みーんさんの映画レビュー・感想・評価

みーん

みーん

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

銃を、暴力を、どうやったら無くせるのか。感情移入しそうと思ったら突き放される登場人物達に、何も見つけられない自分がもどかしい。

羊の木(2018年製作の映画)

-

優香さんがっっエロい…青木さんになって優香さんと触れ合いたいと本気で思った(笑)
この映画観てから、肌で感じた事、最初に感じた思いを妙に肯定してしまう…でもこれって、恐いな…

デトロイト(2017年製作の映画)

-

圧倒的緊張感。親の生まれた後に起きた出来事ということへの、信じられなさ、容赦ない理不尽さに、痛め付けられるような映画でした。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

-

家族とは選びとる関係でなく、偶然居合わせてしまうもの。そこから良好な関係をどう作っていくかは努力しかない。それが自然とできる環境に生まれなかった場合の物語なのかと。

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

パディントン、可愛すぎる…映画から溢れ出す、前向きなパワーにワクワクしっぱなしだった!しばらくは、この映画に影響されたままでいたい…

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

ハイなドラッグをきめたみたいな!?こんなのやばいわ、こりゃ麻薬なんてやってはいけないよね…こんな興奮状態を生み出しちゃうんだから。
なんて、アホな感想しか出てこない、キマる映画だなぁ( ̄□||||!!

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

欲望に忠実に生きるタイプ…の人間に振り回される事の多い人間としては、妙なスカッと感がww

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

自分が何をしてるのかわからない、という状況の恐さを思い知らされた…
淋しいって、恐いよね。

否定と肯定(2016年製作の映画)

-

例えば日本人であるというだけの理由で殺されるという事だとしたら、何て恐ろしい酷い話だったのだろうと思う程度の距離感でいた自分が恥ずかしくなった。知るべき事は沢山あるのだと改めて感じさせられました。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

誉め言葉として、キモチワルイ!!あらすじとか何も知らずに鑑賞したけれど、何がテーマなのか伝えたい事とか一切読み取れなかったのに、始めから画面に釘付けで、鑑賞中つい他の事を考えてしまう…現象が全く起きな>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

-

今まで油絵の良さをいまいち分かりかねてたんだけど…見終わったあと、この世界を油絵でもっと見てみたいと思わされる…この画面を作り出した人々と、ゴッホの存在に敬意を称したい!芸術を生み出せる人の苦悩を垣間>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

ホラー映画を映画館で観たのは初めてだったけど…ハマりそう!!この映画が初で良かった!恐怖には理由があると改めて実感出来た。そして少年達のお陰で、恐怖は克服出来るものかもしれないと思えた事も良かった。

ドリーム(2016年製作の映画)

-

権利を得るって事は感動的にしなくては駄目なのか!?この女性たちはただ素晴らしい仕事をしただけなのに…
本当にこんな時代があったのかと考えさせられました。

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

誰の気持ちも分からなかった、オチもよく分からなかったので、みなさんの感想を観てやっと分かりました。犯罪の何がいけないのかって、当たり前だけど不幸しか生まないんだなーって、ぼーっと考えてしまった…

>|