みかんさんの映画レビュー・感想・評価

みかん

みかん

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

3.8

女性のお辞儀やお屋敷と王族の世界がとにかく綺麗だった

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

5.0

夢は語るものではなくて、努力して手に入れるもの。
ただ心地よく過ごすのではなく、いのちと向き合って努力してきたターシャの強い美しさを感じられた。

インセプション(2010年製作の映画)

5.0

深くてコメントが難しいけど、シンプルな事なんだと感じさせられる映画だった。

オンネリとアンネリのふゆ(2015年製作の映画)

5.0

小さき者の将来が大きいものの未来をつくる。のような言葉がとても心に響いた。
小人のお話しだったけど、小人でも人に変わりはなく見た目だけで判断せずどう自分自身が相手に立ち振る舞いと接し方ができるか。につ
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

5.0

小さな場所で起こる出来事なのに、最後には世界を考える壮大な気持ちになれた。
この映画を観て、人が一対一で相手をちゃんと見つめて会話をすることができれば人間は争うことや誤解をすることがない。と気付かされ
>>続きを読む

セブン・イヤーズ・イン・チベット(1997年製作の映画)

5.0

ダライ・ラマとの友情が美しかったのと、チベット国民の人柄が全世界に広まればいいなと思う

ターミナル(2004年製作の映画)

5.0

狭い世界だと思っていてもそこにいる人達を変えられるのも世界を広くするのも自分次第だと考えさせられた。スティーブンスピルバーグとトムハンクス素晴らしい

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

5.0

多くの人がいつからか失いかけていたものをすべて思い出させてくれる映画。

ロケットマン(2019年製作の映画)

5.0

愛情を受けなかった天才が沢山の苦悩を乗り越えて世に語られた素晴らしい話

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

5.0

ハマるのが遅すぎたけど、なんで観なかったのかと後悔。春田と牧が可愛すぎてそれだけで満足でした。

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

5.0

ミュージカル映画の中の王道といえるような素晴らしい盛り上がりの内容だった!
全部飽きない!

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

5.0

これが実話なのが信じられない。
閉鎖されたところで見えない教育ほど考えなくてはならないと思わされた映画。
人を鬱にも健全にもできてしまう教育はこの世で最も大切に扱うべき仕事であると思った

サーミの血(2016年製作の映画)

5.0

サーミの方々がいる事をこの映画で初めて知りました。
差別によって学びを受けられない人達がいることを改めて考えさせられた映画、

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

5.0

邦題が微妙だったけど、内容は本当にとてもよかった。
戦争が生み出すものはなにもないと別の視点で考えさせられた映画。

マンデラの名もなき看守(2007年製作の映画)

5.0

人間は皆平等で同じ自由を得るために色んな苦境を経て今を作ってくれたのだと感じで、感謝したいなと思った映画。

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

5.0

とにかく生きていることの素晴らしさを感じた。
人生に迷った時必ず観たい映画。

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

5.0

おかえりと迎えてくれる人がいる有り難さを凄く感じた。

ピザ!(2014年製作の映画)

5.0

自分たちの力でピザを食べる為に懸命な兄弟の姿が凄く素敵だった。
当たり前にある事がとても幸せなものであると気づかされた映画だった!

>|