。この設定からして面白い笑
ハロルド、恨みを持っててもひどいことはできない
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

ロスチャイルドの男の子、すごく可愛い。
インドの風景は見慣れないものが多く、かなり新鮮だった。

幼い頃の記憶を頼りにグーグルマップで故郷を探す、、。その発想だけですでに面白い🤭

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.3

どんな教育が正しいのか決めることはすごく難しいけれど、この一家の教育はある意味すごく素敵だと思った。

全体として掴み所はないけれど、何か考えさせられる、感じる映画🎞

すごく風変わりな1家族の''変
>>続きを読む

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

3.4

''ラブストーリー''と未来からの声という''SF要素''が融合されていて面白い。

深みのある話ではないけれど、
どこか不器用で風変わりな高橋一生や、親切な普通の女の子役だけど可愛すぎる川口春奈が良
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.1

期待以上に心にグッとくる作品だった。
''感動系ディズニー''。

ベイマックスがメインと思いきや、そうではなく、主人公のヒロが兄を亡くした後どのように立ち直るのか、仲間とどのように敵に立ち向かうのか
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.6

争うことなく、平和に食べ物を得ることができ、最低限の生活を営めるのは恵まれているということを再認識させてくれる。

''不朽の名作ストーリー''。見たことがない人は一度見て欲しい。悲しい場面、感動する
>>続きを読む

映画チーズ・イン・ザ・トラップ(2018年製作の映画)

2.5

内容がうまくまとめられていない感じがした、、😢
話の流れが自然じゃなかったり、雑だったりする部分があった、、、。

ただオヨンソちゃんがはちゃめちゃ可愛い。前髪ヨンソちゃん初めて見たけれど、可愛すぎて
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.2

''ドタバタ銀行強盗大作戦''

作り込みは浅いんだけれど、
おじいさんたちのヤングな友情やまぬけさ、どこか強盗計画を楽しんでいる姿がゆるくて、見ていてなんだか楽しい映画だった笑

テッド 2(2015年製作の映画)

3.0

相変わらずしょうもないんだけれど、ted1とは違い、割と真面目な感じで驚いた笑
ぬいぐるみであるtedが人権を求め、裁判を起こす話🎞

1の破天荒な姿とは打って変わって、しゅんと切なそうにするtedに
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

2.8

ブラックジョークすごいし、生活っぷりも汚いし、人間だけの映画ならアウトな感じなんだけど、どこか可愛いtedだからギリギリ許される。絶妙なラインの映画🎞

しょうもない話が見たい方ぜひどうぞ笑

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.4

''コミカルな雰囲気もありつつ、サスペンス要素もある映画''

復讐劇(やりあい)が繰り広げられるシーンや貧しい暮らしと裕福な暮らしの対比など、目を逸らしたくなるシーンが多かった。しかし、貧しい家族が
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.8


吉沢亮の一人二役を自然にこなす演技力
長澤まさみの美しさと強さを兼ね備えた迫力、くどくなるからこれ以上は書けないけれど、キャストみんながいい味を出してる😭
ストーリーも好きだけれど、それ以上に''そ
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.9

ハワイの景色が綺麗。
とても自然で面白いアダムサンドラーの演技が良い味出してる☺️

病気の種類的にいえば悲しいラブストーリーになるのが定石なのに、すごく''ハッピーな気持ち''になれる映画で、良い意
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.5

可愛さに''少しの不気味さ''を加えたティムバートンの世界観が最高😆
映像が可愛くて可愛くて仕方ない

CG技術といい、ジョニーデップや俳優陣のキャラの強さといい、童話の''再現性''がすごい

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.8

言葉や考え方を通じて相手を好きになる。
文通を通じて''人格同士''が惹かれ合う姿が、すごく素敵だなと思った。

LGBT、身分差等の問題を織り混ぜることで、ティーンエイジャーの''様々な形の恋の在り
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.6

''切なくも、心が満たされる物語''

たとえ毎日相手が老若男女、様々に姿を変えても、毎日同じように愛せる。これが本当の''相手の中身''を好きになるという事なんだろうなと感じた。
最初は、毎日姿が変
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.2

アニメやゲームの''ポケモン冒険物語''とは少し違った''シリアスな空気感''に最初は少し戸惑った。
しかし別物として割り切って見てみると、言葉を話すピカチュウも、人間に心寄せる他のポケモン達もすごく
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.3

財閥の婚約パーティー、シンガポールの名所の描写など、''映像の派手さ''があり、見ていて楽しい。

個人的には、庶民が財閥の嫁として気に入られるのは本当に大変なんだろうな、、😢という印象が強い笑

>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.3

私の人生経験が浅いせいかもしれないが、ここまで評価される理由が分からなかった。
主人公が夢を抱き、もがく様子や独特の世界観は好きだが、内容が少し浅いと感じた。
また数年後に見直し、感じるものが何か変わ
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.0

サウジアラビアの特徴的な文化の描写が面白くてよかった😃

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.7

新たな経済知識をたくさん養える。教材として学校で見せれそう😀

内容が少し高度なため、集中して見なけれけば置いていかれそうになる🙂
しかし、途中で飽きてやめてしまうこともない面白い映画だった🎞

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

2.6

人生の辛苦、変えれぬ運命と立ち向かう時どう考え、乗り越えるか考えさせられるが、
少し内容が薄いように感じた。

天気の子(2019年製作の映画)

3.3

空の映像や歌がすごく綺麗。
日本製品や東京の描写がリアル。
ただ「君の名は」にどこか似てる部分が多く、少し既視感が😖