みさおさんの映画レビュー・感想・評価

みさお

みさお

映画(91)
ドラマ(0)

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

4.3

張り詰めた緊張感のある雰囲気にずっとドキドキしてた。真実に近づいていく感覚が怖いとさえ思った。
人は自分の信じているものが一番正しいと思う。その気持ちが強ければ強いほど、他人が違う考えを持っているだけ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

公開延期されてずっと見たかった映画!めちゃくちゃ良かった。若草物語今すぐ読みたくなった。
今と過去をぽんぽん飛んでいくテンポ感が良い。雰囲気も素敵で、この時代のファッションめっちゃ可愛い。姉妹それぞれ
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.3

天才だけど、変にませてないところがとっても可愛い。自分も一緒になって旅を楽しめた。
全体的な雰囲気が絵本の世界みたいでめっちゃ可愛い。
自分を責めて卑屈になっていたスピヴェットに気づいて駆けつけてくれ
>>続きを読む

さよなら、アドルフ(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今まで信じてきたことが突然覆される。自分の全てが間違っているのか、でもそんなことは信じたくないというようなローレの複雑な気持ちがよく伝わってきた。助けてくれるトーマスに差別的な発言をしてしまうのは自分>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.0

実際に現実世界でこのようなことが問題になっている今、この映画をみて良かったと切実に思った。アメリカの差別がこんなにも根深く残っていることを思い知らされた。ニュースをみただけでは分からないような実態が描>>続きを読む

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ソフィーの選択は、何を選んだとしても悲しい結末にしかならないやりきれない選択だった。女の子の叫ぶ声を聞くのがあまりにも辛い。
目を合わせて話してるような目線が印象的だった。光に照らされてるソフィーがと
>>続きを読む

シークレット・チルドレン 禁じられた力(2015年製作の映画)

2.5

父が怖すぎて怖すぎて。ザックの言うとおりでしかなさすぎて。
伏線かなって思ったものが回収されずに終わった。鼓動の音も何を表すためにあったのかわからなかったし、最後良い感じの音楽が流れ出したけど映像と合
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

3.0

物語が進んでいくにつれて映像が鮮やかになっていく。
空の色がとてもきれい。
何回も流れる歌が哀愁を漂わせてる感じがして印象的だった。
日々の仕事に飲み込まれて愛を失くしてしまったブレンダが同じような境
>>続きを読む

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

2.9

いつまでも思い出にすがりついてるとこんな大人になっちゃうのかな。
主人公の自己肯定感が高すぎてすごい。
高校生だから持つことを許されてた傲慢さとかプライドをずっと捨てられずに、過去の栄光を噛み締めて生
>>続きを読む

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

海の静けさ、穏やかさを教えてくれる。
波の音が心地良い。イルカがとっても可愛い。
水の中にいると、外の音が遮断されて自分一人の世界になる感じがする。その心地良さを誰よりも感じていたのがジャックとエンゾ
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.8

そんな人生あるんかーーって思った
えっち〜〜〜刺激強すぎ〜〜〜
娼夫の話なことは分かってて見たけど何分に一回かは何を見させらてんだって思ってた。最後のほうの3人のとこ光の感じが面白くて笑ってしまった。
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

音楽って最高だよねわかる〜〜!って思う映画だった
屋外録音のシーンがとても好き。ただただ皆が楽しそうに演奏してる姿がとても生き生きして見えた。
売れようとして万人受けするアレンジされるのまじでやだ。盛
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.3

人が死んだ時、実感が湧かなくてどこか遠いところに行っただけのような気がしちゃう。
主人公の行動があんまり理解できなかった。

解説見てきたけどめっちゃ色々考えられてた映画だった
今の自分にはまだ早かっ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

UKロックって感じの音楽が最高すぎる普通に曲が良すぎて曲だけでも聴きたいレベル
コナーがどんどん垢抜けて格好良くなっていくの見てるのほんとに楽しかったし死ぬほど格好良い惚れた
兄弟愛友情恋愛全て詰まっ
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.6

はじめ頑張ってるケイラをみて共感性羞恥?みたいなのに陥った。友達作ろうとする時めっちゃ頑張ってしゃべる感じとか、他人に合わせがちなところとか、その時精神削られるところとかコミュ障にはとても共感できる映>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

いちばんはじめにテレーズがキャロルを見つけた瞬間の表現がうまい。一目惚れしたことないけど、テレーズが一目惚れしたのがすぐわかった。
始まってしまったものは止められないし、終わってしまったものは元には戻
>>続きを読む

マイ・ビューティフル・デイズ(2016年製作の映画)

3.0

よくわかんなかった
やっぱ絶対先生にはなれないな〜って思った

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.8

自分が大事に扱われていないってわかってても同じ人をずっと見ていられることがすごい。生々しくて見てて辛くなった。
仲原が自分のことを大事にするようになったら葉子が会いに来たシーンとか、テルコとか守見てて
>>続きを読む

ダーク・ブラッド(2012年製作の映画)

2.8

リバーフェニックスは本当に格好良かったけど役が気持ち悪すぎた
最後まで何を伝えたかったのかわからなかった
リバーが今生きてたらどんな俳優になってたかなって思う
惜しい

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

3.3

将来やりたいことは?って聞かれて、そんなの考えてない。人生長いから急いでない。って答えるところがすごい格好良い。ほんとにそうだなって。私もこれからそうやって言おうと思った。
レオニーのちょっと斜に構え
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

45分くらいだったけど、ちゃんと1本の映画って感じがした。
感情の表現がめっちゃリアル。入り込めた。
雨が水面に落ちる音が印象的。
御苑の2人の場所に行ってみたくなった

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

主人公の顔を歪めて泣く表情が印象的。
カメラワークとか、明るさとか、細かい部分までこだわってるのが感じられた。
あたおかすぎて訳わからなすぎてたまに笑いそうになった。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

3.9

マチルダ可愛い。横顔めっちゃ綺麗。
さり気ない台詞がとても心に残る。

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.5

こういうだらしない雰囲気の映画はわりと好き。この多部未華子をみてなんかよく分かんないけどソラニンの時の宮崎あおい思い出した。
最初は慎重だったのにどんどん欲張りになっていってる感じとかがリアル。ああい
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

泣きすぎた。終始泣きすぎてた。
最初は、アナはずっと苦しんできてるし拒否して当然だと思うと同時に、そうなるとケイトを見捨てることになるけどすごい仲良いしそのことについてはアナはどういう気持ちなんだろう
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

何度も歌うごとに歌詞の意味が深く感じられる。
追いかけられていた自分がいつの間にかレオに先を越されていると感じているハルと、いつまでもハルに劣等感を抱いてるレオの気持ちがよく伝わってきて、もどかしかっ
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

気だるげな雰囲気にポップな世界観が合わさって、とてもおしゃれで好き。
良くも悪くもダニエルは純粋すぎた。
ハンターはもうこうなることは分かってて、分かってるからこそダニエルを突き放すシーンがとても辛か
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

嘘はやっぱりどこまでも嘘で、そう簡単には本物になれないんだなと思った。
どこまでも惨め
最初はそれでも家族で楽しそうだったのに裕福な家と関わるにつれてだんだん自分たちの立場が悪くみえていってた気がする
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.5

なんでこうなっちゃうんだろう。
純粋なブルーノの言葉や戦争のむごさに苦しむ母に胸が痛む。
あんな怖い大人がいたら自分を守るために嘘ついちゃうよね。
こうやって嘘の教育をされてだんだん洗脳?されていった
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

理不尽に殴られ殺されるような、絶対に間違ってる世界の中でそれでも生きてピアノを弾こうとする主人公の姿を見ているのが辛かった。心がえぐられた。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

家族を失った悲しみ、悔しさは当事者にしかわからない。
ところどころで出てくる家族とのきれいな思い出が切ない

太陽の帝国(1987年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

神秘的な音楽。
最初はあたふたしてたおぼっちゃんがたくましくなっていく。全然泣いてなかった。
人のことを考えられる優しい少年になった。
ベイシーのことを尊敬してたけど、ベイシーは簡単に約束を破った。大
>>続きを読む

>|