みきとさんの映画レビュー・感想・評価

みきと

みきと

映画(225)
ドラマ(2)
アニメ(0)

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

ただでさえバスの小さいモニターとちゃちいイヤホンというひどい鑑賞条件だった上に恥ずかしながら寝てなさすぎて眠気に襲われたのでリベンジ必須

転々(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

適当に観てたらしんこからの神代植物公園でびっくりした
そしてまだ橋がいい感じの雰囲気になる前の井の頭公園「昔はもっといい公園だったんだけどな」と、きれいになる前のいせや公園口店「こういうとこの焼鳥って
>>続きを読む

ジャックはしゃべれま1,000(せん)(2012年製作の映画)

-

Not mine って感じだった。
clipしてて驚いたけど、たぶん何かのおすすめに入ってたんだろうな。

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

-

映像の感じから正直あんまり好きではなかった
直近に観た2本のこともあって、端々で差別のこととか考えながら観てた

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

-

腹立ちすぎてどんなハッピーエンドが来ても回収されないだろうなと思ってたけど、そんなに回収されました感のない終わり方をしたように感じて好印象。
一方で邦題とFilmarksの概要説明、合ってる?と思って
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

-

記録(途中まで)
途中までだったからかもしれないけどちょっとわかりづらく感じた。終盤に色々と回収されることに期待。
007との比較もおもしろかった。似てる部分もあるけど、007の方がすぐ孤立して基本1
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

-

入りから雰囲気最高。フォント、サウンド!低音が響く、The Day of the Dead。家族とか恋愛とかがいかにもテーマっぽく(現代映画っぽく?)含まれてるような印象も受けた。

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ここにきて映像のクオリティが上がったなーと観てたら序盤から"終わり"を感じさせるまさかの展開。ボンドカー登場でお決まりの(今月観始めたばっかりなのに懐かしの、とか言いそうになった)あの曲が流れたシーン>>続きを読む

007/ゴールデンアイ(1995年製作の映画)

-

入りからミッションインポッシブル感あった
身のこなしとか綺麗だったけど俺が欲しい007はこれじゃなかった感も否めない

007/リビング・デイライツ(1987年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

4代目はソ連チェコスロバキア時代のブラティスラヴァからスタート。ウイーン、タンジールといいセッティングで、ストーリーの流れも好きだった。爆破はちょっとtoo muchな感じもしたけど。

007/死ぬのは奴らだ(1973年製作の映画)

-

いきなりハンガリー語(国連大使)からのテーマ曲ポールマッカートニーで上がった
そして不気味な笑い声も耳に残る
3代目も好印象、ショーンコネリーもかっこいいんだけどね

007/ダイヤモンドは永遠に(1971年製作の映画)

-

前作の方が好きだったかも
シリーズ全体的に言えることだけど、個人的はそこでそうなる??みたいな腑に落ちないところがあって引っかかっちゃう

女王陛下の007(1969年製作の映画)

-

またショーンコネリーじゃない007でちょっと心配だったけど、オープニングから一緒でこれこれ!って感じだった
アクションシーン以外は好きだった

007/カジノ・ロワイヤル(1967年製作の映画)

-

年代順に観てたから、2代目ボンドの1本目なのかと思ったらまさかのパロディーコメディー版みたいな感じだった。最初世界観違いすぎて何かと思ったわ

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

-

2回寝落ちした。
舞台は60年代日本!
でも007作品としては正直あんまりだったかなー

007 ドクター・ノオ/007は殺しの番号(1962年製作の映画)

-

007の映画シリーズ1作目
007のこととか全然知らない身としては正直めっちゃ好きってわけではなかったけど、今後の変化にも期待しながらシリーズ全作コンプリート目指してみます

セッション(2014年製作の映画)

-

むかーしDVDで観たことだけは覚えてるけど内容は全くと言っていいほど覚えてなくて、新しい映画を観たかのように楽しめた

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

-

高2の授業で(本を読んだ後に)観てなんとなく好きだったことは覚えてたんだけど、改めて観ても好きだった。
そしてやはりサントラ大事。

>|